1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-05-31 01:13:27

ゾンビ、帰還

テーマ:ブログ

首の激痛は相変わらずで、首を右側にやや傾けた不自然な格好で、恐る恐る歩きながら、戸塚の実家と東京間を往復。

首を動かさねば、激痛は走らないが、まったく動かさないで歩くというのは至難の業で、どうしても少しは動かしてしまい、その度、襲ってくる激痛に顔をしかめながら、痛みがおさまるまで、しばらく立ち止まるという有様で、すれ違う人が何人も、こちらをふり返って見る。鏡に映る姿は、まるでゾンビで、きっと危ないヤツと思っているんだろうなぁ???

実家では東京ガスの人が来て、本管から家までの距離や、家の中の配管、プロパンガス用の器具の状態等について、調べる。その結果、買って15年目の風呂用のボイラー以外は、既存の器具をそのまま転用出来ることがわかり、やれやれ・・である。かかる費用の見積もりをつくって届けてもらうよう依頼し、これで一件落着。

地域では、これを機会に都市ガスを導入するという人と、跡継ぎのいない老人世帯なので、プロパンガスのままでよいという人が、ほぼ半々。先に都市ガスが導入された隣接エリアを歩いてみても、結構、プロパンガスのままの家が多いのが、実情だ。

帰りは戸塚までタクシーで出て、電車を乗り継いで帰還。首の痛みは少しずつ、おさまってはきているが、依然、つらい状態に変わりはない。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-30 10:14:42

iPad買えず(涙)

テーマ:ブログ

そうそう、金曜日に購入するハズだったiPadの話。結論をいうと、買えませんでした(涙)。

金曜の指定された時間にヨドバシアキバに行って、手続きをしていたら、ソフトバンクの店員が、「ところで、お客様のパソコンはウインドーズXP以上ですよね?」と聞く。そうなので、「そうですけど・・」と答えると、同じXPでも、古いバージョンか、否かを、尋ねられる。そんなことはわからないので、その場で娘に電話して聞いて、答えると、「残念ながら、それは旧バージョンです」と、店員。

何でも、iPadを使うには、初期設定の段階で、自分のパソコンに「iTunes」というソフトをインストールして、それとiPadを同期させねばならないんだそうで、旧バージョンのXPでは、そのiTunesとかのインストールが出来ないんだそうだ。まったくもって、そんなこと、聞いていないよぉ~という話だが、では、どうすれば・・という問いに、気のせいか、見下し目線で、店員は「お気の毒ですが・・」と、いい放つ。

ということで、パソコンの扱いにいつまでたっても習熟しない私は、購入をキャンセルして、すごすごと引き下がるしかなかった次第。そのことを、事務所の女性にいうと、「だいたい、いくら使えるからといって、そんなに古いパソコンを使っている方が悪い」と、にべもない反応。

でも、会社で使っているパソコンは、XPですらなく、Meなんですけど・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-30 02:00:31

七転八倒

テーマ:ブログ

昨日、朝、起きたら、首に激痛が走り、まさに歯を磨くことも、服を着るため、手をあげることも出来ない状態。とにかく、這うようにして、近くの整形外科に行く。

まず、レントゲン写真を撮られ、それを見ながら、医者は「首の骨が曲がっていますねぇ~」と、いった。それって、単に、首の骨が曲がっているのではなくて、首をまっすぐ伸ばすと、激痛が走るので、曲げているだけなんですけれど・・。「で、痛いの?」って、耐えられないほど痛いから、診察を受けに来たんでしょうが・・。

痛み止めの注射を首筋にうってもらい、温熱治療とかを受けて、痛み止めの薬をもらって、昼過ぎに家に戻るが、立っていても、横になっても、少し身体を動かす度に激痛が走り、兎に角、何も出来ない状態。

深夜になって、ようやく、パソコンの電源を入れたが、キーボードを打つのも苦痛で、もう、どうにもなりませ~ん。すんません、そんなこんなで、全然、仕事していません。ごめん。

今日は実家に戻らねばならない用事があるので、戻るが、ゾンビ歩きをしているオッサンを、戸塚周辺で見かけたら、それが私です。くれぐれも、声は掛けないで下さい。話をするのもつらい状態なので。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-05-30 01:23:35

「パーマネント野ばら」

テーマ:ブログ

西原理恵子さんの人気コミックの実写映画化である「パーマネント野ばら」は、揃いも揃ってダメな男どもと、そうした男どもにひっかかってしまっては、バカを見る、愛すべき女たちの物語である。

菅野美穂演じる、主人公のなおこは、離婚し、まだ幼い娘を連れて、故郷に戻ってくる。そして、母まき子の経営する「パーマネント野ばら」で、母の手伝いをしている。物語は、なおことその母、そして、この店に集まってくる女たちや、なおこの幼馴染みのみっちゃん&ともちゃんの織りなす、女たちの、悲しくも健気な友情物語である。

フィリピンパブを経営しながら、ヒモ亭主の浮気に苦しむ姉御肌のみっちゃんを小池栄子が、殴る男とばかりつき合ってしまう、男運の悪さではピカ一のともちゃんを池脇千鶴が演じ、まさに適材適所という演技を見せる。それに対し、菅野美穂の演じるなおこは、今ひとつつかみどころがないが、その理由が最後に明かされ、彼女のもろさや危うさが、深い悲しみと共に、浮き彫りになる。さすが、演技派菅野の真骨頂、うまい。

しかし、悲しさだけではなく、傷つきながらも、前に進んで行こうとする女たち。文句のつけようのない、傑作である。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-28 04:13:50

「グリーン・ゾーン」

テーマ:ブログ

ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン主演の「ボーン」コンビによる、イラクを舞台にした戦争映画。とはいっても、米軍兵士の労苦を讃美した、アカデミー賞とかを獲った某作品とは違い、アメリカのイラク侵攻の「大義名分」となった、大量破壊兵器の存在そのものが、アメリカ政府のでっち上げでは・・という視点で描かれた作品。

ハンディカメラを駆使した映像は、臨場感タップリで、しかも、単なる告発ものではなく、国際謀略サスペンスとしても十分楽しめる、ジェットコースターさながらの、あくまで一大エンターテイメント作品に仕上げたところが、さすが「ボーン」コンビの、したたかで、熟練の技。

でも、主人公である米軍兵士が、どうしてそこまでして、国家犯罪を暴こうとするのか等々の、説明不足というか、詰めの甘さも・・。CIAが何故主人公の味方をするのかも、イマイチ、わからない。

まぁ、こんな、いってみれば国策批判映画を、ハリウッドの巨大資本がつくるところが、アメリカの懐の広さなんでしょうが・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-28 03:18:14

「落合多武展 スパイと失敗とその登場について」

テーマ:ブログ

外苑前のワタリウム美術館にて、8月8日まで開催されている「落合多武展 スパイと失敗とその登場について」に行った。

落合多武はニューヨーク在住の現代アーティストで、ドローイングや写真、ビデオ作品等々、多彩な作品で構成された本格的な個展だ。

私にとっての現代アートの評価基準は、それが自分にとって、面白いか、面白くないか。同じように、訳のわからない作品であっても、面白いものは面白い。その基準でいえば、落合多武の作品は、決して難解ではないが、正直、あまり面白くない。というか、ハッキリいえば、感情移入出来るようなところが、全然、ない。

たとえば、「4475g」という作品は、はかりに乗った猫の写真。そのはかりが4475グラムの表示で、つまり、それが猫の重さというわけ。「4475gの彫刻(建物)」は、その猫と同じ重さの、紙粘土による彫刻。でも、それが何???という感じ。

「ブロークン・カメラ」は54分もの映像作品で、ある時、ビデオ・カメラを再生しようと思ったら、そのカメラが壊れていて、映像がメチャクチャ・・という設定で、その映像を大きなスクリーンで上映。しばらく観ていたが、まさに根気比べのような作品で、10分ほどでリタイア。「地球上で一番高い所にマオンハッタンで行くビデオ」は、階段を登る映像が、10台のTVモニターで映し出される。映像は合計で10時間分あるというので、もう立ち止まって、観続けるなどという、ムダな挑戦はしませんでした。ハイ。

「都会のリス」は、街を歩くミュージシャンの後ろ姿を撮った連作写真。「街に歩くミュージシャンの姿は、リスの後ろ姿に見える」というのだが、私には全然、リスには見えず、ごめん・・という感じ。

以上は、展示された作品のごく一部だが、まぁ、ザッと、だいたい、こんな感じで、決して難解ではないが、私には特に面白いと感じられる作品ではありませんでした。まぁ、会期中に、念のため、もう1度くらい、行ってみます。急に、面白いと感じられるようになるかもしれないし・・ね(笑)。

外苑前に行く前に、銀座のギャラリーQにも寄って、石田徹也の作品も観てきました。私には断然、こちらです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-26 02:15:01

怪異??? その2

テーマ:ブログ

その後、母の寝室に蟻は出ないとのことで、やれやれ・・である。

ところで、これは以前、住んでいた賃貸マンションの話。以前、住んでいたといっても、現在、住んでいるマンションから、徒歩わずか数分の距離で、今もよく、その前を通る。

私の部屋は2階にあるが、そのマンションは1階が何故か、地下1階ということになっていたので、私の部屋は2階なのに、表示の上では1階・・なのである。そのトイレの話。

トイレの白い壁に、ある時、何故か、しみが出来て、だんだん、それが見ようによっては、人の顔にも見えるようになってきた。娘が気味悪がって、キッチン・クリーナーで、拭き取った。それで、見ようによっては人の顔にも見えるしみはなくなったが、拭き取った後が黒ずんで残り、それはそれで、結構、気味が悪く、娘に、その上に、ペンキか何かを塗ってよといわれていたが、なかなか、実行しないまま、近くに出来た新築マンションに、引っ越してしまった。

それとは別に、その部屋は7階建てなのに、台所の天井に雨漏りのしみのようなものが出来たことも、あった。あるいは、上の部屋からの水漏れなのかも・・と思い、大家さんにいったが、調べたがそんなことはなかったとのことだった。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-26 01:40:53

「石田徹也全作品集」

テーマ:ブログ

31歳の若さで急逝した画家、石田徹也の全作品217点を収録した画集「石田徹也全作品集」(求龍堂、8500円+税)が刊行された。

既刊の「石田徹也遺作集」は、画集としては異例の、3万部のロングセラーとなったが、同書に未収録だった作品も含めての全作品集とあって、期待していた。その期待通りの、充実した内容である。

石田徹也のシュールにして、リアルな絵は、現代人の心の病の具象化ともいえる、その独自の虚無感と、胸を締めつけられるような孤独感とが、観る者の心を、強く撃つ。とにかく、一度観たら、絶対に忘れることが出来ない作品である。そのすべてが、貧しいバイト生活の中で、10年ほどの間に、描き続けられたもの。

全作品集刊行を記念しての作品展が、5月29日まで、銀座1丁目の「ギャラリーQ」で開催されているとのことなので、何とか時間をつくって、是非、会期中に行きたいと思っている。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-25 02:05:28

怪異???

テーマ:ブログ

先週の金曜の夜。正確にいえば、土曜の早朝のことである。

横浜の実家の2階寝室で、母が寝ていると、腕のあたりに何かが這う感覚があったのだという。電気をつけると、母の布団の、ちょうど枕元あたりに蟻が30匹くらい固まっていて、その何匹かが、母の腕の上を這っていたのだという。

びっくりして、起きて、とりあえず、蟻を殺して、ちりとりの上に掃き集め、雨戸をあけて、外に捨てたが、その日は心臓がドキドキして、スッカリ、目が冴えてしまい、ついに、朝まで眠れなかったのだそうだ。

それまで、庭に出た時などに、服に蟻がついたまま、家に上がってきてしまうなどということは、時にあったが、それはせいぜい、1、2匹のこと。30匹もまとまって、蟻が出たことは、これまで1度もなく、しかも、母の寝室は1階ではなく、2階にあるのである。そして、2階には食べ物なども、何も置いていない。

どうして、そんな大量の蟻が発生したのか、本当に、気味が悪いと、母は当惑することしきりである。

その話を聞いたので、日曜には念のためというか、気休めにというか、2階に殺虫剤を散布した。その後、蟻は出ていないという。昨夜の時点で・・ですが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-25 01:28:31

「壁画を読み解く」前期スタート

テーマ:ブログ

古代オリエント博物館で、村治笙子先生による「壁画を読み解く」の今年前期の授業が、昨日から、始まった。古代エジプトの壁画をスライドで見ながら、そこに描かれている内容を読み解いていくというもので、私は昨年の後期からの、参加。

昨日の第1回目は、ドイツのヒルデスハイムに展示されている、トゥナ・エル・ジャバルのトト神殿の壁画がテーマ。プトレマイオス朝時代のものである。

もっとも、壁画を読み解くといっても、絵と共に刻まれているヒエログリフが読めなければ、真の理解は、正直、難しい。私が秋山慎一先生のもとで、ヒエログリフを勉強したのはずいぶんと前のことで、もうその大半を忘れてしまっている。でも、最近はよいテキストも何冊か出ていて、独習も十分可能だし、以前、2年もやっていたので、やっている内に、思い出すことも、結構、あるのでは・・とは思うのだが、なかなか、その時間を取れず、要は村治先生の話を聴いているだけなのだが、せっかく、通い始めたので、何とか続けたいとは、思っている。

昨日は少し早めに、同館に行って、現在、開催中の常設展も観る。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。