不思議watcher ~神秘と怪奇の備忘録~

身の回りの不思議体験報告・実話怪談・取材写真、ここだけの話をアップします。


テーマ:
ご縁の神社さんの祭員の高齢化に伴い、

今年の7月 七夕から
とうとう正式装束で 祭員をお手伝いするようになりました。 

(まだまだ 研修見習い中の身で、授業はまだ続くのですが (^▼^;) 
     

 作法は早いうちから実践してなんぼ! 身につけなくちゃ ね!! 





驚いたのは

「人手が足りないから巫女を目指した」

のではなくて

「巫女道を学び始めたと同時にご奉仕先が用意されていた」 
 

(まったくの偶然)


ことでした。



あれよあれよという間に 引っ張られていく 自分の運命。

一年前の自分が 今の私を見たら ひっくり返るでしょうね。w



巫女は 漫画家をやめた後も 永久就職になるはずなので

(ごく自然に心の中で決まったので)

一時の単なる興味本位ではなく正しい神職知識が必要です。




たまたま お手伝いすることになったご縁の神社が人手不足で

巫女さん業務を超えて 神官がやることもやらなきゃいけないことが

ありました。

七夕祭のときに いきなり作法がわからなくて 


熟練神官たちの前で 恥をかきました。

「これはマンガ描く上での知識にもなるから 巫女だけじゃなくて

ちゃんとした神官の知識もネタとして知っておこう~」と思って

受けた、先週の神職養成講座でしたが・・・・こんな感じ。


とんでも不思議Watcher 取材日記-sahou1



写真は「自分の姿勢がどうなっているか客観的に学ぶように」


と、先生がいろんな角度から撮ってくださったもの。


この姿勢から、「拝」(90℃腰を折る)へ・・・・

大祓詞の最後に行う深い礼 です。


とんでも不思議Watcher 取材日記-sahou


・・私の作法は ど素人です。泣


腕が 離れすぎと 言われました。礼って 難しいのね。


とんでも不思議Watcher 取材日記-sahou3

ちなみに 私が持っている笏(しゃく)は 

自動書記を行った 故・不思議お婆さんの遺品です。

通常より短く(女性用だから)、大正時代のものらしい。

年期の入った 美しい飴色です。

こんなもの 私が持ってて良いのか?と 

ドキドキしながら使いました。





これも 何かのネタになるはずです!


本業の漫画家と巫女の2足のわらじを履きながら

主従を切り替えつつ こつこつやっていきます。




応援してくださいね!('-^*)/

キラキラ  キラキラ  キラキラ  キラキラ  キラキラ  キラキラ
  キラキラ



         



ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回 養成講座になんと

スコットランド人冒険家で作家・学者の


エハン・デラヴィ氏
が 受講生としていらっしゃいました。

2012アセンション説を日本に運んだ ご本人


ビートたけしの超常現象Xファイルにも出演されていた方 です。

前回の 韮澤さんやサイキッカー秋山眞人氏、矢追純一さん、大槻教授は
お知り合いとのことでした。この業界、マジ狭いです。




エハンと もうひとり受講生のお医者様
(神職養成希望者って 左脳の学者さんやお医者さんも多いようですよ!)
と3人で夕食をご一緒しながら

大槻先生や韮澤さん・矢追純一さんのお話や

リモートビューイング
のお話を 生で聞くことができました(^^)


本来なら大金を払って講演会で聞くような お話が 
シュリンプサラダプレートの前で聞けるなんて!!おおお。


またしても 不思議な人に 偶然出会ってしまいました。(@0@)



にっぽん文明研究所のN先生・Tさんとエハン。
とんでも不思議Watcher 取材日記-エハン





キラキラ   
星キラキラ   
星
  キラキラ   
星 キラキラ   
星 キラキラ   
星


 
   
「2012年アセンションは起こらなかった」 と 一部では言われていますよね。

 転変地異や目に見える大変革≒アセンション  と いう意味に

素人は どうしても 捕らえてしまいがちだからですね。

無理もありませんよね。



でも また一部では

個々の精神の水面下で 次元上昇的変化は 確実に 起こりはじめてるンだぞー! と

力説する人も います。


どうなんでしょうね。



私自身は 2012年は地球の終わり、の意味ではなく「始まる」

という意味だと 当たり前のように 思ってきました。


だから 外れた とか言う人を見ても 「何が 外れたんだろう」

と きょとんとしてました。

逆に どんな事件や 魔法のような奇蹟を 期待していたんだよー? 

と 感じてしまった。

あっでも あったほうが マンガに描けたのかな? 



この 潜在意識の変化って 3・11が起こる2年前の・・・

早い人は2009年ごろから 現れ始めていたように

私は感じています。

漫画に描いてないけどね(描けないけどね)。


読者さんのお便りだけ見ていても ファン層に変化がありましたからね。


ただ この変化ってあったとしても 本当に微細で 

すべての人では無いのですよ。


一部の
「宇宙とつながった(一般的にはマニアックな)人々の気づき」に過ぎなかったと思う。

そして 社会現象になるほどではなかった。世の中は なんら変わらない。


だから「なかったじゃん?」 と いうことになるのかなぁ と。




精神世界の住人の人口は 総人口の4割未満、なのだそうで。

まだまだ 大槻教授寄りの人の方が一般的では 多いようです。







エハンは今年は

日本において神道ルネッサンス活動をはじめる ということです。


「神道ルネッサンス」・・・


何やら新しい 響きですね。






エハン・デラヴィ氏独立オフィシャルサイト










ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひぐかんZです。

7月27・28日。
東京で一泊二日の神職養成講座(巫女の勉強の応用編として受講しました)が
無事に終了しました。


 【主な講義内容】

修祓

神道用語解説Ⅰ

古神道概論Ⅰ

祭式行事作法Ⅰ・Ⅱ

古代神道史

祝詞講読

紙垂(しで)の作り方

岩笛(石笛)について




神前横には たくさんの石笛

が置いてありました!
そうです、今回は 講義に「石笛」が 入っています!



しかも

早く講座についたものから 早い順で好きな 石笛をもらえるんです!

ここでいただく石笛、人工の穴が 開けられておりました。

私は 自前が白いものでしたので今回は黒いものをいただきました!

人工ですが「ユウユウ」と 澄んだ音が出ますよ~(^^)


とんでも不思議Watcher 取材日記-isigue1



これで 私の手元には 石笛が12個です。

ちなみに こちらは いつもかばんに入れて持ち歩いてる、
お守り代わりの天然石の石笛です(^^)


(モリゾー君は 石笛入れです。可愛いでしょ~?ニコニコ
とんでも不思議Watcher 取材日記-isihue2


小さいほうが 脳天を劈くような 高い音が出ます。

澄んだ高音なので 神事のひとつ、「降神の儀」の前に吹奏するのがよいようです。

勾玉型のほうは やや膨らみのある 大きくて温かい音が出ます。

強く吹く時は 場の祓い浄化として、

それ以外では 神社を訪れた時の「音の奉納」や

自然へのご挨拶として 吹いたりしています。


どれが正解という 吹き方は 無いそうです。



それなりに 力を宿す神楽器なので

扱いには いくつかの 注意点が つきます。


それを 講座で 習いました。






講義では作法について

「正しい作法を守ることは 誠心誠意、真心を以って(神に)仕えまつる気持ち」

の表現なのだそうです。

ですから

右が上位で左が下位・・・そう決めたのはニンゲンで、

なぜ? そうまでしなきゃ神様につながらないの?

と 当初は思っていたのですが

ある一定の統一された美しい動きが 

神前にふさわしい謙虚な気持ちと統一感を産み

より波動の高い気の整った空間を作るのだ

(一種の結界を作るのだ)



という風に 解釈しました。


今回の受講生は8人。

その中に 
またしても なんとも不思議な出会いがありました。


スピリチュアル業界では皆さんも良くご存知の方 です。

その人とは・・・!



つづく。




(ひとつ訂正です。

講師の奈良先生は

地鎮祭屋さんを日本で最初に始めた人

です。

漫画の活字では「屋」という一文字が 抜けていました。


今回先生に会って 確かめてきましたので 誌面より一足先に訂正しておきます。)






ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。ひぐかんZです。


7月24日 『たま出版』編集長の韮澤潤一郎さんに 会ってきました。

韮澤編集長といえばTV『たけしの超常現象秘Xファイル』のオカルト肯定派。

あの大槻教授と数年来のバトルを 繰り広げておられる方です。




特に「金星人住民票説」 では 有名です(-^□^-)



トンデモ系(別名 DQN系 笑)ばかり扱う この漫画において

まじめに精神世界の重鎮ともいえる生・韮澤編集長は 

どこまでぶっ飛んだワクワクする話題を 下さるのでしょうか。




オフィスは 都心の一等地。

かなりわからない場所です。 タクシーでも、間違いなく 迷うガーン

一階付近を うろうろしていたとき・・・・


早くも 「らしい」 お店を発見!!


とんでも不思議Watcher 取材日記-韮澤1




おおお。怪しい。



とんでも不思議Watcher 取材日記-韮澤2



が、たま編集部とは ぜんぜん関係ないようです。


面会は3時間弱、みっちりお話聞かせていただきました。


ほとんどTV業界のNG話でした・・・・


話の内容は この本に詳しくあるようです。


とんでも不思議Watcher 取材日記-HONN 1



それにしても テレビで印象つけられた韮澤編集長と 生の ご本人は 
ぜんぜん違うキャラクターでしたよ。


生のほうが 凄みが効いています。



歩いてきた経歴など お聞きすると、重くて 楽しくて面白い方でした。


こんなマニアナなファンに向けた本も出ているようです。(^▼^)


とんでも不思議Watcher 取材日記-HONN2




テレビって 余計な イメージ作っちゃうんですね。


大槻教授とも 収録の後 教授の車に乗せてもらって 一緒に帰った仲のようですにひひ

仲悪いことになってないと、番組が面白くなくなっちゃうからかな。

犬猿の仲を対面上貫くのも大変そうです。


とんでも不思議Watcher 取材日記-OOTUKI




最後に 記念撮影です。パチリ。
右は 作家でオカルト研究家の山口敏太郎さんです。
ありがとうございました。


ニコニコ
とんでも不思議Watcher 取材日記-韮澤





詳しくは、9月発売の『ズキュン!』誌面で読んでね~ドキドキ







ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
巫女の癖に神を疑うなというご意見をいただきましたので 補足です。


一部誤解している人がいるようですが


これは 神様そのものを否定する、ということではありません。




たとえば この私自身に

「われは神である」とか「私はあなたの守護霊だ」などと

 名乗って出てくるモノたちがいたら

「あなた 本当に神様ですか?」 

「目立ちたいだけの なんちゃって霊チャンじゃないですか?」


と 受信した自分自身も含めて疑うよ、という意味です。





なぜかって?


 神様を 受信できるほどの方って 

相当 高い波動を持った人だけだと思うからです。


違いますか?


魂の修行ができてなきゃ 

高次元の存在がいくら話しかけたって 聞こえないと思います。



「神を疑う巫女になる」というのは

自分は完璧ではないな、と思うからこその 発言です。




他人が「神様だと」信じているものを取り上げてまで否定するつもりもありませんが


すぐに宗教にハマってだまされるタイプの人に 

伝えたいことが ひとつだけあります。


どんなに優れた霊能力者だって お金に目がくらめば能力が鈍ります。


そのような霊能者を疑いもせずいつまでもヒーロー扱いするのも 危険です。


これは、自分自身の失敗から学んだ結果、そう思っています。 


いつか漫画に描きたいと 思っています。


見抜く目が必要だということです。


自分自身にもいつも言いきかせています。


くりかえします。


妄信は 絶対に危険です。






ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
『激ヤバ恐怖スペシャル』7月22日より全国コンビニ・書店で発売です!


~戦慄!!心霊ホテルは存在した!!~




とんでも不思議Watcher 取材日記-kyouhu


今回は取材ではなく 自身の体験談をボスにお願いして描かせていただきました。



最初に言っておきますが 誇張も脚色もあります。

だって そのまま描いたら ホテルからクレームが来ますから・・(^ー^;)

脚色したところは ホテルの外観・内装・Kちゃんの肩書き・あたりです。

体験は霊視能力の強いKちゃんの証言を再現しました。

あとは ほとんど 実話です。

あの恐怖体験は今年の2月に体験した話であり、

Kちゃんもホテルも 実在のモデルがあり証言を基にしています。


内容を聞いたボスが

「描くからには ギャグ要素一切無しでおしっこチビらせろ」 

と言ったので(;´▽`A`` 




言われた本人が(難儀なミッションに)チビリそうになりながら描きました。


「絶対に施設や所在地がばれないように」という条件で

ピリピリしながら描かせていただきました。





本当に怖かったので 恐怖感が誌面で 伝われば本望です。




ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
 『ほんとうにあったゆかいな話芸能ズキュン!』

今月14日より発売です。




とんでも不思議Watcher 取材日記-8gatugou



今回は『巫女道入門編』です。



講師の奈良先生は日本ではじめて地鎮祭を始めた、ということです。

地鎮祭なんて大昔からやってるのでは? と 思っていましたら
以外にも正式な地鎮祭が体系付けられたのは、つい最近なのだそうです。



巫女の研修は一泊二日でした。

ただ これで 終わりではなく

入門編・・・一泊二日
初級編・・・一泊二日
中級編・・・現在開催日時未定(3日以上が予想されます)
上級編・・・開催日時未定
特別クラス編・・・・開催日時未定 


と延々とあるようです。


講師のN先生は 元ヒッピーで、TVプロデューサーもやっていたという移植の経歴。

政界でいえば『維新の会』の橋本市長に似ていると思います。

神社本庁管轄が王道とされる神社界では 革命児的存在なので

いろいろと 反論したい輩もいるようです。




が そういう 宗教的な派閥チックなことは

アタシヤ編集部に言ってもチンプンカンプンなので


そこんとこヨロしく~



つまらない宗教上の作法でいちゃもんつけられたくないし 

その(習ってきた)作法にしても

右が上位で左が下位でとか これだって 神様がそういったの?



ニンゲンが決めたんじゃないの?



それをがんじがらめに 守らなければ 天界と通じないの??


とか  

罰当たりで低レベルの疑問を 普通に抱いてしまう人間です。



(修了証書をもらった今だって思ってます!)


私は 誰の信者でも弟子でもありません。 何の宗教にも染まりません。



巫女に関しては 人一倍「神」や「霊能者」を疑う巫女になると思います。



マイペースで行きます。




今後が 楽しみです。





ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月より 『怖い話グランプリ』 「怖話」 サイトエントリーについて



6月一ヶ月様子を見ました結果、 

思いのほか大量の時間と労力を費やすので

これでは本業のほうに支障が出ることがわかりました。



よって 7月より

ひぐらしカンナという商業用ペンネームでのエントリーは 控えさせていただき

今後は匿名一個人のアプリ使用 ということで楽しむことにします。



どのペンネームかは あえて公表しませんが 


こういうのは 遊び感覚でゆるくやらせてください。



よろしくお願いします。    




ひぐらしカンナ  拝
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。