不思議watcher ~神秘と怪奇の備忘録~

身の回りの不思議体験報告・実話怪談・取材写真、ここだけの話をアップします。


テーマ:
うちのJr.が 3歳のころの お話です。



おばあちゃのうちで ある日 見たことも無い文字をかきました。


とんでも不思議Watsher 取材日記-文字2




漫画にも描きましたが


ブツブツブツ・・・と 幼児とは思えない 言葉をつぶやきながら
描いていたそうです。



ひらがな・カタカナもかけないころでした。




「そろそろ字が覚えたくなってきたんだわ」

と 私は ほほえましく見ていたものです。




しかし 私もオカルト母。

かの有名なオカルト研究家の 山口敏太郎さんのツアー取材に同行したときに

この文字を持参して行きました。w


そこでのご縁で 知り合った日蓮宗連久寺の住職で 
霊能力者の三木大雲
 さんに 

コレを鑑定していただいたところ、以下のようなコメントを いただきました。



--------------


 「興味深いのは、文字全体が
波のように規則性があるように感じられます。

これは、娘さんが頭の中にある映像をそのまま転写しているのではないでしょうか。

この先、娘さんが、ひらがな、カタカナ、漢字などを覚えてくると、

もしかすれば私たちにも読める形で現れてくるかもしれません。


あくまで、これは私個人の感じたことであり、もちろん確信できることではありませんが、、、。

ただ今言えることは、「お筆書き」の可能性が高いということでしょう。」


ーーーーーーーーーー


以上です。 

また

このような文字に読める可能性もある、ということでした

(これが正解というわけではないそうです)

とんでも不思議Watsher 取材日記-解読



ふむふむ。 「お布施」というのが うちの子だったら 言いそうだわ・・・




漫画では一部分でしたので ほかのものも 載せます。





$とんでも不思議Watsher 取材日記-文字1




また あるときはこんな絵を 描きました。



とんでも不思議Watsher 取材日記-kao


この カオの下の○に十文字はなに? ときいたら しばらく考えて


 「うちゅう! うちゅうの やちゅ!! 」 


と 言いました。 


古代史研究家の友人の話によると

 ○ に十文字は 「宇宙の真理」を表す とも言うそうです。

( ○ は物質世界、+ は 神、  またはカ=火 ミ=水 )

かの「ムー大陸」の紋章 でもあります。



この図は 我が家 4人家族を描いたものだそうですが 

4人しかいない 生きた人の似顔絵で 

この図のように 背後に一人余分に描くのも よくあります。

ほかのちびっ子にも ごく普通にあるのではないでしょうか。





子どもの描くものは ときに真理を ついています。


見逃さないように 捨てないように・・・



ひょっとしたら 天からあるいは宇宙から古代からの 預言メッセージ かもしれません。







ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


不思議Watcher の ひぐかんZです。


今日発売の『芸能ズキュン!』 および 
増刊 『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』 の クイズの正解です。


宇宙文字はこのようになっていました。


$とんでも不思議Watsher 取材日記-宇宙文字




使われていた文字は 神代宇宙文字のひとつで 豊国文字といいます。



とんでも不思議Watsher 取材日記-豊国文字
豊国文字↑


正解は







こうでした。





とんでも不思議Watsher 取材日記-解読




この続きは ぜひ オンエアのほうを観てください。




エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ
『北野誠のおまえら行くな。~ぼくらは心霊探偵団~』

URL
http://www.entermeitele.com/




スカパー!、ケーブルテレビ、ひかりTVにてご覧いただけます)

3月17日、3月24日ほかで放送予定 



★1月23日より発売中! 

 『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房) 

とんでも不思議Watsher 取材日記-表紙




★中山市朗先生ブログはこちら。

http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/














ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
山の牧場、最終夜です。




写真を アップします。






リビング内部。

とんでも不思議Watsher 取材日記-リビング内部



深夜の女子部屋。

とんでも不思議Watsher 取材日記-深夜の女子部屋






深夜の牧場。

とんでも不思議Watsher 取材日記-深夜の牧場1





とんでも不思議Watsher 取材日記-深夜の牧場2




牛舎内部。

とんでも不思議Watsher 取材日記-牛舎内部





深夜の倉庫。

とんでも不思議Watsher 取材日記-深夜の倉庫





この手前に生えている植物がとげがあって危険でした。

服や手に引っ掛けて怪我をしました。


とんでも不思議Watsher 取材日記-危険な植物





牛舎入り口付近。

バーベキューのお店があったのでしょうか。

とんでも不思議Watsher 取材日記-牛舎入り口付近


MIB(&宇宙人)は牛肉好き? まさかね・・・





ここにきたときに 多怪書房映像部のM氏が

「ここダメ・・ここダメ・・」


といいはじめました。



その声を聞きながら 先ほどの看板のあたりをとった一枚が 

コレ↓



とんでも不思議Watsher 取材日記-牛舎入り口



こんなふうに見えます↓



とんでも不思議Watsher 取材日記-牛舎入り口図解




閲覧してしまった人は これも ご縁です。 



ただのシミ であることを 願って

心の中で ○印の彼らに 掌を合わせましょう。








ここにも何かを 感じます。てか、 なにか乗っているような

とんでも不思議Watsher 取材日記-深夜のジープ



テント内部。

とんでも不思議Watsher 取材日記-テント内部









ここまでひっぱったときに ある読者さん(霊感強し)から 

「あくまで一個人の感想ですが」と ことわった上で

このようなメールを頂きました。


--------------


死んだ生物は一緒に焼却やら薬品かけて処分し、

崖から散布してる映像が浮かびます

妄想かもしれませんけど、

泥のように濁った眼球が

こっちを見ている風景は発狂しそうです




--------------

ということでした。





私自身も 漫画の14ページ中に、

赤い、牛舎の屋根に濁った二つの不気味な目を描きました。



とんでも不思議Watsher 取材日記-目玉





探索中、こんな「目玉」に ずっと見つめられている状態でした。








ここで黒づくめの男や車が目撃されているという過去の情報からすると



MIBに見えたものは 闇を牛耳る893さんだった


説が 浮上します。






解体されていたのは ほんとうに 牛だけでしょうか。 








やばくなってきたので もう そろそろ やめます・・・・












朝になると、「危険な植物」 がよく見えました。



とんでも不思議Watsher 取材日記-危険な植物2



夜明けに廃墟に虹が 出ました。

とんでも不思議Watsher 取材日記-夜明けの虹




このロケでは 

赤外線定点カメラで 深夜の牧場が 夜通し撮影されました。

そこに 何が映ったのか・・・ は  実は私も 知りません。
 





この続きは ぜひ オンエアのほうを観てください。





エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ
『北野誠のおまえら行くな。~ぼくらは心霊探偵団~』


スカパー!、ケーブルテレビ、ひかりTVにてご覧いただけます)

3月17日、3月24日ほかで放送予定 



★1月23日より発売中! 

 『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房) 

とんでも不思議Watsher 取材日記-表紙




★中山市朗先生ブログはこちら。

http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/









ペタしてね 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【 番外編・怪談 



この『山の牧場』に潜入する数日前のことです。


ひぐかんZは 霊感のとても強い ひぐかん妹と電話で 話していました。



『新耳袋4』の巻末に載っている山の牧場の 見取り図を見ながら、



「山の牧場のここにお札があってね・・・」


という説明を 妹にしていたのです。




すると 電話の向こうで ひぐかん妹が 

 「ねえ、今、おねえさんの部屋ってドアが開いてる?」 



ひぐかん 「いや、開いてないよ」



妹  「キィ・・・キィ・・・って、小刻みに 木のドアが鳴ってる音がするんだけど」 



私は部屋を見回しましたが ドアはキッチリ閉まっています。



ひぐかん「開いてないよ」  



妹  「だって・・お姉さんが話してる声の後ろでさっきから ずっと鳴ってるんだわ・・」 



つづいて

妹  「ねえ! お姉さんの傍に Hさん(ツレ)いる?」 



ひぐ 「いや、仕事部屋には 私ひとりだよ」


妹  「姉さんの声の後ろで ボソボソ話す 男の人の声がする」 



実際に山の牧場に 来て見ると お札の棟に「木の扉」 ・・・ありました。



関係あるのか わかりませんが・・・



実話です。





そろそろ 夜が 更けてきました。





とんでも不思議Watsher 取材日記-もや




この 妙な白い「もや」 は・・・・?




とんでも不思議Watsher 取材日記-もやの正体



もやの正体は「タバコの煙」 でした。



恐怖の正体なんて 案外あっけないものだったりしますね。





PM10:00。テント内で 夜のロケ開始です。




とんでも不思議Watsher 取材日記-テント内で怪談トーク
(左から中山市朗先生、タレント北野誠さん、怪談蒐集家の西浦和也さん)



夜になってから 動物の獣臭が すごくなりました。



警戒しながらも 山の牧場の時系列の話をしていたときのことです。



「ジャリジャリジャリ・・・・!!」


テントの外を足音が通過しました。


獣の音ではありませんでした。


(TVにはこの足音が入っている可能性があります。

放映時にはぜひ音声もチェック!)




足音が通り過ぎたと思われる、部分。↓



とんでも不思議Watsher 取材日記-テントとスタッフ車



不審な音に スタッフ数名が飛び出して 足跡が通り過ぎた周辺を 確認。


人影は見当たりません。 


が・・・



とんでも不思議Watsher 取材日記-不振な音に飛び出すと・・


画面右上、この肌色は何でしょう?






恐怖心が麻痺したスタッフさんは そのまま 夜の 廃墟に探索に突入。



テントで一人になるのも怖いので 私もついて行きました。



仕事とはいえ、恐怖スポットへ侵入というのは



「おとなしく暮らしていた?霊さんの家へ土足で踏み込む行為」です。


仕事でなきゃ 絶対自分からはやりません。




もう どんな禍に巻き込まれても 自己責任です。


・・・・






あと少し つづく。








※今回はエンタメ~テレ☆シネドラバラエティ
『北野誠のおまえら行くな。~ぼくらは心霊探偵団~』


スカパー!、ケーブルテレビ、ひかりTVにてご覧いただけます)

3月17日、3月24日ほかで放送予定の番組収録ロケの同行記録です。 




★1月23日より発売中! 

 『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房) 

とんでも不思議Watsher 取材日記-表紙




★中山市朗先生ブログはこちら。

http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/









ペタしてね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
つづいて お札のあった①棟に 移動します。



この棟も  2階建てにもかかわらず、階段がどこにもありません。 


『新耳袋~現代百物語第4夜』最終話の記述どおり、裏手の崖をのぼって 2階に入りました。

入ってすぐに  お札の何枚か が見つかりました! 


とんでも不思議Watsher 取材日記-お札発見



ここで カメラの異常に気づく。

①棟に入ったら ひぐかんの愛用カメラが突然 モノクロモードになってしまいました。


崖を登ったときの衝撃で 設定モードをいじってしまったのかもしれません。



とんでも不思議Watsher 取材日記-お札



お札は「部屋にびっしり」・・はなく、5枚だけでした。


しかし壁には 画びょうを刺した後が 無数に ありました。






この お札のすぐ下が ①棟2階の ドアです。

外開きですが 外に 階段は どこにもありません。


とんでも不思議Watsher 取材日記-①棟から見た②棟(人物ナシ)





うっかり戸を開けて一歩進んだら 真っ逆さまです・・




1982年発見当時の様子を説明する、ロケ中の中山市朗先生。

とんでも不思議Watsher 取材日記-①棟から見た②棟






ところで このドアの足元は 靴脱ぎ場のようなスペースがありました。

やはり

①棟と②棟の間には 連絡通路のようなものがあったのかもしれません。



見取り図を もう一度 添付します。


とんでも不思議Watsher 取材日記-見取り図



つづいて お札を背にして 2階の奥へ。隣は和室でした。



とんでも不思議Watsher 取材日記-たすけて




「この文字はイタズラですね」 と 中山先生。


『新耳袋』ファンの仕業のようです。



第一発見当時の「たすけて」の文字は  緑ではなく白いペンキ だったそうです。



つづいて 一階に降りてみます。


一回には 大きな石のテーブルがありました。




とんでも不思議Watsher 取材日記-石のテーブル



大きいといっても このくらいの大きさでした。


「部屋全体に」というほどではありませんので
『新耳袋』の記述にあった石テーブルとは 別のものでしょうか。



このテーブルの奥が 事務所です。




とんでも不思議Watsher 取材日記-一階奥の事務所



ここで また カメラに異常が。


今度は まちがいなく 崖の衝撃では ありません。
だれが私のカメラをいじってる?


(私はいじってません)


しかし モノクロのほうが 味があるようなので これでよし。


この事務所ですが デスクには当時の書類がそのまま という感じでした。


壁もスケジュール表や賞状など、そのまま。


引っ越すのであれば普通は片付けて持っていくようなものまで そのまま 置き去りで・・・




突然夜逃げしたか、突然人だけが神隠しにあったか


・・・・のような 奇妙な残されかた。


まるで 「私たちの主を探して」と 訴えているかのようでした。







この①棟ですが 2階出入り口に 木の扉があります。


手で触ると「キイイキイイ・・・」

という音がします。




ここで実は 漫画で 描かなかった 怪談を ひとつ。







次夜に つづく。







※今回はエンタメ~テレ☆シネドラバラエティ
『北野誠のおまえら行くな。~ぼくらは心霊探偵団~』


スカパー!、ケーブルテレビ、ひかりTVにてご覧いただけます)

3月17日、3月24日ほかで放送予定の番組収録ロケの同行記録です。 




★1月23日より発売中! 

 『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房) 

とんでも不思議Watsher 取材日記-表紙




★中山市朗先生ブログはこちら。

http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/









ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第5夜 従業員棟に潜入です。





タレントの北野誠さん と 『新耳袋』著者の一人、中山市朗先生が上って行きます。

つづいて ロケ班の皆さんも 2階に上っていきます。 



とんでも不思議Watsher 取材日記-強引につけられた階段



従業員棟は2階立てですが 当初は階段がなかった模様。

1982年に中山先生が最初に発見したときも 階段が無かったという。


謎です・・

 

写真のように強引に2階の床を ぶち抜いて 穴があけられ

そこに階段がつけられていました。



とんでも不思議Watsher 取材日記-階段2


あがってすぐに左手を見たところ。


とんでも不思議Watsher 取材日記-あがってすぐ





こちらは後回しにして、先に右手側を探索しました。





とんでも不思議Watsher 取材日記-リビング




従業員用のリビングでしょうか。


調味料が そのままです・・



このリビングに カレンダーがありました。



とんでも不思議Watsher 取材日記-カレンダー



1998年、寅年で 時が止まっています。




もうひとつ 奥の部屋 へ行くと・・



とんでも不思議Watsher 取材日記-中央の部屋



足元は 小動物の獣らしきフンが 散らばっています。



さらに 進みます。

とんでも不思議Watsher 取材日記-突き当りの部屋



突き当たりの部屋。


机の上には「借金の返済方法」と手書き文字で びっしり書かれた 
意味深な ノートがありました。


この写真を 確かに撮ったのですが データに見当たりませんでした。



写真の窓の向こう側が『新耳袋~現代百物語』の記述にあった

 「お札と和人形のあった部屋」

だということです。 

見取り絵を以下に出します。


とんでも不思議Watsher 取材日記-見取り図




この窓は ちょうど②棟2階から ①棟を眺める形です。




引き返します。



同じ場所に戻ってきました。


とんでも不思議Watsher 取材日記-あがってすぐ


よく見ると ここも壁がぶち抜いてあります。


まともな建て方とは 思えません。


ぶち抜いた奥に 意味ありげな隠し部屋がある模様です・・


思い切って中に入ってみます。


とんでも不思議Watsher 取材日記-女子部屋


ベッドがありました。

カーテンの趣味からして 住人は「若い女性」と思われます。・・・

枕についた 汗のしみが 生々しいです・・



ここの住人は 何処へ行ってしまったのでしょうか。




ビリビリになったクローゼットを撮影中、

画面下部分に オーブが 写り込んでいます。




とんでも不思議Watsher 取材日記-オーブ



この女子部屋の2階のベランダからの一枚。


とんでも不思議Watsher 取材日記-女子部屋ベランダから撮影




とんでも不思議Watsher 取材日記-女子部屋・台所




ふと、ひぐかんZは 女子部屋で ナゾの診察券を見つけました!


とんでも不思議Watsher 取材日記-なぞの診察券





この診察券にまつわる話は テレビで見てくださいね。




エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ
『北野誠のおまえら行くな。~ぼくらは心霊探偵団~』


スカパー!、ケーブルテレビ、ひかりTVにてご覧いただけます)

3月17日、3月24日ほかで放送予定です。 







★1月23日より発売中! 

 『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房) 

とんでも不思議Watsher 取材日記-表紙




★中山市朗先生ブログはこちら。

http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/








つづく。






ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。