1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-10-30 00:24:04

娘が骨折し、加えて、あれやこれや

テーマ:ブログ

あれこれあって、ブログを更新している時間が、正直、ない。

まずは、娘が足首を骨折し、一昨日、行った整形外科で、全治1カ月・・といわれる。足をギブスで固定されて、松葉杖をついて、タクシーでご帰宅。以降、リビングのソファーにふんぞり返って、あれをしろ、これをしろと命じられるので、もう、大変。

加えて、以前から懸案になっていて、進展がまったくなかった案件が、よりによって、ここ数日で、急転直下、あれよ、あれよという間に、今週の土曜日に、めでたく、契約締結と相成った。で、そのための必要書類を、集めなくてはならず、娘の要求に、可能な限り、応じつつ、ころ合いを見計らって、区役所に行ったり、××に行ったりと、一昨日から昨日にかけて、文字通り、バタバタ状態。

先程、娘がやっと寝たので、パソコンの電源を入れ、ブログを更新中。明日は、いよいよ、「リプレーザ」の第2期完結!打ち上げパーティ。すべての料理を、腕自慢の編集委員のMさんとOさんがつくる、豪華版である。パーティ開始は午後6時からだが、私も明日は1時までに会場に行って、Mさんの調理の手伝いやら、飲み物等の買い出しやら。その合間に、中抜けして、もうひとつ、東京駅で、別の所用も・・。

ああ、忙しい、忙しい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-27 11:06:00

「グラスホッパー」試写会報告

テーマ:映画

伊坂孝太郎の小説は、私は特段、好きではないが、しっかし、よく、映画化されるなぁ・・本作で、11本目。しかも、今回は生田斗真に浅野忠信、山田涼介の主演3人に加え、朝のNHK連ドラ主役の波瑠や、菜々緒、麻生久美子、吉岡秀隆、石橋蓮司、宇崎竜童等々、超豪華メンバー&YUKIの主題歌・・と、超大作っぽい。ちなみに、私が大ファンの、シンガーソングライターの山崎ハコも、ちょい役で、出ていま~す。

物語は冒頭、渋谷のスクランブル交差点での、ハロウィンの夜の光景から始まり、そこに突入した暴走車によって、婚約者を失った、平凡な教師、鈴木(生田)が、その事件の真相を探るため、裏社会に潜入するというストーリィを、物語の縦軸に、2人の孤独な殺し屋(浅野と山田)の対決を交えて、ハードボイルド&ファンタジックな抗争劇が、もの凄い疾走感を持って、展開される。ハードボイルドとファンタジーが、ひとつの作品の中に共存するというのが、多分、伊坂の物語世界の特徴なんだろうが、そこに違和感というか、乖離感がまったくないのが、さすがの滝本監督の辣腕&実力派揃いの出演陣の実力。

ほとんど興味なし状態で観に行った、マスコミむけ試写会でしたが、合格点のできばえでした。角川の試写室も、超満員御礼状態で、同作品に対する関心の高さがうかがえます。

公開は11月7日から。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-25 10:24:20

テーマ:ブログ

何冊か、本を読了し、また、別の本を、何冊か、並行して、読み始める。最近は、もっぱら、本ばかり読んでいて、原稿書きは、ほとんど、何もしていないが、11月に入ったら、沖縄に行き、来年はペルー&ボリビアに行き、さらに、余力があれば、久方ぶりに、カンボジアやグアテマラへも・・と、考えている。

とにかく、来年は体調を整え、旅をしたい。旅は、私の基本。それが、次の原稿書きにも、必ずや、つながると思う。

また、来年は、「リプレーザ」の第3期を、スタートさせる。資金に限りがあるため、頁数は第2期より減ると思うが、その分、より密度の濃い内容を、「リプレーザ」本来の自由闊達さというか、おもちゃ箱をひっくり返したような、何でもあり感を、あくまで失うことなく、実現していきたいと思う。

そのためにも、10月30日の第2期完結!打ち上げパーティは、何としても、成功させたい。申し込みは、今からでも、もちろん、間に合いますので、是非是非、皆さまのお越しを、お待ちしております。その場で、第3期の構想等に関しても、その概略を話させていただきます。

グアテマラの菊川さんから送っていただいたコーヒーを飲みつつ、このブログを書いている。菊川さん、ありがとうございます。来年は、出来ればというか、可能であればというか、否、必ずや、グアテマラでお目にかかりたいと・・。

そのためには、まず、体調の立て直しですね。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-24 09:28:21

「ヴィジット」

テーマ:映画

M・ナイト・シャマランという人は、私の中では、正直、終わコンならぬ、(「シックス・センス」で)終わ監イメージが極めて強いので、その後の「アンブレイカブル」等々の、文字通り、駄作のオンパレードも、笑って許せちゃう。そのシャマラン監督の最新作がこれ。

家出して、長い間、両親と音信不通になっていたシングルマザーがいて、そのふたりの子供を、まだ1度も会わせていない祖父母の家に、1週間の予定で、しかも、よりによって、子供たちふたりだけで、お泊まりに行かせる・・って、設定自体が無理・・って感じもするが、嬉々として、まだ見ぬ祖父母の、しかも、ド田舎の家に遊びに行く、極めて、今風の子供たちも子供たち。

最初は、やさしそうに見えた祖父母だったが、やがて、怪しい行動のオンパレード。怪しいといっても、夜な夜な、祖母が全裸で家中を徘徊したり、祖父は祖父で、納屋に、自分の使用済みの紙おむつの山を築いていたり、銃を持って、ウロウロしたり・・と、その怪しさが半端ではない。怯える姉弟は、母親に窮状を訴えるが、母親は、な、何と、子供のいぬ間に、恋人と旅行中で、ぼけた老人なんて、そんなものよ・・と、言い放つ始末。

しっかし、祖父母の異常行動は、益々、エスカレートし、姉弟を恐怖のどん底に陥れる・・という、まぁ、そんなストーリィ。

もう、スッカリ流行遅れの、POV映像で撮影したり、シャマラン監督の代名詞たる「大どんでん返し」とかも、要は、祖父母は××××なんでしょ・・と思って観ていると、本当にそうだったり・・と、さすが、終わ監ぶりを遺憾なく、発揮しておりまするぅ~(笑)。××××の描き方も、これって、モロ時代遅れの、差別的な表現なんじゃない???大丈夫???

でも、所詮、BC級、否、D級くらいのホラーとして観れば、ソコソコ、恐いですぅ~。ハイ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-24 09:01:43

病院&古本市&・・

テーマ:ブログ

午前中は、内科の定期診断。血糖値を始め、すべての数値が上昇しているとして、主治医から大目玉を食らう。診察を終え、トボトボ、会計に向かおうとしていたら、顔見知りの看護婦さんが、小走りに追いかけて来て、「このままでは、本当に危ないので、危機意識を持って下さいねッ。頑張りましょう!!!」と、激励される始末。う~ん、そんなに危ないのか、オレ。

さすがに気落ちして、昼食は「キッチンジロー」の大メンチカツ定食を食べる予定だったが、さすがにそれはパスして、何を今さら・・感もあるが、「小諸そば」の盛りそばに変更。あッ、朝食抜きで、凄く空腹だったので、2枚盛りにしちゃったぁ~(涙)。

その後、神保町まで歩き、古本市を物色していたら、「中南米マガジン」のSさんと、バッタリ、遭遇。少し、立ち話。気落ち状態マックスだったので、あまり、気のきいたことも、しゃべれず仕舞い。古本3冊買って、神保町駅から、地下鉄を乗り継ぎ、川崎へ。TOHOシネマズ川崎にて、「ヴィジット」を観た。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-21 09:52:46

家籠もり、継続中

テーマ:ブログ

昨日、今日・・と体調が悪く、家から出たのは、近所のスーパーへ買い物に行ったのみ。家で、主に、本3冊を並行して、読む。途中で、飽きたら、別の本を読み、また、飽きたら、別の本を・・というふうに。

加えて、さらに、なにげに、電子書籍で購入し、1度は読んだ「屍者の帝国」を、映画との違いを確認するため、タブレットで再読し始めてしまったので、並行して読んでいる本は、な、何と、計4冊になってしまった(笑)。

テレビは、地上波で観るのは、ほぼ、ニュースと、深夜の乃木坂&AKBのみ。あとは、もっぱら、ケーブルTVで、海外ドラマを観ている。

明日は、外での所用もたまっているので、何とか、外出しないと・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-19 23:41:09

こばやしまなさんの個展&岡田裕子さんの新刊

テーマ:アート

こばやしまなさんの個展「日本の神様」の最終日。今回のテーマには、私はまるで関心がなく、本当は行くつもりもなかったが、まぁ、つき合いだし、そんなかたいことをいわないでも・・と思い直して、行きました、最終日に。場所は半蔵門の「みんなのギャラリー」。

今回の個展への出展作品は12点で、その半数がアクリル画で、残りは銅版画に手彩色を施したもの。いずれにせよ、すべて1点もので、まぁ、当然ながら、お値段が張る。中には、40万もする作品もあり、一体、誰が買うんだという感じ。私も、今回は、購入せず。

こばやしさん、悪いが、テーマに「今」を感じない。

帰りに、渋谷で丸善ジュンク堂によって、劇団★死期の「現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿 銀髪の賢者と油之牝狗」(アートダイバー、1600円+税)を購入。劇団★死期の主宰、岡田裕子さんは、かの会田誠さんの妻。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-19 11:23:24

「みるく世や やがて」を読みつつ

テーマ:ブログ

浦島悦子さんの新刊「みるく世や やがて~沖縄・名護からの発信~」(インパクト出版会、2300円+税)を読み始めて、今、ちょうど、半分ほど。

「インパクション」に連載された彼女のレポートを中心にまとめられた、沖縄・名護からの状況報告は、これで5冊目。これまでの本が、いずれも、2~3年間隔でまとめられているのに対し、同書は5年分のレポートをまとめたもの。その分、掲載したくても、掲載出来なかった原稿も、さぞや、多かったハズ。刊行の間隔が延びたのには、もちろん、諸事情もあるのだろうが、その分、少し、詰め込みすぎというか、窮屈な内容になって、残念。

もっとも、「インパクション」の休刊や、浦島さんご自身の体調もあって、今後、どのような形で、彼女の名護からの発信が読めるのかは、私には、よくわからない。辺野古の闘いは、これからが本番であるだけに、どのような形であれ、続刊を望みたい。

浦島さんが同書のタイトルに込めた、「みるく世(平和で豊かな世)」が、一刻も早く、沖縄の人々に訪れますよう、切に願っている。もちろん、問答無用とばかり、平和を願う沖縄の人々の心を踏みにじる、安倍政権とその加担者たち、そして、アメリカ政府・米軍との闘い抜きに、それは実現しないことも、また自明。

ことここにおよんで、無関心であることは、もはや、沖縄差別への加担以外の、何者でもないのだと、肝に銘じたい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-18 10:23:23

「屍者の帝国」

テーマ:映画

映画が原作と同じである必要は、必ずしも、ない。あとは熱心な原作の愛読者が、それをどう考えるかであろう。そんな賛否両論もありそうな、作品である。

若くして逝去したSF作家、伊藤計劃さんの「虐殺器官」「ハーモニー」「屍者の帝国」(ただし、「屍者の帝国」は未完のまま、著者が死亡したため、芥川賞作家の円城塔さんが、書き継ぎ、完成した作品)の3つの長編が、異なるクリエーターによって、アニメ化されるという。必ずしも、アニメ向きとはいえないテーマを、しかも、競作という形で、発表しなくてはならないクリエーターたちは大変だなぁ・・と、アニメ化の話を聞いて、まず、そう考えた。その公開第1弾が、牧原亮太郎監督&WIT STUDIOによる「屍者の帝国」である。

人間が死者たちを蘇らせて、兵士や労働者として酷使している、アナザーワールドの19世紀末の世界を舞台に、その死者再生技術の発明者であるフランケンシュタイン博士の手記を求めて、英国政府の密命を帯びて、旅に出た主人公、ジョン・ワトソンと、その従者たる死者・フライデー。インドからアフガニスタン、そして、日本・・と続く、その長い旅の果てに、彼が見た死者再生の秘密とは???といった、壮大で、陰鬱&荒唐なストーリィ。

原作とはいささか異なるが、前述のように、映画が原作と同じである必要は、必ずしも、ない。これはこれで、アニメとして、それなりに、完成度の高い物語であると思う。ただ、アニメとして、わかりやすさを追究したかったのだろうが、エンドロールのあとの、さもありなんという、物語の後日譚は無用(と、私はそう思う)。

引き続き、11月に「虐殺器官」が、12月に「ハーモニー」が、公開予定。すべて、観終わってから、また、書くべきことがあれば、書きたい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-17 09:31:30

無罪放免とはならず

テーマ:ブログ

内視鏡とCT検査の結果は、まずは検査日当日切除した大腸のポリープに関しては、良性で、問題なしであったが、胃にも、2センチ大の腫瘍があり、組織検査をした結果、悪性のもの(つまり、癌)ではなかったものの、かなり大きいので、経過観察が必要・・とのことであった。要は、3カ月に1度くらいのペースで、胃の内視鏡検査を続けていこうとの方針で、次は来年の1月中旬くらいに、検査をしましょうとのことで、その場で、予約を入れた。

まぁ、悪性のものでなかったので、その点はよかったが、無罪放免とはならず、3カ月の1度の内視鏡検査は、正直、気が重い。

一方、ずっと続いている体調の悪さに関しては、何が原因なのか、わからず仕舞い。具体的に、どこかが悪いのか、あるいは、心因性のものなのか、よくわからない。

とにかく、あまり、スッキリとした気分にはなれず、帰宅。途中で、テイクアウトの海鮮丼を買って帰り、夕食後、ソファーに横になったら、そのまま、午前3時ころまで寝てしまい、目が覚めた後は、朝まで眠れず。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。