これからはもっとゆるく、

穏やかな気持ちで生きていたい。

暮らしにまつわることを

写真とともに綴るブログです。

*

 

 


 

 

 

 

こんばんは(*^-^*)

 

昨夕、どしゃぶりの雨がふりました。

 

 

 

 

外のアジサイたちは

雨の重みで下を向き

やさしい雨に変わるのを

じっと待っていて。

 

 

 白い花びらの雨雫が

ぽたんぽたんと

涙のようでした。

 

 


 

 

たそがれ時、

空には真っ黒な雲と
金色の太陽が。
 
 
 
 
 

「陰と陽」

 

不思議な空に驚き、
外に飛び出しました。
 
 

 

 

チガヤの白い穂がきらきら光り

とてもきれいな景色。

 

 

 

 

陽に照らされ

風に吹かれ

 

雨に濡れながらも輝いている穂は

明日への願いをかけているように思えました。

 

 

 

 

 

 

写真を撮っていると娘が帰宅。

 

かぁーちゃん、虹がでてるよ!

 

自転車の後を

小走りでついていく私。

 

 

 

 

 

 

わぁ♪

 

 

 

太陽と反対側に

きれいな虹がありました(*^^*)

何枚もパシャパシャ。

 

振り返りパシャパシャ。

 

家に帰ってからも

パシャパシャ。

 

 

 

陽が完全に落ち、

見えなくなるまで

窓から眺めていました(*´ェ`*)

 

 

 

 

 

 

**

ふと思いました。

 

 

 子がわぁーんっと泣き

ニコッと笑うと、

 

不思議と

こっちも笑顔になる。

 

オリンピック選手がみせる

悔し涙や嬉し涙に

一緒に泣いたり笑ったり。

 

もしかしたらその時、

心が虹を感じているのかな。

 

瞳の中に虹をみつけて

心動かされているのかなぁ

 

、、、って(*^-^*)

 

 

 
 
 
 
 
セカオワの
「虹のかかる空」が頭の中を流れます。
 
歌詞の中で
雨は草木を育てるとあるのだけど、
もし草木が人ならば、雨は涙。
 
涙を流すことは
人にとって大切なことになるのよね。
 

 

もし今、
ここに涙をがまんしている人がいるとしたら、、、

 

思いっきり泣いて
瞳の中に
虹をかけて欲しいな(*^-^*)
 
 
 
 
 
**
 

雨のあと

空に虹がかかるように

 
涙のあとには
瞳に虹がかかる
 
 
 
だからね
泣きたいときは泣いていい
 
がまんしないで
涙の雨をたくさん降らそう
 
思いっきり泣いたら
空をみあげて
 

瞳に中に

虹をかけよう

 

 

虹は希望の色

生きていると色々あるよね。

泣いて笑ってを繰り返し人は育つ。

 

瞳に虹をかけ

みんな元気になりますように(*^-^*)