キラリと光る!小学校受験の合格願書と面接対策

都内、神奈川など、難関私立小学校や私立幼稚園の願書作成や面接対策のサポートをしています。
「我が家らしさ、我が子らしさ」をアピールしながら、キラリと光る秘訣をお伝えします。

こんにちは 星野千加です。


本日から始まりました、


2018年度 キラリと光る子に育つ!
小学校受験ママの子育てコーチング講座






参加者さまのお一人が、


「星野さんのブログを夫に見せたら、
『ぜひ、コーチング講座に行ってきなさい』
と言ってくれたので、参加しました。」


とお話してくださいました。


ビジネスの現場にも
浸透してきているコーチング。


もしかしたら、その価値は、
お父様の方が、よくご存知かもしれませんね。


受験に熱心なお父様もいらっしゃれば、
むしろ、反対しているお父様も
いらっしゃるかもしれません。


私はいつも、


旦那さまが気持ちよく賛成してくれ、
お金を出してくれるようなサービスづくりと
ブログでの発信を心がけよう!



と実は、すごくすごく気をつけておりました。


だって、反対されながらより、
賛成してもらって、
学んだことをご夫婦で
シェアしあえたら、
もっと、学びは深くなりますものね。


それが、子育てにも、受験にも
活かされるというもの。


だから、この参加理由をうかがって、
本当にうれしかったです^ ^






6回連続の子育てコーチング講座。


1回目の今日は
ラスト1年をどう過ごせばいいのか?
「羅針盤を作る」





オリジナルのチャートを用いて、
ラスト1年を過ごすための
羅針盤を作っていただきました。


現在地も、目的地もわからず、
しかも、地図も持たずに歩くのは、
不安で、不効率なことだと思いませんか?


しっかり現在の課題を見つめ直し、
どこに向かって進めばいいのか目的を決め
そのために、どんなルートを通ればいいのか、
道筋を描いていただきました。






6ヶ月後のみなさんの変化が
楽しみです^^



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 星野千加です。


11月28日に開催予定の、


願書作成と面接対策がラクになる!
学校見学のしかた講座


に、事前登録してくださったお母様から、
こんなメッセージをいただきました。


===============

年中4月から通塾し、
受験対策をしております。


志望校選びで苦労しています。


自宅から通える範囲の学校で
「この学校!」という学校に巡り合えていません。


このまま小学校受験にするのか、
選択肢の広がる中学受験にしたほうが良いのか、
悩んでいますので
ぜひ参加させていただきたいです。


================


特に、男の子は学校数も少ないこともあり、
小学校受験にするか
中学受験にするか、
悩まれるご家庭は多いです。


おっしゃる通り、
中学受験になると、選択肢がぐんと
広がりますものね。


願書作成と面接対策がラクになる!
学校見学のしかた講座



では、


VERYチャートを用いて、


1.将来のお子様の教育のヴィジョン

2.ご家庭の教育方針

3.お子様の個性


を棚卸ししていきます。





学校にお子さんを合わせるのではなく、
お子さんに合った学校を選ぶために、
この「棚卸し」はとても大切です。


そして、棚卸しすることで、
学校訪問した際の、
見るべきポイントも分かるようになります。


ポイントを踏まえて見学してみると、
今まで見えなかった学校のカラーが
見えてくるかもしれませんね^^


11月28日に開催予定の、


願書作成と面接対策がラクになる!
学校見学のしかた講座



詳細はこちらをご覧ください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 星野千加です。


ママのお悩みメール相談室に、
こんなご相談をいただきました。


==============

体操教室を嫌がります。


半年間毎週のように見学しておりましたが、
ようやく参加できるようになってきたのに、
また最近嫌がるように。


運動は得意ではないけれど、
指示行動はきちんとできています。


先生は厳しいけれど嫌がる息子を、
それはそれとして見守ってくださっていて、
参加できるようになった時は
本当に喜んでくださいました。


私としては、
困難から逃げず乗り越えて欲しいと
思っているのですが、


それを4歳児に求めるのは酷なことなのか、
やめるべきなのかと悩んでいます。


遊びたい盛りの子を
嫌がる教室に連れていくのは心身ともに疲れます。

==============


親として、
子供のため、



いろんなことを思えば思うほど、
葛藤しますよね。


そういえば、うちの息子は、
スイミングスクールを嫌がって、
毎週スイミングの日の朝になると、
しくしく泣いていたのを
思い出しました^^;





夫が、


「男が泳げないなんて、
恥ずかしいぞ。


平泳ぎ、背泳ぎ、クロールの
3泳法だけは進級チェックに合格するまで
がんばろう」



となだめすかして、
なんとか通わせておりました。


また、中学受験の時には、
いざ塾に通い始めると、
塾に行きたくないと言い出し、
しまいには、塾のことを考えると
学校でも気分が悪くなって、
保健室へいくようになりました。


夫が、


「ここでがんばらないと、
将来、大きな差がつくんだぞ!

パパは、負けてほしくないんだよ」


とハッパをかけて、
勉強をみてやっていましたが、
どんどん息子の元気がなくなってきて、


「わかった、もう受験はやめよう」


と、結局、中学受験をやめたのでした。


すると、みるみる息子は元気になって、
家族みんなで苦笑いしたことを
覚えています。





果たして、息子の忍耐力を
育むチャンスを逃してしまったのか、
それは、今はわかりません。


ただ、なぜこうなったのかと、
振り返ってみると、
明確な理由がありました。


息子自らやりたいと言い出したことではなく、
大人がそのように仕向けてしまったから。



息子も親の期待に応えようと、
精一杯がんばってくれたのですが、


「僕は、本当はやりたくないのに!」


という心の声が勝ったのだと思います。


ある意味、正直で、強いな〜と思います。


それだけ、


「好き!」
「やりたい!」



と自ら願って行動するかしないかの
パワーは強いのだと思います。


体操教室に行くのがいやで、
メソメソ泣くのは、
一見弱い子に見えるかもしれません。


でも、私は息子の経験から、
むしろ、意志の強い子なのでは?
と思います。


パパやママがこわいから、
泣くという手段しか取れないだけで(笑)


そして、パパやママを悲しませなくないという
優しい子でもあると思います。


嫌なものを嫌!と主張できることは、
将来、本当にやりたいことを見つけた時、
底知れぬパワーを持っているのでは?と
私は思います^^



その証拠に、息子が何かに夢中になると
寝食忘れて、没頭しますから。


その集中力、探究心があれば、大丈夫!


とお気楽な私は、
のんびり構えております(笑)


とはいえ、小学校受験を目指している
お母様には、そんなにのんきなことも
言っていられないかもしれませんね。


こういったご相談を頂いた時、
コーチング講座で、
必ず、やっていただくワークがあります。


そのワークをすると、
みなさん、どうすればいいのか、
自分で答えを見つけることができるのです。


誰かのアドバイスを
不承不承ながら受け入れるのではなく、
ご自身でスッキリと納得して、
どうすればいいのかを決断できるワークです。



そして、お子さんを信じ、
見守ることができるようになっていきます。


小学校受験や体操教室だけでなく、
これからも子育てで葛藤することは
たくさんあります。


その度に、右往左往しながら、
心身ともに疲れ果てて子育てするのではなく、
軸を持って子育てできるようになります。



そのワークの簡単なやり方を
来週火曜日のメルマガで
お話ししたいと思います。


メルマガに登録がまだの方は、
こちらから登録してお待ちください。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 星野千加です。



私立小学校を受験予定のお母様は、学校説明会、運動会、公開授業など、すでに参加なさっていることだと思います。



初めての小学校受験、どうすれば合格できるの?

たくさん学校があって、どこをどう見学してくればいいの?

うちの子に合った学校はどこ?



お子様の大切な未来だと思うと、失敗したくない、後悔したくないと思いますよね。


学校見学をするには、大きくわけて2つのポイントがあります。


1.うちの子の志望校になるか見極める

2.「キラリと光る志望理由」の材料を見つける



学校見学から、入試は始まっているのです^^


11月に、お受験ママの勉強会をしようと思っています。


image



テーマは、


願書作成と面接対策がラクになる!
キラリと光るアピールができる!
学校見学のしかた



学校見学から、願書作成、受験までの全体像が分かるので、自信を持って、悔いのない受験ができますよ。


願書作成コンサルや面接対策コンサルでは、学校見学のコツも必ずお伝えしています。


なぜなら、学校見学で志望理由となる材料が、しっかり集まっていないと、願書でアピールできないからです。


あるお母様は、塾の先生に、私と一緒に作った願書を添削していただいて、


「とても具体的で、素晴らしいですね!」

と一発合格だったとご報告くださった方もいました。


塾の先生も、毎年たくさんの願書を添削なさっていますから、目は厳しいはず。


一方では、塾での添削が物足りないと、私の願書作成サポートを受けていただき、さらに、深めて提出され、見事合格された方もいました。


もちろん、願書だけが合格の秘訣ではなかったと思いますが、何より、自信を持って願書を提出できたことがよかったとおっしゃっていました。


私自身、たくさんのご家庭のお手伝いをするうちに、合格への秘訣が蓄積され、願書作成を見据えたアドバイスができるようになってきました。


image


昨年、願書作成で、お手伝いさせていただいた学校は、


・学習院幼稚園
・学習院初等科
・青山学院初等部
・慶應幼稚舎
・慶應横浜初等部
・雙葉小学校
・白百合学園小学校
・東洋英和女学院
・東京女学館小学校(AO・一般)
・聖心
・目黒星美
・昭和女子
・日本女子大附属豊明幼稚園
・日本女子大附属豊明小学校
・森村学園
・桐光小学校
・国府台女子学院小学部
・筑波大附属小学校
・お茶の水大学附属小学校



などなど。


2018年度受験の新年長さんは、特に、志望校に訪問できるチャンスは限られています。


これまでにも、なんとなく学校見学してしまって、願書を作る時に困る方が続出でした。


もし、あなたが学校の先生だったら、パンフレットに書かれているような、学校の特徴を並べた志望理由を読んでも、嬉しくないと思うのです。


先生方は、またか~と思っているかもしれません。


学校見学に行くときは、


お子さんに本当に合った学校を選び、志望校にアピールできる、キラリと光る願書をつくるために、「教育方針と将来のヴィジョン」を決めていきましょう^^

11月の勉強会では、
「教育方針と将来のヴィジョン」を
簡単に作れるチャートを使います。


名前は「VERY Chart(ヴェリィ・チャート)」


image


「VERY」は、雑誌の「VERY」じゃありませんよ(笑)


ちゃんと、意味があります。


「V」は Vision (ヴィジョン)

「E」は Education(エデュケーション)

「R」は Relations(リレーションズ)

「Y」は お子様、保護者、学校の3者をつなぐ象徴のカタチ



カンタンに説明すると、


将来のお子様のヴィジョンと学校が掲げる教育のヴィジョン

ご家庭の教育方針と学校の教育方針

お子様のキラリと光る個性と学校の魅力



それぞれがリンクしあうことで、つながり(ご縁)が生まれます。


VERY Chart(ヴェリィ・チャート)の質問に
順番に答えていくと


・将来のヴィジョン

・教育方針

・キラリと光るエピソード


が自然とうかびあがり、


お子様に本当に合った志望校を選ぶことができる


だからこそ、キラリと光る個性をアピールしながら、
願書と面接対策ができる



そんなチャートになっています。


講座では、VERY Chart(ヴェリィ・チャート)を
実際に使っていただきます。


この準備をしておくことで、
学校見学が有意義なものになります。


「VERY Chart(ヴェリィ・チャート)」は、
これまでの願書作成サポートの経験から、


・志望校選び

・願書作成と面接対策


がラクになるように作られた、オリジナルのチャートです。


中には、お子様の性格と志望校が、
全然合わないと焦っている方もいるかもしれません。


評判やブランドだけで、学校を選んでしまうと、
6年、12年、16年と過ごすかもしれないお子様は、
居心地の悪い想いをすることになりかねません。


お子様の未来のためと思ったのに、
残念なことになることもあります。


教育方針やヴィジョンを決めて、学校見学に行くと、
お子様にピッタリの学校が見つかるかもしれないのです。


講座では、


・学校見学の目的

・志望校に子供を合わせるより、
 子供に合った志望校を選ぶ方法

・学校見学に行く前にやっておくこと

・学校説明会、運動会、公開授業、作品展、
 学芸会の見学のポイント

・教育方針や将来のヴィジョンを作るワーク



こんな内容を予定しています。


・ポイントを踏まえて見学してみると、
今まで見えなかった学校のカラーが見えてくるかもしれません。


・長期的な視野で、お子様の合った学校選びができ、
キラリと光る志望理由が作れます。


・やるべきことがクリアになって、不安から解放されます。


・子供の個性に気づけるので、いいところをぐんぐん伸ばせます。


・小学校受験に向けて、家族でお互いのことを共有するので、絆が深まります。



楽しく、安心して、我が家らしい、小学校受験をしませんか?


願書作成と面接対策がラクになる!
キラリと光るアピールができる!
学校見学のしかた講座


日時:11月28日(火)10:30〜12:30


場所:

東急東横線 日吉駅より徒歩3分
東京メトロ目黒線・南北線 日吉駅より徒歩3分


定員:4名


価格:2万円


参加資格:私立、国立幼稚園、小学校受験を予定の保護者様


・幼児教室、同業者などの方のご参加は、ご遠慮ください。

・お子様連れでのご参加は、ご遠慮ください。



ご興味のある方は、
先行して募集のご案内をいたしますので、
事前登録をしてお待ちください。


事前登録はこちら




青山学院初等部/学習院初等科/慶應義塾幼稚舎/白百合学園小学校/成蹊小学校/成城学園初等学校/聖心女子学院初等科/田園調布雙葉小学校/東京女学館小学校//東洋英和女学院小学部/日本女子大学附属豊明小学校/雙葉小学校/横浜雙葉小学校/立教小学校立教女学院小学校/早稲田実業学校初等部/暁星小学校
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 星野千加です。


先日よりお知らせしておりました、


キラリと光る子に育つ!
小学校お受験ママの子育てコーチング講座



2日で満席となりました。


お申し込みいただいた皆さんと、
6ヶ月間、楽しく学んでまいりたいと思います^^


さて、ママのお悩み相談室に、
こんなメールをいただきました。


====================

1月の国立小学校受験に向けて
年長の4月から勉強を始めました。


最初は楽しく取り組んでいましたが、
問題が難しくなるにつれ、
また苦手なのか工作、絵画を
嫌がるようになりました。


勉強は必ず為になると、
1日少しずつでも続けてはいるのですが、
やりたくないと言いながら、やっています。


わからないと怒る、教えてると怒る、
向き合うこともなかなか難しい時も多いです。



どうしたら、やる気が出るのでしょうか。


==================


本来は、お絵描きも工作も
楽しくやるものなのですけど、
小学校受験のため!となると、
そうも言っていられないのが、
お母様としても心苦しいですよね^^;


それに、子供はみんなお絵描きや工作が好き
とは限りませんものね。


ハーバード大学教授の
ハワード・ガードナーさんが発表したMI理論
という説がありまして、


『人間は誰しも8つの知能を持ち
そのいずれかに優れていたり
苦手だったりするものである。』



という考え方です。8つの知能とは、


・言語・語学知能(言葉を使って目的を達成する能力)

・論理・数学的知能(分析、計算、論理的思考を使う能力)

・視覚・空間的知能(立体や映像をイメージする能力)

・音楽・リズム知能(音程、リズムを取れる能力(絶対音感とも関係あり?))

・身体・運動感覚知能(手先、体をイメージどうりに操作する能力)

・博物学的知能(動植物、自然の違いを理解する力)

・内省的知能(自分自身の状態、能力、趣味趣向について理解する力)


お絵描きや工作は、
視覚・空間的知能(立体や映像をイメージする能力)を
必要とします。


それだけでなく、手先を自由自在に動かす、
身体・運動感覚知能(手先、体をイメージどうりに操作する能力)も
必要です。





8つの知能は、
必ずしも同じスピードで発達するわけではありません。


だから、苦手な知能を必要とする作業などは、
楽しいと思えず、強制させられていると
お子さんが感じてしまうのも無理はないかもしれませんね。


娘は、お絵描きや工作があまり得意ではなく、
私もとても苦労したことを覚えています。


そして、中学生になった今でも
図工、美術は苦手で成績もパッとしません^^;


一方、息子は、お絵描きや工作が
3度の飯より好きな子でして、
放っておいても、夢中になってやっている
そんな子でした。


そして、小学校の時には、
絵画で賞をいただいたこともあり、
図工、美術が一番好きな教科です。





反対に、娘は、
言語・語学知能が得意分野のようで、
作文を書いたり、スピーチをしたり、
言葉を使って、自分を表現するのが得意。


息子は、
言語・語学知能が苦手で、
いつも姉から、


「あんたの話は、支離滅裂で
何言っているかわかんない!

もっと、わかりやすく話してよ!」


と痛烈にやり込められています(笑)


こんな風に、お子さんによって
知能の発達がバラバラで、
しかも、得意不得意があると
知っていると、


「ま、仕方ないわね。

一生懸命、がんばっているものね。」



とイライラ度が軽減されるかもしれませんね。


でも、苦手を少しでも伸ばしてやりたい!
いえいえ、そうしないと
小学校受験に合格できないわ・・・


と思うのが親心かもしれませんね。


お勉強で少しこじれてしまった
親子関係を良好にしながら、
苦手なことのやる気を引き出すコツ



来週火曜日のメルマガで
お話いたしますね。




メルマガのご登録がまだの方はこちらから
登録してお待ちください。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんにちは 星野千加です。


本日、10時より
メルマガより募集スタートいたしました、


2018年度 キラリと光る子に育つ!
小学校お受験ママの子育てコーチング講座



2日で満席となりました。


昨年、コーチング講座を受講なさった
お母様方からは、
こんなメッセージとともに
お申し込みいただきました。


------------

子供の良さを伸ばしてあげたいと
心から思うのですが、


習い事の練習など気がつけば
「何故できないの!」と
強い言葉を吐いてしまったり、
反省したりの繰り返しです。



自分の為にも必要な講座と思い受講希望します。

--------------

娘を追い詰めてしまうのでなく、
娘に寄り添いながら共に成長するために
申し込むことを決めました。

--------------

体調がすぐれず、
自分が思うように動けない時など
イライラを娘にぶつけ、


「あなたがいい子だったらママは怒らないに!」


と暴言を吐く日々。
夜中には自己嫌悪で凹む毎日です。


キラキラ楽しいお受験に憧れています!

--------------

何回伝えても、軽く受け流して
結局、間違えてしまいます。


その度に、怒ってしまったり、
子供一人に私の時間を
束縛されていると感じることもあり、
罪悪感を感じることもあります。


---------------

受験最後の一年と思うと
母としては肩の力が入り過ぎてしまい、
息子の自我と気持ちがぶつかり合う毎日です。



母の心を強く、忍耐と愛情を優先したいのに、
自己愛から子供にきつく当たり
反省する負のスパイラルです。


息子の自分らしさを殺さないように、
受験が成功しても失敗しても、
トラウマを与えないようにしたいです。



ぜひ、自分自身のコーチングを学びたいです。

----------------


こうしたメッセージを拝見していると、


思い通りにいかないことへの、苛立ち

他の子と比べてしまう、焦りや不安

フツフツと湧き上がってくる激しい怒り

そして、またやってしまったという自己嫌悪



こうした日々襲ってくる感情を
小学校受験をきっかけに
浮き彫りになってくるのだと感じます。


「母親力」「家族力」などと、
言われたりすることもあります。


今となっては、


「そんな完璧なお母さんなんていないわよね!」


と堂々と言えますが(笑)


でも、小学校受験は、
私自身、母親としての「資質」を
否が応でも成長させてくれたと
確信しています。


それだけ、親子ともに
チカラを試され、一緒に成長できる
すばらしい機会なのだと
私は思っています。


お子さんが日々、様々なことに挑戦し
成長していくのと同時に、
お母様も「母親力」を磨く
絶好のチャンスなんだと思います。


あるお母様が、


「娘がどんどん成長していくので、
私が取り残されそうだと思って
私も一緒に成長しよう!と
コーチング講座を受けました。」


とおっしゃっていました。


自分の感情に振り回され、
お子さんに振り回され続けるのではなく、


自分自身をコーチングしながら、
自分と仲良くなることで、
先手先手で子育てもお受験も
楽しめるようになっていきます。


小学校受験に合格するためだけでなく、
この先ずっと


母として、
妻として、
一人の女性として
揺るがない心の基盤を作る


それが、私のコーチング講座の
最終目標でもあります。


だって、小学校受験が終わっても、
子育てはずっと続きますものね。


長期的な視野を持って、
志高く持ちながら、
お子さんと一緒に成長し続けたい!



そんなお母様方と
6ヶ月間をご一緒できたら、
こんなに幸せなことはありません。


結果的に、それが合格に近く
成功の鍵を握っていると思いますから^^


このコーチング講座は、今回のみの募集で
次の開催は1年後となります。


また6回連続講座ですから、
途中から参加していただくことはできません。


「あ〜ん、受ければよかった〜」
と後悔することのないように、
特に、新年長さんはぜひご参加くださいね。


======================

【満席!】

2018年度 キラリと光る子に育つ!

小学校お受験ママの子育てコーチング講座


詳細とキャンセル待ちはこちら

======================














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 星野千加です。

-------------
「難しい問題をやらせてようとすると、
途端にやる気をなくして、
すぐにあきらめてしまいます」

-------------


キラリと光る子に育つ!
小学校お受験ママの子育てコーチング講座

でこんなご相談がありました。


宿題が出ると、
なんとかして解けるようにしてやらなくては!
と、難しい問題にチャレンジさせようと
あの手この手で苦労なさっているかもしれません。


でも、解かせようと
お母さまが力めば力むほど、


やる気をなくす子
泣き出す子
かんしゃくを起こす子
だんまり内側に閉じこもる子



うまくいかなくなってしまうことも
ありますね^^;


やれやれ・・・です。


先ほどのお母さまは、
コーチング講座の中で
あるワークをしてみられました。


はじめは、
問題が解けなくて
駄々をこねているお子さんに、


「上に書いてあるのを
同じように真似っこすればいいだけなのよ。」


「こんなのすぐできるわよ、
カンタンよ、カンタン!」



とやり方を教えたり、
励ましたりして
お子さんに声をかけていたんですね。


image


でも、あるワークをした途端


この問題、今のうちの子には、
むずかしすぎるんだと気づきました。


確かにやる気なくしちゃいますね・・・。


もっと簡単な問題をたくさんやって、
自信をつけてあげることが大事だって
わかりました。


それに、私の言い方は
娘にとっては怒られているようにしか
聞こえませんね・・・。


とおっしゃって、
伝え方をこんな風に変えてみられました。


『そっかぁ、この問題
Hちゃんにはむずかしいかぁ。


じゃあ、この前やった問題
もう一回やってみる?』



と全く違う声のかけ方を
なさいました。


あ、実際にお子さんは
その場にはいないのですよ。


あくまでもイメージの中の
ロールプレイです。


でもね、


「これ、うまくいきます!きっと!

うちの子の顔が急に明るくなって、

やる気が出るのがイメージできます!」



と確信されていました。


image


むずかしい問題を
解かせたいと思う時、


褒めましょう、とか
見守りましょう、とか
もっとカンタンな問題から
させましょう、とか


「やり方」を教えてくれる
本はたくさんたくさんあると思います。


でも、そのアドバイスは
お母さまにとって本当に腑に落ちているか?
本当にその子にピッタリな方法か?



と考えてみると、
絵に描いた餅、
理想論でしかなかったりします。


わかってるけど、できない。
これではアドバイスは役にたっていないのですよね^^;


大切なのは、人から言われたアドバイスを
半信半疑な気持ちでやって
問題を解決しようとするのではなく、


(多くの場合、このやり方では解決しにくいですが^^;)


ご自身の内側から確信を持って実行できる
うちの子に、今の状況にピッタリの
解決方法をいつでも見つけられること、


なんですね^^


だって、


点図形の難問はできるようになったけど、
数の分配はやっぱりできないわ・・・。


とか


縄跳びはできるようになったけど、
ボールつきはさっぱりダメ・・・。


とか。


小学校受験に向けて、
やらなければいけないことは
たくさんあります。


そして、次から次へと
現れる壁を親子で乗り越えなくてはいけませんよね?


その度に、誰かにアドバイスを求めて、
あたふたするのではなく、
自分で自分をコーチングして、
解決方法を見いだせることが
何より大事だからです。


お母さまが自分を信じられることで、
お子さんを信じられるようになります。


信じてもらっているという安心感が、
その子本来の個性や輝くを
120%引き出せるようになります。


家庭学習でほぼ決まる、
小学校受験ですから、
お母さまが「お子さんを伸ばすスキル」を
身につけるのが一番近道かも♪



私はそんな風に思います^^



まもなく


2018年度 キラリと光る子に育つ!

小学校お受験ママの子育てコーチング講座



を開講いたします。


ギスギスお受験から、ニコニコお受験へ


このコーチング講座は、
小学校受験に合格するためのテクニックを
教え込む子育てをするのではなく、


お子さんが将来を幸せに生きられる
「心の土台」を育みながら、


小学校受験合格「も」しちゃう子育てコーチング講座です。



むずかしそう、面倒そうに思える
「心を育てるための」コーチングスキルを学ぶことは、
小学校受験合格のためだけでなく、
その後10年以上の子育てにも使えるスキルです。


そして、時が経てば経つほど、
子育てがラクになるスキルです。


キラリと光る子に育つ子育てで、
一生に一度の小学校受験を
めいいっぱい楽しんでくださいね!



詳細はこちらをご覧ください。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんにちは 星野千加です。


東京は、急に秋らしくなってきて、
この空気感は、入試直前を思い出すな〜
そんなことを感じておりました。





そして、年中さんは、まもなく新年長へ進級ですね。


ラストの1年!
そう思うと、これまた緊張感でピリリといたしますね。


娘の小学校受験の時、
これを知っていたらな〜と思うのが、
「コーチング」のスキルです。




コーチングというのは、平たく言うと
相手の個性や能力を引き出すための、
コミュニケーションの技術です



そして、自分と仲良くなるための技術でもあります。


怒っちゃいけないと分かっているのに、怒ってしまう
ほめ方がよくわからない
常に、早く早くと急かしてしまう
何度言ってもきかない、できるようにならないと頭にくる
時には子供をぶってしまう
感情がコントロールできなくなる自分が嫌
他の子と比べて我が子が情けなくなる、自信がなくなる
勉強の教え方がわからない
ママ友.夫.祖父母.先生とのコミュニケーションがうまくいかない



もっと子供の能力を引き出せるママになりたいのに・・・。


こういった悩みは、
コーチングのスキルで解決していくことができます。


コーチングのスキルを身につけると、


焦り、不安、怒り、感情が落ち着いて穏やかでいられるようになります。

子供の個性を引き出す方法が分かります。

その子に合った、効果的な声のかけ方がわかります。

子供の自主性を伸ばすことができます。

ママ友、夫、祖父母、先生、自分とのコミュニケーションがうまくいくようになります。



つまり、


ギスギスお受験から、ニコニコお受験へ変えていくことができ、
結果、合格へ近づきます。



特に、幼児期の心が育つ時期に、
受験という大きなチャレンジをするお子様とお母様には、
「コーチングスキル」は、必要不可欠だと思っています。


今、考えているのは、
11月からスタートして、毎月1回連続6回にわたって、
「キラリと光る子に育つ、コーチングスキルをマスターする」
子育てコーチング講座をしようと思っています。


なぜなら、コーチングスキルは、たった1回勉強したくらいじゃ
長年のやり方や考え方がじゃまして、
使いこなすのは、難しいからです。


6人のグループ形式です。


ずっと、この講座をやりたいなと思い、
これまで個別相談でマンツーマンでやっていた内容を、
講座にするために、いろいろと準備しておりました。


お教室ではお子さんが、
いろんなことを学んで帰ってきますよね?


でも、それを定着させていくのは、
やっぱり「ママ」なんですよね。



家庭学習の仕方が、差を生みます。


小学校受験は偏差値で
合格が決まるのではなく、
「日常の子育て」で、合否が決まります。


お子様を伸ばすには、
お母様がその技術を身につけるのが
イチバンだと思うのです。


でも、その技術を教えてくれるところは
あまりなかったりして・・・^^;


2018年度 キラリと光る!

小学校お受験ママの子育てコーチング講座



募集の際には、優先的にご案内いたします。


ご興味がある方は事前登録してお待ちくださいませ。
(お申込みを確定するものではございません)


事前登録はこちら



青山学院初等部/学習院初等科/慶應義塾幼稚舎/白百合学園小学校/成蹊小学校/成城学園初等学校/聖心女子学院初等科/田園調布雙葉小学校/東京女学館小学校//東洋英和女学院小学部/日本女子大学附属豊明小学校/雙葉小学校/横浜雙葉小学校/立教小学校立教女学院小学校/早稲田実業学校初等部/暁星小学校
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 星野千加です。


先日、あるお母様とお話ししていて
こんなことをおっしゃっていました。


「難しいことは
怒らないとできるようにならないですよね」


「怒れば、とりあえずやるし、
できるようになるじゃないですか?」



ああ〜、毎日、一生懸命、
お子さんとがんばっていらっしゃるんだな〜
ということが伝わってまいりました。


でも、ちょっと悲しい気持ちにもなりました。


きっと、お母様は苦しいだろうな〜って・・・。


やらないから怒る



怒るからやるけど、自分からはやらない



やらないから怒る



怒るからやるけど、自分からはやらない



これが、ずっと続くのですものね。


確かに、人を行動させたい時、
「怒る」ことは、一つの手段かもしれません。


でも、あくまでも、
たった1つの手段でしかありません。


何が言いたいかというと、


怒らなくても、
行動できるように導く方法はある



と言うことなんです。


{8B377F96-A55B-4EF8-A9D7-465BED084B6F}


なぜ「怒り」で子供をコントロールしない方が
いいのかについてお話しますね。


私は、発達心理学を勉強した時に、
こんなことを学びました。


ある機関で、
学習への動機づけ(モチベーション)について
小学校高学年の子供達に


「どうして勉強するの?」


と尋ねて調査したそうです。


すると、大きく分けて4つのタイプに
分かれました。


1.知的好奇心


おもしろいから
いろんなことがわかるから
興味があるから
問題が解けると嬉しいから
新しいことを知りたいから


2.自己実現


大人になって役立つから
よい学校に入りたいから
立派な大人になりたいから
よい会社に勤めたいから
えらい人になりたいから


3.よい成績


よい成績を取りたいから
テストでよい点を取りたいから
先生にどんな質問をされても答えられるようになりたいから
悪い成績を取りたくないから
テストで悪い点を取りたくないから


4.承認


家の人に褒められたいから
友達にバカにされたくないから
先生に褒められたいから
家の人に叱られたくないから
先生に叱られたくないから


学習への意欲、定着度が高いのは、
1や2の子供達でした。


3や4の子供達は、自分の意思ではなく
「まわりからのプレッシャー」によって
学習しているので、
自発的ではなかったり、
継続力が弱かったりするそうです。


中には燃え尽きて、
無気力になってしまう子もいたそうです。


つまり、


「難しいことは特に、
怒らないとできるようにならないですよね」


「怒れば、とりあえずやるし、
できるようになるじゃないですか?」


と、怒ることで子供をどうにかしようと
コントロールすることが続くと、


4.承認


家の人に褒められたいから
友達にバカにされたくないから
先生に褒められたいから
家の人に叱られたくないから
先生に叱られたくないから


こういったことを「動機」として
学習を捉えるようになっていく
ということなのです。


{C73347A7-30B3-4075-A184-587010E61DC8}



承認欲求のためにがんばっていると、
最後のがんばりが効きにくくなります。



年長さんは夏休みは、
志望校の難問にチャレンジする時期です。


大人だって逃げ出したくなるような
時間、量の学習を、
小学校お受験の子たちもやりますよね。


なぜなら、小学校受験で出題される問題は、
小学校2年生レベルの難易度です。


うんと先取りして学習するのですね。


しかも、最近では機械的に解ける子ではなく、
概念的に理解しているかを
重視する学校も増えてきています。


やはり、親子で負荷はかかってくるのは、
避けられません。


言ってみれば、
それが受験、なのかもしれませんね。


でも、モチベーションが
「ママに怒られるから」だと、
やがて、子供は息切れしてしまいます。


しかも、頑張っても頑張っても、
ママはもっと!もっと!と
褒めてくれないなんてことも
起こりがちになります^^;


学ぶことが楽しい!
もっとできるようになりたい!


と思っている子は、
最後の踏ん張りが効くのです。


「とにかく合格さえすれば!」
そう言い聞かせて、
お尻を叩きたい気持ち、よく分かります。


一時的なこと、そう思いたいですよね。


ただ、経験してみてわかったのは、
小学校受験はゴールではなかった、、、
ということ。


むしろ一番最初のスタートラインです。


私なんかは、今思い出しても、
二度と後戻りしたくありませんが、
19年間もの(大学まで進学するとしたら)
気の遠くなるような
長い長い勉学の生活の始まりなのです。


「ママが怒るから、勉強する」


このモチベーションを、
幼児期に与えてしまうのは、
なんとも悲しいものです・・・。


子供の可能性を伸ばしたいと思って
小学校受験させたいのに、
その可能性の芽を摘んでしまっては、な
んとも寂しいではありませんか。



さらに、10歳頃から思春期に入りますが、
それまでは「ママが怒るから」で、
しぶしぶながらも勉強してくれるかもしれません。


でも、10歳以降はしてくれなくなります。


言うことを聞かなくなるのです。


それだけでなく、
「親子の信頼の絆」が
プツンと切れてしまうこともありうるのです。


いろんなことを書いていますが、
みなさんを不安にさせたいわけじゃ、
決してありません。


ただ、私のところに、
お子さんの問題で
カウンセリングにいらっしゃるケースはほぼ、
親子の信頼関係がうまく築けていないことが
根っこにあります。


怒れば思い通りになると思って、
それを続けた結果、
気づいたときには遅かった・・・


問題がさらに深刻になってから、
気づくのです。


そう考えてみると、
私たちって、意外とやり方を知らないで、
子育てをしているんだな〜と
気づかされます^^;


「怒らないとやらない、できるようにならない」


それは、たった1つの方法でしか
ありません。


なかなかできるようにならないのは、
子供を導いたり、伴走する(コーチング)
やり方を知らないからだったのです。



コーチングのスキルが身についていくと、
問題が、問題じゃなくなっていきます。


例えば、今受講なさっている方は、


--------------------------------------------

「ママが怒る→爆発→子どもが泣く→爆発
→エンドレスに続く


がピタっとおさまって、


「どんなこと教わったの?
なんかスゴく良くなったじゃんって
パパが言ってくれたんですよ。」


--------------------------------------------

「あんなにいっぱいあった、うちの子の短所が
今では、短所じゃなくなってるんですよね〜
子どもは何にも変わってないんですけどね。」


---------------------------------------------

怒りのスイッチが、
入らなくなったんですよね〜。


この前も、子どもがふりかけをぶちまけてて、
あ、こぼしたね。で済ませてる自分がいて、
変わったなーと思います。


----------------------------------------------


などなど、皆様
確実に、変化なさっています。


私の方が、驚かされることが
多いくらいです。


子供の将来の幸せを願って、
小学校受験したいのに、
笑顔が消えてしまっては、
本末転倒ですものね・・・。


コーチングで子育てをするって、
ほんの少し、がんばり方を変えるってこと。


甘やかすわけでも、
手を抜くわけでもありません。


もっと、親子でラクに楽しく
小学校受験ができるようになる方法なのです。

2018年度子育てコーチング講座をまもなく開講いたします。


詳細はこちらをご覧くださいね^^


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 星野千加です。


image


キラリと光る!小学校受験 面接対策コンサル


「面接でどんな風に答えれば受かるの?」


一生に一度の小学校受験で、親としての役割を悔いのないよう
精一杯、果たしたいですよね。


狭き門の小学校受験ですから、
マニュアル通りの返答をしても、
考えたものを丸暗記して棒読みしても、
合格が厳しいということは、
あなたも薄々気づいていらっしゃると思います。


こんなことでお困りではありませんか?




過去の面接の質問を参考に考えているけど、
まとまっているようで、まとまらない。


もっとアピールできるように、
いろんなことを盛り込みたいけど、
話がまとまらない。


自分なりに考えてみたけど、これでいいのか不安。


集中して考える時間がない


いろんな種類の質問がたくさんありすぎて、
気が遠くなる


なんとなく気ばかりが焦って、手がつかない


自信はあるけど、独りよがりになっていないか不安


思わず、失礼なことを言ってしまったらと不安



面接に自信がある方もいるでしょうし、
自信がない方もいるでしょう。


ぜひ、どちらの方にも受けていただきたいコンサルです。


ところで、どうすれば自信を持って面接に
臨むことができると思いますか?


1、話す内容がしっかり準備できていること

2、話す内容を誰かに聞いてもらい、いいフィードバックをもらっていること

3、話す内容が自分と一体化して、棒読みではなく自然と語れること。




この3つが準備できていれば、
おどおどせずに、凛と面接で受け答えできるはず!


面接対策 個別コンサルでは、


<STEP1>

事前に、志望校の過去の質問の中から、
頻出しそうな10問をご自身で選んでいただきます。


<STEP2>

ZOOM(ズーム)というアプリを使った、
オンラインコンサル(電話コンサル)にて、


質問の意図を一緒に考え、
「どんな答えを期待されているのか?」
「どのように答えるといいのか?」
を話し合い、文章化してシナリオを作ります。


オンラインコンサルでは、
共感される文章を書くためのツール
「エンパシーチャート」という
アプリを使います。





エンパシーチャートは
面接のシナリオ作成はもちろん、
企業や学校でプレゼン原稿作成、
スピーチの原稿作成などにも使われています。



大切なシーンで一方的に、
自分の言いたいことを言うのではなく、
相手が何を知りたいのかと、
相手の視点に立って話す内容を考えられるので、
共感をされながら、
得たい結果を得ることができる有効なチャートです。



オンラインコンサルは、
難しい操作などは全くありませんので、
どうぞご安心ください。


ZOOMでのオンラインコンサルは、
パソコン、タブレット、スマホでご利用いただけます。


スケジュール確定後、
「参加用個別URL」をお知らせいたします。


URLのサンプル: https://zoom.us/j/166642196


パソコン、タブレット、スマホで、
URLをクリックしていただくだけで、
お約束の時間になりましたら、
電話が自動的につながります。


エンパシーチャートの画面を共有しながら、
面接で話そうと思っていらっしゃることを
どんどんお話いただきます。


お話なさった内容を、
私が同時進行でチャートにタイピングします。


「考える」と「まとめる」を
一緒にやろうとすると、頭が混乱します。


「まとめる」作業を、
私がどんどんしていきますので、
叩き台となるシナリオが
あっという間に「文章化」ができ、
効率的にシナリオが完成します。


<STEP3>


オンラインコンサル終了後は、
チャットワークというアプリを使って、
メールにてシナリオ添削をし、完成させます。


メールは、シナリオが完成するまで
無制限にお受けいたしますので、
納得のいくシナリオを作っていただけます。



実は、たくさん種類があるように感じる過去の面接の質問は、
グループに分けることができます。


・志望理由
・教育方針
・子供の性格や成長
・ご両親の考えや人物像



など、質問の意図は実はとてもシンプルです。


でも、学校によって色んな聴かれ方をするので、
全部違う質問に聞こえて、混乱してしまうのですね。


そして、全部の問いを全文覚えなくては!と思うと
焦ってしまうのです。


完成したシナリオは、
声に出して音読してみていただきます。


音読することで、
伝わるか伝わらないか体感覚で直感的にわかります。


ご夫婦で作るより、
客観的な意見を取り入れながら、
シナリオを作ることができます。


面接官の心に残る、
我が家だけのオリジナリティ溢れる
返答の仕方が分かります。



すでにコンサルを受けてくださった方からは、


「画面を見ながら、
とりとめのない話をしていると、
先生が同時進行で文章を打ってくださって、
しかも、魔法にかかったように素敵なシナリオに
あっという間に完成していくので、
感動しました。」


「自分ではなかなかこういう表現を
考えるのは難しいので、
コンサルで一緒に考えていただけて、よかったです。」


教室の模試だけではとても不安でしたが、
自信を持って面接にいけそうです。」



などのご感想をいただいております。


やれることはやって、
後悔のないように小学校受験最後の総仕上げをいたしましょう。


-----------------------------

<コンサルの詳細>


・ZOOMというアプリを使った
オンライン(電話)コンサル 90分

・チャットワークというアプリを使った
メール添削(無制限)


<コンサル当日までにご準備いただくもの>


・面接予定の志望校の過去の面接質問10個
・提出予定の願書のコピー(本文が書かれたもの)


願書が完成していない方は、願書作成コンサルをお受けください。


<ご確認ください>


※参加資格は2017度受験予定の保護者様のみです。

※オンラインコンサルは、平日10:00〜、13:00〜で承っております。
(どうしてもご都合がつかない場合は、ご相談ください)

※ZOOMでのオンラインコンサルは、
パソコン、タブレット、スマホでご利用いただけます。

※スケジュール確定後、ZOOMの「参加用個別URL」をお知らせいたします。

※URLをクリックしていただくだけで、電話が自動的につながります。
(難しい操作などは一切ありませんので、ご安心ください)


コンサル料金:6万円(税抜き)


<お支払い方法>


銀行振込


<注意事項>

※お申込みから3日以内に、ご入金いただきますようにお願いいたします。

(お振込み先は、お申し込みと同時にお送りしております、自動返信メールにてご案内いたします。)

※自動返信メールは、au,docomo,softbank などのメールアドレスは届きにくくなっております。

パソコンのメールアドレスやgmail,yahooなどのフリーメールをご利用ください。

※お申し込みボタン送信後は、いかなる理由がございましても、キャンセルによるご返金はお受けしておりません。

※お申し込みと同時に、お支払いの義務が発生致します。

※お振込みが完了した方から順に、お申し込み完了とさせていただきます。

※また、一度キャンセルなさった方の、再お申込みはお受けできません。

2017年度の受付は終了いたしました。

2018年度の面接対策コンサルの募集は、2017年4月ごろを予定しております。

ご興味のある方は、募集開始の際には、優先的にご連絡いたしますので、事前登録をなさってお待ちください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)