不思議watcher ~神秘と怪奇の備忘録~

身の回りの不思議体験報告・実話怪談・取材写真、ここだけの話をアップします。


テーマ:
2013年9月19日は 中秋の名月でした。


お世話になっている神社で お月見祭とお祈りを行いました。


お祈りの後は 参拝者の皆さんと

お供え物の 湯がいた塩里芋や お月見団子をいただきながら

月を楽しみました。

とんでも不思議Watcher 取材日記-6


とんでも不思議Watcher 取材日記-7



この日はひときわ 月光が強く

同じ望月でも いろいろな表情の 写真が取れました。 


とんでも不思議Watcher 取材日記-2



とんでも不思議Watcher 取材日記-4



とんでも不思議Watcher 取材日記-3



お月様に寄り添うように 丸い発光体 や色のついた発光体 が写りこみます。

これは ゴースト と呼ばれる現象です。



ゴーストやフレアはレンズに当たった光が
乱反射して起こる現象です。

形のはっきりした物をゴーストと呼ぶそうです。

レンズから入った強い光源(太陽など)が

レンズ内の色々なところに反射して起こります。


(そういえば おととし取材した「山の牧場」で撮れた謎の発光体写真も 

正体は このゴーストだと 思っているのですが

霊能力者さんたちが 口をそろえて 「あの山の牧場の光だけは違う!!」

とおっしゃっていたのは 不思議でした)




話を戻し、中秋の名月。


ただでさえ 神秘的な光を放つお月様に 

不思議な発光体が 写りこんだのですから 皆さん大興奮になりました。

月の神様が一緒に喜んでいらっしゃるのかもしれないよ  とか

ご先祖さまが 一緒にお月見にやってきたんだよ~ といって

目を潤ませるお年寄り も 現れました。




ゴースト だの ハレーションだの 彼らにはどうでも良いのです。

ご先祖や神様と一緒に お月見をしたと思いたいのです。

そんな空気のところで

科学的にはどうだの、ということほど無粋なことはないだろうなーと思い

黙っていました。


すると


友人のお坊さんからメールが届きました


遠く離れたところで 私たちと一緒に 同じ月を見ていた方です。




「あの世の魂たちを慰め 癒し 包み込み  救済し 浄化するのは

 太陽ではなく むしろ月ではないでしょうか」 



と ありました。


胸がいっぱいになりました。



そういう気持ちで 改めてお月様を眺めると

また違った輝き方をしているように見えてくるものです。




 
「どんなに出来が悪くても 


  みんな私の かわいい子どもたち。
 

       愛していますよ」 




月の光は そういっている気がしました。


 

とんでも不思議Watcher 取材日記-鏡山1


 










【蛇足】お月見祭の不思議

当日は 何人参拝者がくるかもわからなかったのですが

最終的に集まった参拝者さんと

私が手作りして 適当に持っていったお月見団子の数が

なんと かっきり 同じ数でした。驚 












ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
毎月、第一土日だけ 執筆や取材をお休みして神社に行きます。

巫女さんご奉仕をさせていただくようになりまして3ヶ月です。




皆さん、本日は9月9日、九九の節句であることをご存知ですか。



節句では、その季節の旬の植物の生命力をもって邪気を祓い、

健康を祈願する習慣があります。


1月1日(7日)は「七草」、

3月3日は桃の節句の「桃」、

5月5日は端午の節句の「菖蒲」、

さらに7月7日は七夕として 「笹」。


九月九日は「菊」
 がその効力を持つ植物とされています。



調べてみると 

並んだ奇数(1・1、 3・3、 5・5、 7・7)は縁起の良い陽数であり

とりわけ9月9日は、9が陽数の中でも最大のものであり、

また中国語でその発音が久(jiu=チヨウ)と同じなので

「九九」は「久久」=永久という意味=となる。

 そこで9月9日を特に「重陽節」として祝うのだそうです。

(注:「節」は祭りの意味)



昨日、巫女として奥の院にお手伝いに行って見ますと

お神酒に菊の花がちょこんと 可愛らしく浮かべられていました。


一日早い、菊の節句のお祝い です。



とんでも不思議Watcher 取材日記-2


江戸時代までは中国にならってこんな風に

菊の花を浮かべた酒を飲む習慣が盛んであったそうですよ。

私も 恥ずかしながら 昨日初めて知りました。





とんでも不思議Watcher 取材日記-1





もともと 旧暦の風習なのですが そこにとらわれることなく

『季節感』をまず参拝者の方がたに 思い出していただきたい、

こういう伝承がより豊かな生活につながればいい・・


という神官さんの 心遣いが感じ取られ 感動しました。



失われた菊の節句のお祝い。

お酒にお花を浮かべて季節をお祝いするなんて 素敵ですよね。




ペタしてね




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。