キラリと光る!小学校受験の合格願書と面接対策

キラリと光る!小学校受験の合格願書と面接対策

都内、神奈川など、難関私立小学校や私立幼稚園の願書作成や面接対策のサポートをしています。
「我が家らしさ、我が子らしさ」をアピールしながら、キラリと光る秘訣をお伝えします。


テーマ:
こんにちは 星野千加です。


昨日は、


キラリと光る!
合格願書作成グループコンサル



を開催しました♪





参加くださった方から
こんなご感想をいただきました。


上の子のときにも
千加さんに大変お世話になりました。


今回は下の子のためにお世話になりました。


教育方針などに大きな違いはありませんが、
下の子の性格や志望校など
同じ姉弟でも違いがあるため、
不安でまたお願いをしました。


6月に入り、お教室でも
願書や面接対策の話が出て、
添削指導の予定、締め切りなどの話が
さかんになってきました。


上の子の学校のことや習い事、
そして下の子の受験対策の諸々、そして 願書…。


やらねばならないことだらけの毎日です。


このグループコンサルの日を迎えるにあたり、
エピソードはこれかな?などとぼんやりと考えたり、
志望校の資料や本を読んだりしていましたが、
日々のバタバタでまとまらず、
不安なまま今日を迎えました。


しかも、早めに出かけたにもかかわらず、
電車が遅延し、グループコンサルには遅刻してしまいました。


そんな私をあたたかく笑顔でむかえてくれた千加さん。
いつお会いしても、本当に癒されます。


VERYチャートは本当に魔法みたいです。


ぼんやりとしていた教育方針や子どもの将来像、
学校に求めていることが本当にはっきり見えてきます。


しかも、終わる頃には 文章化にこぎつけました。



すごいです。


まだまだ初歩段階で諸々の直しは出てきますが、
自信が持てました。


VERYチャートをもとに、併願校の願書も取り組めそうです。

長い間先生のお力を借りるか
ずっと悩み続けておりましたが、
今日実りある素晴らしい経験をさせていただき
心より感謝しております。


皆様とても真面目に、
心から子供の幸せを真剣に願っている思いが
ひしひしと伝わる方ばかりで、
きっと同じ思いに共感されている
ご家庭の方々が集まるという事とは
こういう空気なのだと改めて感じさせられた時間でした。

ブログでいつも拝見していて、
実際お会いできてとても嬉しかったです。

チャートを作成することにより、
今までの子育てを振り返り足りなかった点や
これから活かしていきたいことなど、
思い浮かびました。



そして、学校えらびをしていく上で
どういった観点で臨むべきかも分かりました。



ご感想、ありがとうございました!


年長さんは、これから忙しくなるばかり。


私もそうでしたが、
いつも「やるべきこと」で頭がいっぱいで
ゆっくり落ち着いて願書のことを
考える心の余裕がなくなってくるのですよね・・・。


ですから、3時間のグループコンサルで
みなさん、とても集中して
VERYChart(ヴェリィチャート)に向き合いながら、
取り組んでいらっしゃいました。





「こんな風に、子供のことを振り返ったり、
子育てについて考えたことがなかったです!」


なんておっしゃっていた
お母様もいらっしゃいましたが、
そう考えると、小学校受験は、
自分のあり方や子育てを振り返る
とても素晴らしい機会なのかもしれませんね^^





「お教室が主催する講座ではないから
参加したいと思いました!」


とおっしゃるお母様もいらっしゃいました。


なかなかこうしたサービスはないようですが、
みなさま、よく見つけてくださって、
奇跡のご縁に感謝です!


次回の、キラリと光る!
合格願書作成グループコンサルは


7月23日(月)10:00〜12:30


です。


詳細とお申し込みはこちら










テーマ:
こんにちは 星野千加です。

そろそろ、願書にとりかからなくちゃ・・・と思っている、年長さんのお母様。

めんどう、大変そう、時間がなくってと後回しになりがちではありませんか?

「そろそろ」ではなく、「今」ですよ!


小学校受験の願書には、教育方針や志望理由、お子様の性格など、文章で書く部分がいろいろとあります。

何校か併願する場合は、その数だけ、願書を書かなくてはいけませんね^^;

先延ばしにすればするほど、直前期は大変なことになります。

「教育方針って、どうやって決めればいいの?」
「立派な教育方針じゃないと受からないのかしら?」
「書き始めたけど、文章にするのって、むずかしい~!」
「そもそも、本当にこの教育方針で合格できるの?」
「志望理由って、どうやって書いたらいいのかしら?」
「エピソードが大事っていうけど、うちの子はたいしたエピソードない!」


これは、私が娘の小学校受験で、願書を書くときに感じたことです^^;

願書作成で徹夜つづきなのに、学校訪問もあり、娘のお教室での直前講習、毎日のお勉強、下の子のお世話、家事・・・やることがいっぱいあって、ふらふらだったことを覚えています。

なかなか、夫と話す時間もなく、相談しても、

「疲れてるから」
「そんな感じでいいんじゃない?」

と、真剣に手伝ってくれないと、だんだん夫を責めたくなりました。

これから、受験なさる年長さんのみなさんは、ぜひ、計画的に準備を進めてくださいね^^

願書を書くには、まずは3つ材料が必要です。

・教育方針
・志望理由
・お子様のエピソード

この3つが準備できていれば、願書は書けます。

ただ、キラリと光る願書にするには、コツがあります。

ちょっと思い出してみてください。

お料理をするとき、しなくても作れるけど、したほうがいい下ごしらえって、ありますよね?

たとえば、もやしのひげをとるか、とらないか・・・とか^^

ほんのちょっとのひと手間で、味に違いがでます。。

願書も同じなんですよ。

キラリと光るポイントはどこなのか?
先生方は、どんな視点でお子様たちを見ているのか?

私は、6年間の私立小学校の保護者として、ひしひしと肌で感じてきました。

娘の小学校受験の時には、必死すぎて全然わからなかった、願書や面接の本当の意図が、今ではとてもよく分かります^^

キラリと光るポイントを押さえつつ、しかも、カンタンに効率よく書けるポイントを、お伝えします。

昨年、願書作成でお手伝いさせていただいたのは、

・学習院幼稚園
・学習院初等科
・青山学院初等部
・慶應幼稚舎
・慶應横浜初等部
・早稲田実業初等部
・雙葉小学校
・白百合学園小学校
・東洋英和女学院
・東京女学館小学校(AO・一般)
・聖心
・目黒星美
・昭和女子
・日本女子大附属豊明幼稚園
・日本女子大附属豊明小学校
・森村学園
・桐光小学校
・国府台女子学院小学部
・筑波大附属小学校
・お茶の水大学附属小学校

などです。

願書作成サポートコースを受けられた方からいただいたご感想です。

------------

願書を作成するにあたり、ありがちな内容ではなく、できるだけオリジナリティのあるものに、仕上げたいという思いがございました。

とはいえ、ゼロから取りかかることに自信がなく、お教室の添削以外の選択がないものかと思っておりましたところ、

以前より登録していた星野様のメルマガの中で、たしか「ぐりとぐら」をエピソードに取り入れた願書のご紹介があり、

わかりやすい言葉で、普段の生活の中から、そのお子様の様子、ご家庭の方針が伝わることに、はっとし、そのような視点で我が家の願書のアドバイスも頂くことができたらと思いました。

正直なところ、最初はネット上での申込、メールでのサポートのシステムに、どんな感じなのだろうかという不安もございました。

しかし、はじめてご面談をさせて頂きました時から、願書が完成するまでの間、一貫して、とても柔らかなトーンでした。

表現が曖昧で、漠然とした内容に対しても、最初から否定なさったりこうするべきと、修正なさるのではなく、

「これはどういう意味か?」
「こういう時はどのように感じるか?」

と言った質問を投げかけて下さることにより、文章を深堀りすることができ、形にしていくことが出来たように思います。

単に文章の添削、ではなく、教育方針を整理するためのサポートをして頂きましたおかげで、言葉が一人歩きすることなく、我が家の言葉になったように思います。

何度も、未完成な状態で模索しながらの文章をお送りしたにもかかわらず、真摯にご対応頂きまして、本当にありがとうございました。

-------------

私が、願書サポートをお願いしたのは9月の終わりころでした。

本当に文章を作成する事が苦手で、困り果てネットで何か情報が無いかと、わらをもすがるおもいで探していた時に、星野様のブログに辿り着きました。

願書提出日、ギリギリだったにも関わらず快く引き受けてくださり、どれ程救われたかと、今振り返ってみても緊張感走る程本当に不安の日々でした。

お会いして、願書を作成する時に、不安と焦りと緊張の私を即見抜き、まず私自身に向き合う事から始まり、

娘との様子、家族の様子、これから先の事等沢山のことを引き出してくださり、気付いてみると書きたい事が纏まっていたという状態でした。


正直、短い時間でどうやって作成するのか不安でした。

願書の書き方の記事をネットで探しその通り試しましたがイマイチピンとこなくて、自信を失うばかりでしたので、もう全て作っていただいた方が早いと考えてしまう程切羽詰まってました。

しかし、きちんと自分の思いを自分の言葉で星野様の質問やアドバイスによりちゃんとした願書になってきた時、光がさした気分でした。

面談が終わり、後は自分でまとめた文章に、また的確なアドバイスをいただき無事に出来上がり、提出出来ました。

弾丸スケジュールで無理なお願いしたにも関わらず、最初から最後まで丁寧に的確に更に自分では気付かなかった思いを知ることができて、とても意味のある、大切な時間でした。

大変貴重な体験が出来、本当に感謝しています。

私にとって運命的な出会いでした。有難うございました。

-----------

私が、娘の小学校受験の時、本当に必要としていたのは、「願書の添削」ではなく、「一緒に考えてくれる人」

・我が家の教育方針
・志望動機
・子供の長所、短所

どんなふうに書けば、合格できる願書になるのか?

これを、ゼロから一緒に考えてくれる人がいたらな~と、何度思ったことでしょう。

グループ講座では、今年度から導入している「VERY Chart(ヴェリィチャート)」を使って、お子様のいいところ、ご両親の考え、志望理由をしっかり集めていきます。

「VERY Chart(ヴェリィチャート)」を使うことで、

志望校にアピールできる願書が作れるのはもちろん、面接対策にもなります^^

そして、こんなに簡単に完成していいの?!というくらいカンタンに、志望理由ができあがります^^

志望理由がカンタンに完成するようにあみだしたのが、「VERY Chart(ヴェリィチャート)」ですから^^

「うちの子、ホントに全然目立たないんですよね~!」

と、お母様方はよくおっしゃいます。

私は心理カウンセラーでもあるので、話を聴くプロです。

ご自身では気づいてない、お子様の良さやご家庭のアピールポイントを、どんどん引き出していきますよ♪

「キラリと光る」には、オリジナリティが大切ですからね^^

「忙しいから、できれば、全部考えてほしいくらいだわ」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、私は、あなたのお子様の合格を心から願っています。

そのためには、ご両親がこの願書作成という作業を乗り越えられることが、欠かせないと思っています。

なぜなら、願書をもとに面接で質問をされるからです。

誰かが書いた願書では、面接でちぐはぐしてしまって、きっと面接官に気づかれてしまうでしょうね^^;

だから、できるだけ効率よく完成するように、精いっぱいお手伝いしますが、お母様も一緒にがんばってくださいね。

願書をしっかり考えれば、面接対策にもなりますから、一石二鳥ですよ。

ぜひ、一緒に、キラリと光る願書を作り上げましょう♪

------

【2018年度 願書作成個別コンサルの詳細】


・テレビ電話にて個別面談 90分
・メールサポート(願書完成まで無制限)



※2018年度受験の方のみのコンサルです。
※志望校3校までお受けいたします。
※面談の日時は、平日の10:00〜、または13:00〜 でご相談いただけます。
※面談は、ZOOM(ズーム)というテレビ電話のアプリを使って行います。


価格:6万円(税抜き)


お支払い方法:銀行振込


下記の注意事項をよくお読みになり、お申し込みのお手続きをお願いいたします。


<注意事項>

※お申込みから3日以内に、ご入金いただきますようにお願いいたします。

(お振込み先は、お申し込みと同時にお送りしております、自動返信メールにてご案内いたします。)

※自動返信メールは、au,docomo,softbank などのメールアドレスは届きにくくなっております。

パソコンのメールアドレスやgmail,yahooなどのフリーメールをご利用ください。

※お申し込みボタン送信後は、いかなる理由がございましても、キャンセルによるご返金はお受けしておりません。

※お申し込みと同時に、お支払いの義務が発生致します。

※お振込みが完了した方から順に、お申し込み完了とさせていただきます。

※また、一度キャンセルなさった方の、再お申込みはお受けできません。



お申し込みはこちら

こんにちは 星野千加です。

そろそろ、願書にとりかからなくちゃ・・・と思っている、年長さんのお母様。

めんどう、大変そう、時間がなくってと後回しになりがちではありませんか?

「そろそろ」ではなく、「今」ですよ!


7月23日(月)に

2018年度 キラリと光る!願書作成グループコンサル



を開催します。





小学校受験の願書には、教育方針や志望理由、お子様の性格など、文章で書く部分がいろいろとあります。

何校か併願する場合は、その数だけ、願書を書かなくてはいけませんね^^;

先延ばしにすればするほど、直前期は大変なことになります。

「教育方針って、どうやって決めればいいの?」
「立派な教育方針じゃないと受からないのかしら?」
「書き始めたけど、文章にするのって、むずかしい~!」
「そもそも、本当にこの教育方針で合格できるの?」
「志望理由って、どうやって書いたらいいのかしら?」
「エピソードが大事っていうけど、うちの子はたいしたエピソードない!」

これは、私が娘の小学校受験で、願書を書くときに感じたことです^^;

願書作成で徹夜つづきなのに、学校訪問もあり、娘のお教室での直前講習、毎日のお勉強、下の子のお世話、家事・・・やることがいっぱいあって、ふらふらだったことを覚えています。

なかなか、夫と話す時間もなく、相談しても、

「疲れてるから」
「そんな感じでいいんじゃない?」

と、真剣に手伝ってくれないと、だんだん夫を責めたくなりました。

これから、受験なさる年長さんのみなさんは、ぜひ、計画的に準備を進めてくださいね^^




願書を書くには、まずは3つ材料が必要です。

・教育方針
・志望理由
・お子様のエピソード

この3つが準備できていれば、願書は書けます。

ただ、キラリと光る願書にするには、コツがあります。

ちょっと思い出してみてください。

お料理をするとき、しなくても作れるけど、したほうがいい下ごしらえって、ありますよね?

たとえば、もやしのひげをとるか、とらないか・・・とか^^

ほんのちょっとのひと手間で、味に違いがでます。。

願書も同じなんですよ。

キラリと光るポイントはどこなのか?
先生方は、どんな視点でお子様たちを見ているのか?

私は、6年間の私立小学校の保護者として、ひしひしと肌で感じてきました。

娘の小学校受験の時には、必死すぎて全然わからなかった、願書や面接の本当の意図が、今ではとてもよく分かります^^

キラリと光るポイントを押さえつつ、しかも、カンタンに効率よく書けるポイントを、お伝えします。

昨年、願書作成でお手伝いさせていただいたのは、

・学習院幼稚園
・学習院初等科
・青山学院初等部
・慶應幼稚舎
・慶應横浜初等部
・早稲田実業初等部
・雙葉小学校
・白百合学園小学校
・東洋英和女学院
・東京女学館小学校(AO・一般)
・聖心
・目黒星美
・昭和女子
・日本女子大附属豊明幼稚園
・日本女子大附属豊明小学校
・森村学園
・桐光小学校
・国府台女子学院小学部
・筑波大附属小学校
・お茶の水大学附属小学校

などです。

願書作成グループコンサルを受けられた方からいただいたご感想です。

------------

星野先生は、思っていた通り穏やかで、
思っていた以上にお綺麗でした!


グループの他の方とも楽しくお話ができて、
とても実りある時間を過ごすことができました。


「ぜひご主人にもVERYチャートを書いてもらってください」


とのことでしたのでその日のうちに、
先生としたように主人にも体験させました。


元来面倒くさがりなタイプなので、
適当にするかと思いましたが、


驚いたことに非常に熱心に取り組み、


「も、もういいよ…」


と私が言うまで書き込んでいました。


1時間後にはチャートのおかげで
願書の土台ができてました。


一日のうちに夫婦ともに、
願書の大枠ができたのです。



本当にすごいことだと思います。


その夜は遅くまで
家庭方針について語り合いました。


順序立てた書き方を教えて頂いたことで、
心の中まで整理整頓できました。



エピソードの集め方や
学校説明会での見方も学んだので、
これから新たな気持ちで頑張りたいと思います。

-----------

昨日は大変お世話になりました!


昨日から、早速、
娘の良い所を目を光らせて、
見ています(笑)!


最近、受験が迫ってくると、
娘の良くない部分ばかり見ていました。


そして、それを直そうと必死でした。


普通の日常生活に、
たくさん良いエピソードがありますね!


おかげで、娘の事がもっともっと、
大好きになりました!


なんて、優しくて良い子なんだろうと、
考えるだけで、涙が出てきます。


昨日、ノートに書き出していたら、
思わず泣いてしまいました。


願書を書く前に、たくさん、
娘の良い所を見つけようと思います。


とびきりのエピソードを、
書けるよう、頑張ります!


これから講座を受講なさる方、
先生の講座、ぜひ一度受けてみて下さい(^。^)


とても、願書を書く事が楽しくなります。


とても、大切な事を思い出させて下さいます。


そして、自然と面接対策にも繋がります。


先生、本当にありがとうございました。

-------------

昨日のグループコンサルでは、
受験や願書だけでなく、
今後の子育てに関しても重要な事を学べました。


普段、仕事との両立で忙しい事を身勝手な理由に、
子供の大切な言葉を
どれだけ聞き逃していたのかを目の当たりにし、
本当に恥ずかしい思いでした。


この時期に分かった事が、本当に良かったです。


また、考えが纏まらずに
何を話してるのかも分からなくなってしまった時でも、
きちんと理解し聞いて頂けて
自分の弱点も自分自身で少し理解ができました。


先生とお子さまとのエピソードも
本当に情景が目に浮かび、
自慢ではなく、キラッと光るエピソードとは
こういう事なんだ~と理解ができました。


これからの学校訪問や公開授業でも、
聞き逃しのないよう、
貪欲にキラッと光れる材料集めを
していきたいと思います。


帰宅後に早速主人にも、講座の話をして
家族で今まで以上に強力なタッグを組みたいと思います。


一緒に受けて頂いた
皆さまの素敵なエピソードも聞けて
本当に勉強になりました。


子供はどんな未来になっても幸せになります。
との最初の言葉を胸に、
これからの日々を過ごして参りたいと思います。

-----------

私が、娘の小学校受験の時、本当に必要としていたのは、「願書の添削」ではなく、「一緒に考えてくれる人」です。

・我が家の教育方針
・志望動機
・子供の長所、短所


どんなふうに書けば、合格できる願書になるのか?

これを、ゼロから一緒に考えてくれる人がいたらな~と、何度思ったことでしょう。

グループコンサルでは、「VERY Chart(ヴェリィチャート)」を使って、お子様のいいところ、ご両親の考え、志望理由をしっかり集めていきます。



「VERY Chart(ヴェリィチャート)」を使うことで、

志望校にアピールできる願書が作れるのはもちろん、面接対策にもなります^^

そして、こんなに簡単に完成していいの?!というくらいカンタンに、志望理由ができあがります^^

志望理由がカンタンに完成するようにあみだしたのが、「VERY Chart(ヴェリィチャート)」ですから^^

「うちの子、ホントに全然目立たないんですよね~!」

と、お母様方はよくおっしゃいます。

私は心理カウンセラーでもあるので、話を聴くプロです。

ご自身では気づいてない、お子様の良さやご家庭のアピールポイントを、どんどん引き出していきますよ♪




「キラリと光る」には、オリジナリティが大切ですからね^^

「忙しいから、できれば、全部考えてほしいくらいだわ」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、私は、あなたのお子様の合格を心から願っています。

そのためには、ご両親がこの願書作成という作業を乗り越えられることが、欠かせないと思っています。

なぜなら、願書をもとに面接で質問をされるからです。

誰かが書いた願書では、面接でちぐはぐしてしまって、きっと面接官に気づかれてしまうでしょうね^^;

だから、できるだけ効率よく完成するように、精いっぱいお手伝いしますが、お母様も一緒にがんばってくださいね。

願書をしっかり考えれば、面接対策にもなりますから、一石二鳥ですよ。

ぜひ、一緒に、キラリと光る願書を作り上げましょう♪

------

【2018年度 願書作成グループコンサルの詳細】


日時:7月23日(月)10:00〜13:00


※グループコンサルでは添削のサポートはいたしません。
※2018年度受験の方のみのコンサルです。


場所:東急東横線日吉駅より、徒歩3分


定員:4名


価格:32400円(税込)

お支払い方法:銀行振込

下記の注意事項をよくお読みになり、お申し込みのお手続きをお願いいたします。


<注意事項>

※お申込みから3日以内に、ご入金いただきますようにお願いいたします。

(お振込み先は、お申し込みと同時にお送りしております、自動返信メールにてご案内いたします。)

※自動返信メールは、au,docomo,softbank などのメールアドレスは届きにくくなっております。

パソコンのメールアドレスやgmail,yahooなどのフリーメールをご利用ください。

※お申し込みボタン送信後は、いかなる理由がございましても、キャンセルによるご返金はお受けしておりません。

※お申し込みと同時に、お支払いの義務が発生致します。

※お振込みが完了した方から順に、お申し込み完了とさせていただきます。

※また、一度キャンセルなさった方の、再お申込みはお受けできません。


お申し込みはこちら

テーマ:
こんにちは 星野千加です。


「ママのお悩み相談室」に、
こんなメールをいただきました。


===================
小学校受験を考えております。

年少の頃は、「私立小学校に行く!」と
自分で言っておりました。


年中になったら、
「まだ考え中」と言うようになり、


そして、この4月に、
近所のお友だちが皆、
楽しそうに公立小学校に通う姿を見て、


また幼稚園のいちばん仲良しのお友だちが
通うこともあり、


「絶対○○小学校(自宅の隣にある公立小学校)!」
と断言するようになりました。


これは困った、と思い、


「○○小学校に行かなくても、
○子ちゃんは、いつでも、毎日でも、
遊びにきてもらえるよ。


私立小学校は、お教室のお友だちと、
小学校も中学校も、ずっと一緒にいられるよ」


と説得するのですが、


娘は涙を目に浮かべ、
すごく悲しそうな顔をして、
「絶対○○小学校!」と反論します。


私が説明するほどに、娘は強く反論し、
毎日のように、「絶対○○小学校行くの!」と
言い続けるようになりました。



お教室の先生は、


「こどもはコロコロ変わるので、
 そうね、と聞いておけばいいです」


とのことでしたが、
頑固な娘の意思はかなり固いようです。


これから、夏期講習で
毎日のようにお教室に通うようになった時、
そして入試本番、娘は入試について、
理解していけるのかな?と心配になります。


この年齢のこどもに、言葉で説明する時に、
どのように伝えればいいのか?


うそはあまり言いたくないけれど、
本当のことをストレートに伝えても、
こどもには理解が難しいのですよね。


先生にぜひ、メールやblogで、
このことについてとりあげていただければ、
と思い、メールさせていただきました。

===============


多くのお子さんは、
小学校受験についてあまりよく分からないで、
お教室に行き、入試を迎え、
合格した学校へ通っているのかもしれません。


でも、ご相談をいただいたお嬢さまは、
とても意志のはっきりした、
精神年齢の高いお嬢さまに感じられました。


だからこそ、
小学校受験には向いていらっしゃるでしょうし、
知的好奇心や、成長意欲が高いでしょうから、
もしかしたら、公立小学校は
物足りないかもしれません。


そういうお子様を伸ばしてやりたいと
ご両親も受験を決められたのかもしれませんね。


※あくまでも、いただいたメールしか
情報がありませんので、
実際のカウンセリングのように、
的確なお答えにならない場合があることを
ご承知くださいね。


こういう精神年齢の高いお子様の場合、
「子供扱い」をしないで、
ちゃんと話をすることが
大事かもしれないなと思います。



でも、いきなりお嬢さまと話をするのではなく、
ご両親で


「なぜ、小学校受験をさせるのか?」


これをしっかり話し合ってみていただきたいのです。


年長さんともなると、
今さらそんなことを考えてる場合じゃない!


なんて言いたくなると思います^^;


でも、道に迷った時こそ、原点に戻る。


特に、絶対、受験ありきなのか、
話し合いによっては、
お嬢さんの意志を尊重して、
受験しない検討の余地もありなのか?


ここは、ぶれない軸をしっかり持っておきたいところですね。


お金がもったいないとか、
世間体が悪いとか


大人の事情はちょっと横に置いて、
お嬢さまの将来だけを考えて、
「なぜ、小学校受験させるのか?」を
考えて見られるといいと思います。


もし、公立ではなく、
私立にぜひ行かせたい!


と覚悟を決めているのであれば、


受験ありきで、
お嬢さまと接する覚悟が必要だと思います。


そして、まずは


「●●ちゃんと、ずっと一緒がいいんだ?

どうしても、同じ学校へ通いたいのね。

同じ学校へ通うと、どんないいことがありそうなの?

●●ちゃんは、あなたにとって

大切な大切なお友達なのね。

ずっとず〜っと一緒にいたいのね。

そうよね、ママも小学校の時、

大事なお友達がいたから、とってもよくわかるよ。

離れ離れになったら、寂しい気持ちになるわよね。」



こんな風に、心の底から、
お友達を大好きだと思っている気持ちに
共感して、寄り添ってあげることが大事です。


そして、我が家は
小学校受験をする方針だということを伝えます。


「●●ちゃんは、近くの小学校へ行くけど、
あなたは、受験するのよ。


なぜ受験するかというとね、・・・」



と、お子さんが受験をすることに
意欲を持つことができるような
理由を話してあげること。


一度で納得するかもしれませんし、


しっかり共感する

言って聞かせる



を繰り返すことになるかもしれません。


でも一番大切なのは、
ご両親が迷いを捨てること。


「もう決めてるのよ」


とハッキリ伝えることだと思います。


そして、ちょっと厳しい言い方ですが、
この先、この道を選んだことで
後悔することがあるかもしれないことも、
覚悟するということも大事です。


精神年齢の高いお子さんは、
ちゃんと「分かっている」ですね。


我が家の娘は、記憶力が異常によくて


「私は幼稚園のころは、

もっとかわいいお洋服が着たかったのに、

紺色ばかり着せられた」


とか


「回転図形の問題をやっていた時に、

ママが怒って、プリントを私に投げつけた」


とか


「幼稚園の時のお友達に会いたいな・・・」


とか


「女子校はキライじゃないけど、
やっぱり男子もいた方がよかったな」


とか、思い出したようにネチネチ言われます^^;


でも、総じて、
受験して今の学校に入れてよかった!と言っています。


その度に、胸がキューっと痛くなりますが、
そこも覚悟の上でやったことですから、ね。


なぜ、小学校受験させるのですか?


何か、困ったことが起きたら原点に戻る


ぜひ、やってみてくださいね。




テーマ:
こんにちは 星野千加です。


昨日は、結婚記念日のお祝いに、
近所のイタリアンレストランで、
食事をしてきました^^





結婚して丸15年。


こうして月日が経ってみると、
あっという間だな〜と思いますが、
日々日々、精一杯で
気づいたら15年も経ってた!
というのが正直な気持ちです^^;


娘は高校1年生、
息子は中学2年生、


少しずつ親と行動する時間が減ってきて、
週末を夫婦2人で過ごすことも
増えてきました。


子供達が幼稚園だった頃は、
そんな日が来るとは、
想像できませんでした。


これからは、
どんどん夫婦で過ごす時間の方が
長くなっていくんだな〜と思うと、
子供と一緒にいられる時間は、
ほんのわずかなんだと気づきます。


とはいえ、小学校受験を目指す
お母様たちは、
ずっと遠い先の未来にしか
思えないですよね^^;





先日、願書コンサルにいらしたお母様が


「夏期講習をどれを受けさせるか
選んで夫に報告したら、


『A小学校より、B小学校の学校別が
必要なんじゃないの?』

『そんなにお金かけるなんて、
金銭感覚が麻痺してるんじゃないの?』



なんて言われて、
ちょうど揉めてたところです(笑)」


と苦笑いしながら、
おっしゃっていました。


夫婦で、教育や子育ての考え方が違うのは、
よくあること。


私もそうですが、
どうしても母親というのは
自分の方が接する時間が長いので、
私の思う通りにさせて欲しい!
と自分の正しさを主張したくなりますよね^^;


でもね、ココをうまくやれると、
小学校受験はもちろんですが、
後々の夫婦関係もうまくやれるんじゃないかな・・・
と思います。


夫婦で、志望校や教育方針が違うとき


6月4日(月)21:00〜配信の
メルマガで詳しくお話ししますね。



メルマガのご登録がまだの方はこちら





テーマ:
こんにちは 星野千加です。


昨日は、


願書作成と面接対策が楽になる!
小学校受験 学校見学のしかた講座


を開催しました。





受験塾以外のこうした講座に参加されるのは、
皆さんはじめてだそうで、


「よく見つけてくださいましたね!
それに、よく申し込んでくださいましたね!」


と言うと、


「検索してたらブログにたどり着いて、

ブログ読んでたら、
ぜひ会いたいと思って…」



とおっしゃっていました。


私は元学校の先生でもないし、
塾の先生でもありません。


その上、星の数ほどあるブログに
たどり着いてくださって、


すでに塾にも通っていらっしゃるのに、
私の講座を受けに来てくださる。


毎回、奇跡のご縁に感謝しかありません❤︎





講座では、学校見学をするときに、
どんな情報を集めてこなくてはいけないか?
についてお伝えしました。


この「集めるべき情報」は、
ご家庭によって、全然違います。


なぜなら、ご家庭の教育方針が
それぞれ違うからです。



それをお一人お一人、
集めるべきポイントをお伝えしました。





入試を受ける、
願書を提出する、
面接を受ける、



そうした前提を持って、
しっかり準備してから見学に行くのと、
なんとなく見学に行くのでは、
「アンテナ」の立て方が違います。



当然、集められる情報も
差が出ます。


未来から逆算して準備をすると、
合格に近づきますよ^^


マンツーマンの願書&面接コンサルは、
そろそろお受けできる枠が少なくなってきました。



直前になって慌てないように、
お早めに準備をスタートしてくださいね♪


マンツーマンの願書&面接コンサルはこちら






テーマ:
こんにちは 星野千加です。



私立小学校を受験予定のお母様は、学校説明会、運動会、公開授業など、すでに参加なさっていることだと思います。



初めての小学校受験、どうすれば合格できるの?

たくさん学校があって、どこをどう見学してくればいいの?

うちの子に合った学校はどこ?



お子様の大切な未来だと思うと、失敗したくない、後悔したくないと思いますよね。


学校見学をするには、大きくわけて2つのポイントがあります。


1.うちの子の志望校になるか見極める

2.「キラリと光る志望理由」の材料を見つける



学校見学から、入試は始まっているのです^^


お受験ママの勉強会をいたします。





テーマは、


願書作成と面接対策がラクになる!
キラリと光るアピールができる!
学校見学のしかた






学校見学から、願書作成、受験までの全体像が分かるので、自信を持って、悔いのない受験ができますよ。


願書作成コンサルや面接対策コンサルでは、学校見学のコツも必ずお伝えしています。


なぜなら、学校見学で志望理由となる材料が、しっかり集まっていないと、願書でアピールできないからです。


あるお母様は、塾の先生に、私と一緒に作った願書を添削していただいて、


「とても具体的で、素晴らしいですね!」

と一発合格だったとご報告くださった方もいました。


塾の先生も、毎年たくさんの願書を添削なさっていますから、目は厳しいはず。


一方では、塾での添削が物足りないと、私の願書作成サポートを受けていただき、さらに、深めて提出され、見事合格された方もいました。


もちろん、願書だけが合格の秘訣ではなかったと思いますが、何より、自信を持って願書を提出できたことがよかったとおっしゃっていました。


私自身、たくさんのご家庭のお手伝いをするうちに、合格への秘訣が蓄積され、願書作成を見据えたアドバイスができるようになってきました。





昨年、願書作成で、お手伝いさせていただいた学校は、


・学習院幼稚園
・学習院初等科
・青山学院初等部
・慶應幼稚舎
・慶應横浜初等部
・雙葉小学校
・白百合学園小学校
・東洋英和女学院
・東京女学館小学校(AO・一般)
・聖心
・目黒星美
・昭和女子
・日本女子大附属豊明幼稚園
・日本女子大附属豊明小学校
・森村学園
・桐光小学校
・国府台女子学院小学部
・筑波大附属小学校
・お茶の水大学附属小学校



などなど。


2018年度受験の新年長さんは、特に、志望校に訪問できるチャンスは限られています。


これまでにも、なんとなく学校見学してしまって、願書を作る時に困る方が続出でした。


もし、あなたが学校の先生だったら、パンフレットに書かれているような、学校の特徴を並べた志望理由を読んでも、嬉しくないと思うのです。


先生方は、またか~と思っているかもしれません。


学校見学に行くときは、


お子さんに本当に合った学校を選び、志望校にアピールできる、キラリと光る願書をつくるために、「教育方針と将来のヴィジョン」を決めていきましょう^^

勉強会では、
「教育方針と将来のヴィジョン」を
簡単に作れるチャートを使います。


名前は「VERY Chart(ヴェリィ・チャート)」


image


「VERY」は、雑誌の「VERY」じゃありませんよ(笑)


ちゃんと、意味があります。


「V」は Vision (ヴィジョン)

「E」は Education(エデュケーション)

「R」は Relations(リレーションズ)

「Y」は お子様、保護者、学校の3者をつなぐ象徴のカタチ



カンタンに説明すると、


将来のお子様のヴィジョンと学校が掲げる教育のヴィジョン

ご家庭の教育方針と学校の教育方針

お子様のキラリと光る個性と学校の魅力



それぞれがリンクしあうことで、つながり(ご縁)が生まれます。


VERY Chart(ヴェリィ・チャート)の質問に
順番に答えていくと


・将来のヴィジョン

・教育方針

・キラリと光るエピソード


が自然とうかびあがり、


お子様に本当に合った志望校を選ぶことができる


だからこそ、キラリと光る個性をアピールしながら、
願書と面接対策ができる



そんなチャートになっています。


講座では、VERY Chart(ヴェリィ・チャート)を
実際に使っていただきます。


講座に参加なさった方のご感想です。

===============

昨年、幼稚園三年保育受験をしましたが、
残念な結果に終わり、
今年二年保育受験を予定しています。


星野先生の講座を受けて、
昨年提出した願書が
なんと薄っぺらい内容であったのか、
と恥ずかしくなりました。


自分ではたいしたことないと思っている
家庭の出来事も、


星野先生の手にかかると、
立派な自己アピールに生まれ変わり
驚きました。


実は他のところで
お受験カウンセリングを
受けたことがあるのですが、


よいアドバイスのためにと、
こちらの個人情報は
根掘り葉掘り詳しく聞かれるのに、


二年保育受験は狭き門であるから
難しいとのこと。


やんちゃな娘を見て
「共学向きですね」といった
的を得ているのかどうかわからない
アドバイスだけで
どんよりして帰宅したことがあります。


そちらと比べると星野先生の講座は、
とてもオープンで明るく、
何を話しても否定されない
温かい雰囲気で自信が持て、
今後の受験活動が楽しみに
なってきました。

==============

星野様のようなセミナーに
参加するのは初めてだったため、
行く前は少しどきどきしていたのですが、
今回思い切って参加して
本当に良かったと思っています。


星野様も本当に素敵な方でした。


セミナーに参加し、
願書作成に希望が見えるようになりました。


以前願書を書いてみても
どこか抽象的であったり、
学校説明会に行ってみてるものの、
なにか漠然としていましたが、
これからはVERYチャートも
活用して頑張りたいと思いました。


先日下の子供の幼稚園(プレ)の考査があり、
(お受験幼稚園というほどではないですが)


志望動機や教育方針について
記載する欄があったのですが、
さっそく星野さまのセミナーの効果があって、


思いのほかしっかりと書ける自分に
びっくりすると同時に大変感謝な思いでした。


また、ぜひ機会がありましたら
セミナ ーの参加や個別でのご相談など、
お願いしたいと思いました。

=============

今年、学校説明会で
願書を購入してみてみたものの、
正直大したことが書けなくて、
一年後に書けるのか危機感を感じでおりました。


自分の中で漠然と感じていたものを
言葉や文字にしてみることが、
出来るようで出来なくて、
今回講座を受けてみて、
たくさんのヒントを頂けました。


残り1年ですが、
出来るだけ説明会や行事に出向いて、
頂いたアドバイスを元に
たくさんの材料を持ち帰りたいと思います。


それと、客観的に見ることの
大切さも身にしみました。


悩んだら、アレをやってみます!


我が家は受験に関しては
ワンオペになりがちで、
主人とも共有出来てないことが
たくさんあるので、それも反省しました。

================

今日はとても実りのある講座を
ありがとうございました。


何気なくスタートした小学校受験でしたが
年長になりいよいよというところで
何だかふわふわと落ち着かない心でいましたが
どうしてなのかがよくわかりました。


受験に向けて私自身が初めてで不安だったのです。


その不安が、今日の講座での


子供にどうなって欲しいのか
こちらの対応を子供の立場になって考えると
どうとらえられるのか、


などワークする中で


すーっと消えた気がして、前に進めそう!
という気持ちになりました。


この時期にこのような講座を受けることができて
本当に良かったと思っています。

=============


この時期に、下準備をしておくことで、
学校見学が有意義なものになります。


「VERY Chart(ヴェリィ・チャート)」は、
これまでの願書作成サポートの経験から、


・志望校選び

・願書作成と面接対策


がラクになるように作られた、オリジナルのチャートです。


中には、お子様の性格と志望校が、
全然合わないと焦っている方もいるかもしれません。


評判やブランドだけで、学校を選んでしまうと、
6年、12年、16年と過ごすかもしれないお子様は、
居心地の悪い想いをすることになりかねません。


お子様の未来のためと思ったのに、
残念なことになることもあります。


教育方針やヴィジョンを決めて、学校見学に行くと、
お子様にピッタリの学校が見つかるかもしれないのです。


講座では、


・学校見学の目的

・志望校に子供を合わせるより、
 子供に合った志望校を選ぶ方法

・学校見学に行く前にやっておくこと

・学校説明会、運動会、公開授業、作品展、
 学芸会の見学のポイント

・教育方針や将来のヴィジョンを作るワーク



こんな内容を予定しています。


・ポイントを踏まえて見学してみると、
今まで見えなかった学校のカラーが見えてくるかもしれません。


・長期的な視野で、お子様の合った学校選びができ、
キラリと光る志望理由が作れます。


・やるべきことがクリアになって、不安から解放されます。


・子供の個性に気づけるので、いいところをぐんぐん伸ばせます。


・小学校受験に向けて、家族でお互いのことを共有するので、絆が深まります。



楽しく、安心して、我が家らしい、小学校受験をしませんか?


願書作成と面接対策がラクになる!
キラリと光るアピールができる!
学校見学のしかた講座


日時:2018年5月28日(月)10:30〜12:30


場所:

東急東横線 日吉駅より徒歩3分
東京メトロ目黒線・南北線 日吉駅より徒歩3分


定員:4名 満席


価格:2万円


参加資格:私立、国立幼稚園、小学校受験を予定の保護者様


・幼児教室、同業者などの方のご参加は、ご遠慮ください。

・お子様連れでのご参加は、ご遠慮ください。





青山学院初等部/学習院初等科/慶應義塾幼稚舎/白百合学園小学校/成蹊小学校/成城学園初等学校/聖心女子学院初等科/田園調布雙葉小学校/東京女学館小学校//東洋英和女学院小学部/日本女子大学附属豊明小学校/雙葉小学校/横浜雙葉小学校/立教小学校立教女学院小学校/早稲田実業学校初等部/暁星小学校
こんにちは 星野千加です。


昨日は、6ヶ月間の
小学校受験ママの子育てコーチング講座の
最終回でした。





「今、困ってることや
変えていきたい状況はありますか?」



とお尋ねしましたら、


「困ってること、困ってること…
うーん、思いつかないなー。

強いて言うなら、●●ですかね…。

たいして困ってないけど。」



と皆さんおっしゃるのです(笑)


スタート時には、
あんなに困ったことがあったのに、
たくさんワークを重ねる度に、
どんどんクリアになって、


問題が問題ではなくなっている


のでした^^





●進んでお手伝いしてくれるようになりました。

●自分のことを自分でするようになりました。

●朝の支度にイライラさせられることが減ってきました。

●旦那さんが、楽しく勉強できる工夫をしてくれるようになりました。

●仕事と受験、どっちつかずでいっぱいいっぱいだったけど、仕事を減らしてゆとりある生活に変えることができました。



などなど。

***


嬉しい変化のお声がたくさんありました^^


①自分と他人は違う
②相手は変えられない
③だから、自分が変わる



コーチング講座では、
この「前提」をベースに、


・捉え方
・考え方
・行動
・習慣
・環境
・コミュニケーション



などを変えるワークをたくさんしました。





子育てや受験で起こりがちなのは、


「子どもを思い通りにコントロールしたい」


という、執着心です・・・。


自分は正しくて、相手は間違っている
→I'm ok. But you're not ok.



から、


自分もマル、相手もマル
→I'm ok. And you're ok.



へと、同一視やコントロールを手放せると
不安から子どもを縛りつけるのではなく、
信頼で見守ることができるようになります。


ギスギスお受験から、ニコニコお受験へ♪


一生に一度の小学校受験ですから、
ラスト1年を、楽しんでいただきたいなと
思います。





次回の小学校受験ママの子育てコーチング講座は、
9月末から10月上旬に募集開始の予定です。


ご興味のある方は、先行して募集スタートの
ご案内をいたしますので、
事前登録してお待ちください。


(事前登録は、お申し込みを確定するものではありません。)


事前登録はこちらから







テーマ:
こんにちは 星野千加です。


「幼稚園受験の時、
夫婦で必死に考えて書いた
小学校受験の願書を、
塾の先生にみてもらったら、
『全部書き直して』と言われました。


ネットでいろいろ探してたら、
星野さんを見つけたんです。


ブログを読んで、感動しました!


オンライン教材を購入して、
書き直した願書を提出したら、
一発OKだったんです!」



と、本日、
願書作成コンサルにいらしたお母様。


オンライン教材がお役に立てて、
良かったです^^


3月に入って、願書作成コンサルが
続いております。


VERY Chart(ヴェリィチャート)と
志望理由テンプレートが大活躍です。






でも、多くのお母様がつまづかれるのが、
「キラリと光るエピソード集め」と
「差をつける志望理由の材料集め」です。



そもそも、願書でアピールできる
エピソードってどういうもの?



ココがわかっていないと、
集め方もわからないですものね。


願書作成コンサルでは、
マンツーマンで、


このお子様にぜひ、
このご両親にぜひ



と思っていただける材料集めの仕方を
たくさんの事例とともに
アドバイスしています。


すると、みなさん、
だんだんコツをつかまれ
日常生活でも拾えるようになってきます。


入試直前にエピソードを探し始めるのでは遅い!


これは、毎年願書のお手伝いをしていて、
感じること。


今から、願書を意識して準備を始めてくださいね。


2018年度の願書作成コンサルの詳細はこちらです。














テーマ:
こんにちは 星野千加です。


今日は、6回連続の


「キラリと光る子に育つ!
小学校受験ママの子育てコーチング講座」


5日目でした。





フルタイムで働くお母様も3人いらして、
みなさんお忙しい中、
時間を調整しながら、
毎月1回通ってくださっています。


元気すぎて、すぐに調子に乗って
ハチャメチしちゃう。


人見知りすぎて、挨拶できない。


負けず嫌いがすぎて、
すぐに泣き出してしまう。


食事中、フラフラ歩き回ってしまう。


分からない問題があると、
すぐふてくされてやる気をなくす。


などなど、みなさんそれぞれに
親子で乗り越えたい課題がおありで、
やる気を引き出せる声のかけ方を
たくさん学びあいました。





食事の時のマナーを身につけて欲しいのに、
フラフラ立ち上がってしまったり、
なかなか食べなくて、お困りだったお母様。


お子さんが落ち着かない理由は、
食事の時、温かいできたてのものを
食べさせようと、席を立つことが多く
お母様が一緒に食べていなかったからだと
気づかれました。



お子さんは、


「ママと一緒に食べたいよう。
ママとたくさんおしゃべりしたいよう。」


と思っていたのですね。


そのことに気づかれてから、
午前中に夕食の下ごしらえをして、
一緒に座って食事をするように
生活リズムから見直しをなさいました。


すると、


「すごく話が弾んで、
楽しい食事の時間を過ごせるように
なりました。」



とおっしゃっていました。


楽しく食事ができるようになって初めて
マナーも身につきますものね^^





また、別のお母様は、


「たくさん習い事を掛け持ちしていて、
遊ぶ時間がなくて、かわいそう・・・


でも、次の予定へと、
子供をせかしながら、
あちこち連れて回る日々です。」


と、毎日、罪悪感を感じながら、
お子さんをたしなめていらっしゃいました。


お子さんの本当の気持ちを感じ取ったり、
ご自身の本音に気づくことで、


「すごく不思議なことが起きたんです。


夫が、いろんな提案をしてくれて、
習い事を整理できたり、
志望校に合わせたお引越しも
視野に入れてくれたり。


子供も私も、負担が軽くなりました。」


とおっしゃっていました。





受験のストレスって、
自分でも気づいていないことが
原因になっていることも多いもの。


お母様の心が安定すると、
自然と心にゆとりが出て、
お子さんへの声のかけ方も
変わってくるんですね。


こんな風に、表面的な対処法だけでなく、
心の深いところから変化できるような、
コーチングを学んでいただいています。



受験のためだけでなく、
この先ずっと続く子育てや
お仕事、夫婦関係、ママ友との関係も
どんどん変化していきます^^


大人と違って、幼児は付け焼き刃がききません^^;


1日1日が積み重なって、
行動観察や指示行動で、
自然と、キラリと光るもの。


着眼点、捉え方、コミュニケーションを
柔軟に変えながら工夫できる母親力を
磨いてくださいね。



小学校受験ママの
子育てコーチング講座への
お問い合わせをちらほらいただいておりまして、


急遽、次の期の募集をしようか検討しております。


全6回の連続講座ですので、
これから開催するとなると、
年長さんのお母様が受けていただくには、
4〜9月となります。



年中さん、年少さんのお母様も
受講いただけます。


コーチング講座、受けたいな〜という方
いらっしゃいますか?


ご興味がある方は、開催決定と募集の際は、
優先的にお知らせいたします。



下記フォームに事前登録してお待ちください。


事前登録はこちら