不思議watcher ~神秘と怪奇の備忘録~

身の回りの不思議体験報告・実話怪談・取材写真、ここだけの話をアップします。


テーマ:
神様の指紋~聖地に現れる不思議な図形や光~後編です。


現在店頭にて発売中の『芸能ズキュン!12月号』に掲載されました、

P132ページ右下の写真です。


山形の神社のどんと祭にて。

とんでも不思議Watcher 取材日記-山形の神社のどんと祭


雪でしょうか。クリオネのようなかわいい形です。



雪にストロボが反射した光の屈折のようにも見えますが


それにしても なにかシンボル的。



この形がなにかのメッセージをささやいているように 私には感じました。


キラキラ

キラキラ



続いてもう一枚。 伊勢神宮内宮にて撮影されたものです。


とんでも不思議Watcher 取材日記-伊勢神宮内宮にて

これは 俗に言う「神柱」という現象でしょうか。



この写真の神々しさは フルカラーならではですね。
キラキラ       キラキラ



強いエネルギーに圧倒されるような、すばらしい光です。

キラキラ     キラキラ




波動の低い心霊写真に比べ 神気写真というものは


撮れる人が希少だから でしょうか。

なかなか お目にかかれません。


ここで もう一度、先月の『芸能ズキュン!11月号』に掲載された、

例の「癒される半透明UFO」写真を見てみたいと思います。



とんでも不思議Watcher 取材日記-ikaufO


ここで改めて よ~く見てください。


右上に 小さな半透明のUFO、


続いて画面やや左下水面に 


渦巻き、その上の湖上に 光の柱
、が見て取れるでしょうか。




こうして比べてみますと



渦巻き写真と 友人いわく「神様の指紋」は


神気、というより 「異空間のトンネル」なのかもしれません。 



だとしたら UFOと一緒に写ったり

UFO目撃情報の多いところで 写る、というのも わかる気がします。



今回はパワースポットで撮れた貴重なご神気写真、ということで

いつも以上に神経を使いました。



写真に心底感動した本人から言わせてもらえばこれらは



見た目や失礼な否定的な 感想に 左右されるレベルの写真ではない




ということです。




 波動の高い(プラスエネルギーの強い)人と

波動の高い場所がシンクロしたからこそ撮れた、


大変珍しい写真ではないでしょうか。
 



「波動が悪いときは 見ないほうがいいかも」・・なんて

コメント下さった方もいましたよ。^^

めまいがする、という方は 一人二人じゃありませんです。


だからといって 邪悪な波動・・ということでもないようです。






これらの写真が撮れた時、撮影者のかたがたに


どんな人生が待っていたか・・・キラキラ

キラキラ

機会がありましたら そのあたりもぜひ お聞きして

ストーリーにしてみたいと思いますキラキラ

キラキラ






まだまだ いろんなご意見 お待ちしています!^^







虹『とんでも不思議watcher』この表紙の雑誌に 詳しく掲載中です。



とんでも不思議Watcher 取材日記-12月号





ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。ひぐかんZです。



今回は 

聖地に現れる不思議な図形や光

のご紹介です。




「心霊スポットで撮れた(具合の悪くなる)心霊写真」


というのは たびたび誌面に載って皆さんを怖がらせていますが


「パワースポットで撮れたご神気写真・神様写真」


というものは まだまだ世間に馴染みが薄いですよね。



過去、心霊写真ばかり撮れてしまった私は

どうせなら すがすがしい神気写真にお目にかかりたい、


そっちを皆さんに紹介したい、、と・・



実は ずっと思っておりました。




するとご縁があったのでしょうか。


突然 そんなお写真を快く貸してくださる方が 現れました。



モノクロ誌面では見にくかったので

撮影者:神宮寺玄胤氏(仮名)の許可のもと

2回に分けてフルカラーでご紹介しますね。

(無断転載はご遠慮ください)







まず一枚目。

扉絵および130ページに掲載された、東北の霊山で撮影されたお写真です。

とんでも不思議Watcher 取材日記-石祠


水の波紋のように見えますが 空中で撮影されています。


はじめてこのお写真を見たときに



「うわー、綺麗なエネルギーがあふれ出してる!!」 



と感じました。



同時に 早朝の空気のような風が


眉間や胸元を スーッ と


吹き抜けて行くのを 感じました。


後になって

この山からはパワーストーンが採れたり、不思議な物質が産出すると聞きました。


知る人ぞ知る神秘の山 だそうです。


撮影者さんも パワーストーンを採取に行ったときに
たまたま撮影したということです。




次はP131掲載の 同じ山頂で撮影された磐座です。

とんでも不思議Watcher 取材日記-東北の霊山の磐座

磐座 とは巨石などを祀った聖地や祈り場を指します。


この写真を見たときの第一印象は


「うわ~凄い・・!! キラキラ


でした。



この山に登るとめまいがしたり、幻覚や幻聴を体験する人がいるそうです。


また 発光体の目撃例もあるそうです。


UFOの基地があるとか シャンバラ(地底国)の入り口があるとか言っていた

霊能力者もいたということです。




私は公平な紹介者の目を忘れ・・・心底 感動していました。






漫画のコメントにもなっているのですが

これらの写真を編集部に企画として提出したときに 編集さんからも
いろいろと興味深い声があがりました。


「面白いと思います!」
「本当にこんな写真が撮れるんですね・・(驚嘆)」
「まさに加工したように見えますが」



(これが一般の反応なんだな・・・)


ちょっと悔しかった私は
そこで 似たようなイラストを描きアシスタントさんに頼んで
イラストをわざわざ加工したものも 誌面に載せました。


写真を否定したり 茶化したかったわけではありません。



あることを みなさんに感じてほしかったからです。



それは何か。




 「波動」です。



一見同じように見えますが やはり 思ったとおり、違う。


加工イラストでは なにか「足りない」 のです。




心眼のある皆さんは
心を静かにして、二つをよ~く見比べてほしいのです。



心眼に自信のない方でも 光物理学者や写真のプロが見れば 

その写真が本物かどうかはわかります。



写真には ビジュアルだけではなく 「波動」も セットで 写るのでは?

人工のイラストは 確かに作れないこともないけど

本物と比較すれば 波動の違いが 確実にあるのでは?






そう思ったからこそ あえて加工イラストも
アシスタントさんに 作ってもらいました。


さらに


「こういう写真(被写体)と関わったことで、どんな風に人生が変わったかも描いてほしい」


という意見が編集部の上から持ち上がったために


ささやかな自分の体験談を添えました。


本当は自分のつまらないネタは オールカットする予定でした。


ただし 書いたことは本当です。




そこまで描いて提出したらはじめて編集さんともども


ただのいんちき写真ではない と振り向いてもらえたようでした。


そして「これなら読者も不思議を共有したくなるだろう」


いうことになり 執筆掲載許可、 という運びになったのでした。






つづく。





虹『とんでも不思議watcher』この表紙の雑誌に 詳しく掲載中です。



とんでも不思議Watcher 取材日記-12月号







ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。