ムラスティ 2019 | 隠れ家カフェSawah Baliのサンタイバリ島ライフ

隠れ家カフェSawah Baliのサンタイバリ島ライフ

バリ島に移住11年目、ロミロミトータルボディセラピスト。バリ人の夫と一緒にライステラスの真ん中に作った小さな絶景カフェ。Sawah Baliはインドネシア語でバリのライスフィールド。サンタイはのんびり。そんなカフェのいろいろやローカルライフをお伝えします。

こんにちは!!
先週のバリは、ムラスティ、オゴオゴ、ニュピとバリヒンドゥーのお正月にまつわる行事が目白押しでした。びっくり

その中でもムラスティはかなりの体力勝負な行事。グー
ムラスティとは、バリヒンドゥーのお正月であるニュピを迎えるにあたって、お寺に収められてあるご神体をすべて海へ運んで行き、お清めして、またお寺へ戻す行事です。

海から遠くに離れた地域の村は、早朝に何台もの大きなトラックにご神体と人々を乗せて、一気に海まで行くので、さほど体力を使いません。
しかし、海まで歩ける距離や、歩くとかなりある20~30kmくらいにある村の人は、海まで列を成して歩いていくのです。ガーン
これが、炎天下や土砂降りの雨だったらかなり過酷です。

今回は、バリ滞在8ヶ月のフィナーレをムラスティで迎えるMちゃんと、うちのゲストハウスに1ヶ月滞在中のサーファー、N君も参戦?いや、参加。爆笑

まず、前日に村内にある数あるお寺から、プラデサという村の中心のお寺へご神体が集められていて、ここが出発点です。ダウン

そして、当番のバンジャールがご神体や旗、傘、お供え物を運びます。
今年はちょうど、うちのバンジャールが当番。
イブイブ(奥さん達)はみんなお揃いの正装を着なくてはなりません。

海にむけて午後1時出発ビックリマーク

たんぼの中の1本道を長い列がひたすら歩く。
出発と同時に雨も降り出した。雨

小1時間、かなりのハイペースで歩きようやく海に波


海ではお清めと、お祈りの順番待ち。
この待ち時間が目茶苦茶長い。ショボーン
みんなそれぞれ出店で飲み食いして時間を潰します。
ようやくお祈り。

ご神体のお清めとお祈りが終わると出発したお寺に向けて再度出発。
なぜかみんな、行きのスピードの2倍くらい速い!!
結構足にきていた私とN君はどんどん抜かされ、列の後方へ。
普段、数十メートルの距離も歩かずバイクに乗るバリ人。
その体力はどこから来るんだぁーはてなマーク

途中、神様が奉られている場所でひとしきり何かをして、その後お寺へ到着。
すべて収められたのが午後7時。
すっかり真っ暗な夜でした。
私たち日本人3人はヘロヘロチュー
その夜、みんなで食べた夕食は疲れた体に染みた~ラブラブ

Mちゃん、素敵な写真ありがとう。音譜
そして今回も読んでくれた皆さんTerima kasih...