ナスターシャのブログ

クラシック音楽と関ジャニ∞をこよなく愛しています♪


テーマ:

胸がキュンキュン、

鳴りやみませんでした。

宝塚歌劇とマンガの相性は

いいとは思っていましたが、

これほどとは。

 

柚香光さん、

伊集院忍少尉そのものでした。

≧(´▽`)≦もしかしたら、マンガより、

かっこいいかもしれません(笑)。

 

そして、花村紅緒を演じた

華優希さんが、

めさめさよかったです。

元気で気が強くて、愛嬌のある、

紅緒さんそのもので、とても

存在感がありました。

まさに舞台の主役、というかんじでした。

(´∀`)

 

 

■大阪・梅田のシアタードラマシティ

宝塚歌劇の花組公演

「はいからさんが通る」

 

原作:大和和紀

脚本・演出:小柳奈穂子

 

伊集院忍:柚香光

花村紅緒:華優希

 

青江冬星:鳳月杏

鬼島軍曹:水美舞斗

 

北小路環:城妃美伶

藤枝蘭丸:聖乃あすか

牛五郎:天真みちる

 

 

マンガの「はいからさんが通る」は

大好きな作品で、

少女時代に読んだきりですが、

ほとんど原作を生かしていたのでは

と思います。

 

長い漫画を2時間ちょっとの舞台に

まとめるとは、さすが小柳先生です。

 

大事な要素をテンポよく、

ぽんぽんと入れていて、

それで筋立てや登場人物のエピソード、

気持ちの変化がわかります。

(後半は展開が忙しかったですが)

 

冒頭から、カーキの軍服に赤いラインの

入った軍服軍帽、金髪の長髪の

柚香・伊集院少尉が、舞台に

登場して、「わ~~少尉やわ~」

ってなりました( ´艸`)。

 

 

柚香さんは雰囲気は

やわらかく優しそうで、

なんといっても長身でスタイルがよく、

気品があって、

立ち居振る舞いもほんとうに、

美しい伊集院少尉というかんじです。

 

ビジュアルが完璧です。

マンガから3Dで出てきたかんじです。

 

シベリア出兵のあとの1幕おわりは、

ウルウルしてしまいました。

 

後半は、

紅緒さんと冬星さんとの関係も

面白く、冬星さんの紅緒さんへの

言葉で、胸がキュンキュンなるところが

あります。そこはたまらないセリフです。

(≧∇≦)あぅあぅ。

 

車屋の牛五郎さん、

それから、蘭丸も、

芝居がうまくて、

とてもよかったです。

 

花組さんはイケメンさんぞろいで、

こんなフレッシュで力強い娘役さんもいて、

これで組の半分の勢力で

やっている舞台なのですから、

すごいです。

 

これほど胸がキュンキュンした

タカラヅカの舞台は久しぶりで、

これまで「はいからさん」を

やってなかったのが、

不思議なくらいでした。

 

会場には、来年1月から始まる

花組の「ポーの一族」の

ポスターもありました。

 

エドガーはもちろん、

トップさんの明日海りおさん。

 

そしてそして、

アランはきょうの主役を演じた

柚香光さんです。

 

花組さん、楽しみすぎます~。

必ず行きたいです!

о(ж>▽<)y ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ナスターシャさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。