こんにちは、ひいろです☆


これから、この3か月くらいの間に、私が体験したことについてお話をしていきたいと思います。


今回は『明らかになった私の体質について』


話半分、夢物語くらいの感じで読んで頂ければと思います☆


いつものごとく長いです。すみません~(^^)


あえて分類は【自分図鑑】に入れておきます☆


+++


ことの発端は、去年の12月に開催したかおりちゃんとのコラボイベントでのこと。


どんなイベントでも、直前になると『むくみ』『不安』に襲われていた私。


それがとんでもない形で出てしまったのが、12月のコラボイベント初日でした。


朝は全く取れない酷いむくみ。


水晶のかっさで流しても、流しきれない…((+_+))



そしてその日の帰り道。


母曰く、『いつもの私なら言うことのない言葉を吐き出していた』そうです。


ここでは詳しく書くことは控えますが、とてつもない量の自己否定の言葉ばかり。


それを母に指摘されて一度立ち止まりまして。


改めて言ったことを思い出してみたところ、実際の自分の気持ちとは真逆の言葉ばかりを言っていたことに気づきました。


あまりにもひどい状況でしたが、まずは自分でどうにかしてみよう!そう思いました。


『私は私の意志で動くんだ!そんなこと考えるはずない!情けないぞ私!』


そう強く意識して、その日はなんとか復活して自宅に帰りました。



翌日かおりちゃんに報告して確認したところ…


『見えない何か』に『ネガティブなこと』を言わされていたということを教えてもらいました。


いわゆる【念】というものが私のところにやってきて、コントロールしようとしていたようだと。


でも今回は、私の意志とは全く内容だったので、私自身ではねのけることが出来たということだったのでした合格


+++


そして、2015年3月。


色んな意味で危機感を感じた私は、コラボイベントの時にかおりちゃんのヒーリングを受けることにしました。


その時に、私の体質が明らかになったのです。


-‐‐


私の体質・・・


元々、『どうにかして手を伸ばしてきた人たちを救ってあげたい』という気持ちが強い。


これは潜在意識で起こっていることらしく、顕在意識にある私自身はほぼ無自覚である。


故に、人の想いなどを抱え込んでしまうところがある。


それが、【身体のむくみ】に繋がってしまっている。



そう。


『意識してもしなくても抱え込んでしまうので、がっつり浮腫む。』


これこそが、私の体質だったのです。


---


ということで、まずはそもそもの原因である『人の想い(いわゆる念)』と『その他の諸々』を浄化してもらうところから始まりました。


※以下、会話文など入ります。(うろ覚えですが…)

流れ等自分でも書き留めておきたいので、あえてこの感じで行きます。



ヒーリングを始めてすぐに言われたのは、


か 『ひいろちゃん、やっぱりついてる。大きな宇宙船一台分位のものがついてる。』


ひ 『へ?』


か 『ひいろちゃんは全く気が付いていないと思うんだけど、大きな宇宙船に色んなものを乗っけてひもで引っ張っている状態』


ひ 『…全く気が付きませんでした。』


この宇宙船には、私には必要のないものばかりが乗っているようでしたので、しっかりと浄化してもらいました。


宇宙船を愛の光に包んで、有るべき場所に還してもらったそのあと。


私はすっきりした気持ちでいたのですが…


かおりちゃんが私のことをじっと見つめて一言。


か 『ごめん、ひいろちゃん。終わってなかった。』


ひ 『はい?』


か 『もう一回だ』


ひ 『へ?(何が何だか分かっていない)』


もう一度ヒーリングが始まりました。


その直後、私の脳裏に不思議なイメージ。


それを意識するかしないかのタイミングで、かおりちゃんが間髪を入れずに言いました。


か 『あった!出てきたよ!』


ひ 『え!?なになになに??』


か 『魂の中心の近くに、さっきと同じような大きさの宇宙船が2台隠れてた!』


ひ 『は?』


か 『ひいろちゃんのハートの奥に隠れてたの!』


ひ 『そんな大きさの宇宙船が私のハートの奥に隠れてたの?』


か 『うん、そう!まずはこれを愛で包んで光に還そう!』


ひ 『(良く分からないけど、)お願いします!!!』


…そうなんです。


あとあとかおりちゃんが聞かせてくれたことによると、


隠れていた2台の宇宙船は、一回ヒーリングをしたあとでないと分からないような形で、入り込んでいたそうです。


いや…無意識に私がかばっていたと言ったほうが正しいのかな。


【どんなものも救ってあげたい】という無意識の気持ちが、宇宙船2台分のものを隠していたようです。


この2台を光に還す時、ものすごくたくさんのビジョンが見えました。


内容は…ごめんなさい。


詳しく書こうと思うと本当に細かくて大変なので割愛します。


簡単に言うと、沢山の念をしょっていたという感じです。


ヒーリングの最中、色んなビジョンが次々に現れては消えていきました。


か 『ひいろちゃんが意識して手放さないと、上手く離れないかもしれない』


そう言われたもの(念?)もありました。


とにかく意識して…愛がそれらに還るように意識して…


手放しの手伝いをしてもらいました。


繋がっていると、お互いによくないというものもありまして、しっかり切ってもらいました。


そうして、やっと2回目のヒーリングが終わりました。


かおりちゃんには2度手間になっちゃったのですが、私個人としては有難い限りでした<(_ _)>


そのあとに【ソウル・アウェイクニング】という別のヒーリングもやってもらったのですが、それはまた別記事 に。


さらに、私の魂とオーラについても教えてもらったので、それも別記事 で。


+++

で。


昨日のこと。


ちょっとかおりちゃんと打ち合わせする時間がありまして…

その時に私の体調をおかしいと思っていた母が、かおりちゃんに聞いてくれたのです。


母 『最近、ひいろが浮腫んでるんだけど…。』

か 『ん?』

ひ 『最近食べまくってるからじゃない?』


か 『とりあえず見てみようか。』


ひ 『お願いします~』


私の掌にかおりちゃんが掌を重ねて…スキャニング?が始まりました。


その直後、酷い震えに襲われました。


多分、『嫌だ・離れてたまるか!』という私とは違う感覚…。


そのままいること、2分弱。


か 『どう?』(片手で何かを掴んでいる)


ひ 『うん。いい感じ』


か 『よかった…。これ、ひいろちゃんについてた念を掴んでるんだよ。蛇の形でくっついてた』


ひ 『へ?念?変なクライアントさんとか、最近会ってないよ?むしろ会うのは素敵な人ばっかり…』


か 『会ったとかではなくてもね、念てつくんだよ~』


ひ 『(思うところあり)そうか…。そうだよね…』


その後、その蛇をしっかりと浄化してくれました。



かおりちゃん曰く、おかしな念とは、蛇の形でその人につくのだそうです。


全くやり取りしていなくても、見るだけ・名前を創造するだけでもつくことがあるんだそうです。



そして…今回は、未成仏霊も私に憑いていたそうです。


か 『何か記憶はある?』


ひ 『(もしあるとしたら)3.11の黙とうの時に、どうか安らかにって思った。』


か 『その時に来たのかもしれないね』


母 『そういやそのあと、寝てる間に変な夢見て過呼吸になって、相方君に叩き起こされたって言ってたよね?』


ひ 『あ。すっかり忘れてた』


か 『そういえばそんなこと話してくれてたねえ…。』


ひ 『3.11は、ただ黙とうしただけなんだけどなあ…』


その時に見た夢の内容は、実は誰にも話していません。


あんまり覚えていたくなかったから…。


確か、地震と水没…だったかな。


そりゃ、夢でもびっくりしますよね((+_+))


相方も叩き起こしますわね。

ちなみに私の今回の爆食の原因も、ここにありました。


かおりちゃん曰く、


『きっと憑いた?ものに対抗しようとして、ものすごく食べちゃうんだね~』


とのこと。


逆に言えば、それがハッキリしたバロメータになります。


私自身でも『炭水化物を食べ過ぎてしまっている時には、何かある!』という事も分かりました。


ありがとうかおりちゃん。


本当に頑張るよ~


+++


これは、ほんの3か月で私が体験したことです。


もう1年前の記憶くらいに錯覚してしまうんですが…。

それくらい、内容の濃い数か月でございました。


今回ちゃんと書かないと次に進めない気がして、自分の中で出せるところまで書いています。


ここまでお読み頂きましてありがとうございました。


+++

若し宜しければ、次の記事も続けてお読み下さい☆


☆魂とオーラについてはこちら


☆かおりちゃんの新しいひーりんぐについてはこちら