不思議watcher ~神秘と怪奇の備忘録~

身の回りの不思議体験報告・実話怪談・取材写真、ここだけの話をアップします。


テーマ:
今回はエンタメ~テレ☆シネドラバラエティ
『北野誠のおまえら行くな。~ぼくらは心霊探偵団~』


スカパー!、ケーブルテレビ、ひかりTVにてご覧いただけます)

3月17日、3月24日ほかで放送予定の番組収録ロケの同行記録です。 



牛舎の中に潜入しました。


とんでも不思議Watsher 取材日記-牛舎潜入





いきなり、入り口に 廃車のジープがあります。

とんでも不思議Watsher 取材日記-乗り捨てられたジープ


山の牧場でしばらく牧場を経営していた人のものでしょうか。





最初に入った牛舎の内部は こんな感じ。


とんでも不思議Watsher 取材日記-女性が見えた牛舎内部




漫画にも描きましたが 牛さんは一頭も いません。




11月でしたので 廃墟とはいえ、蔦がきれいでした。


とんでも不思議Watsher 取材日記-牛舎内部2



医療器具のようなものが 置き去りにされていました。



とんでも不思議Watsher 取材日記-実験道具




とんでも不思議Watsher 取材日記-医療器具





下は漫画に描いた、 「むき出しの鉄骨」フルカラーです。


とんでも不思議Watsher 取材日記-むき出しの鉄骨



建物を支えるには 危険すぎますよね。


まるで 

見てくれだけの 牛舎の外観を保つためだけに 作られた 


ようにも見えます。




テントに一番近いほうの 牛舎内部です。


とんでも不思議Watsher 取材日記-テントよりの牛舎





なぞの倉庫の奥はこのようになっていました。

整然と積まれた荷物の様子から

まだ何者かが使っている  ようにも 見えました。





下は 女性(のようなもの)が 写っていた 牛舎の窓付近。 (ボス坂本撮影)


手前の毛糸の帽子が σ(゜゜) です。




とんでも不思議Watsher 取材日記-女のいた牛舎前


(写真が見当たらなかったので 残念ですが)

実は この牛舎の内部には 軽トラック(廃車)が一台 ありました。



そのとき私は
「女性の頭のように見えたものは 車のタイヤだったのか!」 


と 思いました。


しかし、スタッフさんにも 見てもらった結果では

「このアングルで あの窓から この車のタイヤは 写らない」


と 言われました。




前回のブログ 第3夜 を もう一度よく見てください。


写っている女性の頭の部分・・・確かに 普通車のタイヤみたいに見えます。



しかし、実際にあったのは 普通車ではなく 軽トラックでした。










次は牛車を出て 下の従業員棟に 移動します。







とんでも不思議Watsher 取材日記-牛舎側から見た棟



まもなく 日没 です・・・・






第5夜につづく。





★1月23日より発売中! 

 『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房) 

とんでも不思議Watsher 取材日記-表紙




★中山市朗先生ブログはこちら。

http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/








つづく。






ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
続きです。

山の牧場に到着。



※今回はエンタメ~テレ☆シネドラバラエティ
『北野誠のおまえら行くな。~ぼくらは心霊探偵団~』


スカパー!、ケーブルテレビ、ひかりTVにてご覧いただけます)

3月17日、3月24日ほかで放送予定の番組収録ロケの同行記録です。 







ここから先は 言葉少なめに、写真メイン で 行きます。


何が潜んでいて ここで何が起こっているのかは 皆様のご想像に任せます。




道中 著者で体験者の中山市朗先生から、ロケ車の中で『山の牧場』の内容を

直接お聞きしました。


後輩Kの友人が行方不明になって・・・というあたりまで 聞いたとき

中山先生の体調がおかしくなりました。



車酔いでしょうか。




車から降りて 少し休憩を とる一行。

とんでも不思議Watsher 取材日記-気分が悪くなる中山先生



14:00  「山の牧場」到着。 


とんでも不思議Watsher 取材日記-入り口外観


写真向かって右下に「畜魂」の石碑があります。

「畜魂」をネットで調べてみると この石碑はやはり家畜の解体所である場所に多いようです。



家畜の慰霊碑のようなもの でしょうか。




とんでも不思議Watsher 取材日記-一階は薪


一階は薪がびっしりでした。

これら 暖房のための燃料だったのでしょうか。





廃墟の前で 一枚 お写真を いただきました。



とんでも不思議Watsher 取材日記-メイン2人


タレントの北野誠さん(左)と 『新耳袋~現代100物語~』の著者、

中山市朗先生(右)です。






いよいよロケ開始です。右は 怪談蒐集家の 西浦和也さん です。




とんでも不思議Watsher 取材日記-ロケ開始



牛舎の奥から 探索開始です。

とんでも不思議Watsher 取材日記-オーブ




取材スタッフの最後尾・カメラさんの右上に 

オーブのような発光体が早速 写りこんでいます。


ただの光のハレーションでしょうか。それとも・・・






いちばん奥の赤い牛舎。

とんでも不思議Watsher 取材日記-奥の一棟



この棟の先は がけっぷちになっており 危険。


1998年以来 人の出入りが無いらしい。

(それまでは 牛舎を営んでいた人いたようです)




とにかく 人の丈ほどあるススキで遭難しそうです。



とんでも不思議Watsher 取材日記-ススキで遭難しそう




下は 10人は収容可能のスタッフテント。今夜はここで泊まります。


私は女性ということで 一人でロケ車に泊まれとのこと。


・・・・


とんでも不思議Watsher 取材日記-スタッフテント



ちなみに このテントはこんな位置に張られました。




とんでも不思議Watsher 取材日記-覗く女性




上の写真、中央の窓をよく見てください。






牛舎に違和感を 感じませんか。




 緑の服を着た女性(のようなもの)が 

牛舎から じっとスタッフを見つめています・・・
汗



とんでも不思議Watsher 取材日記-覗く女性図解




この正体は 何でしょうか。





ちなみに

今回の取材に同行した女性は わたし(ひぐかんZ)一人だけです。





いよいよ牛舎内部に 潜入します。






第4夜に続く。



★1月23日より発売中!  『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房) 

とんでも不思議Watsher 取材日記-表紙





★中山市朗先生ブログはこちら。

http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/





ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。


第2夜に入る前に 一言お詫びと訂正 です。


増刊『激ヤバ恐怖スペシャル』誌のほうで 誤植が2箇所ありました。


P3の北野誠さんのセリフが「友人K」となってますが、ここは ただの「友人」が正しいです。


Kと友人は同一人物では ありません。


また 後編の2ページ目の中山先生のセリフが「ぼく」⇒「ばく」になっていました。


写植校正の段階で 間違えられたようです。



こういうの、マジ 困るわ・・・汗




友人Kと Kの友人では 大きく違います。


Kさんは生きています! 



関係者の皆さん 申し訳ありません。


くれぐれも私が間違えたのではありませんよ~。


文句は編集部にゆってねラブラブ
 





さて、 山の牧場の続きです。


中山先生が 1982年に 初めて 山の牧場に訪れたときに 見たものは

階段のない2階建ての家・・・ 

壁 一面に貼られた お札・・・

床に転がり天井を見つめる 日本人形たち・・・

漆喰の白い壁に書かれた「たすけて」 のペンキ文字・・・


そして もう一つの部屋には 

分厚い医学書と 壁にびっしり書かれた、宇宙文字のようなもの・・・

だったということです。


この宇宙文字ですが 漫画ではこのようになってます。


 
 $とんでも不思議Watsher 取材日記-宇宙文字



実はこの文字、ちゃんとした言葉になっています。

(といっても これは漫画の中だけのことで
実際の山の牧場と 同じ字体では ありませんので 悪しからず )


ここは読者の皆様のために
ひそかな サプライズコマに仕立ててありますにひひ


これは 神代宇宙文字 と呼ばれる 古代文字のひとつです。


暗号を解いてみてください。 ヒントは 「神代宇宙文字」または「豊国文字」です。






正解は 2月14日 『本当にあったゆかいな話芸のズキュン!』発売日にここのブログで。








※今回はエンタメ~テレ☆シネドラバラエティ
『北野誠のおまえら行くな。~ぼくらは心霊探偵団~』


スカパー!、ケーブルテレビ、ひかりTVにてご覧いただけます)

3月17日、3月24日ほかで放送予定の番組収録ロケの同行記録です。 




★1月23日より発売中!  『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房) 

とんでも不思議Watsher 取材日記-表紙






中山市朗先生ブログはこちら。

http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/





ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2011年11月某日。



『山の牧場』 に 行ってきました。



今回の取材は 人気タレント・北野誠さんの番組

 『北野誠の お前ら行くな。~僕らは心霊探偵団~』 

(スカパーCSチャンネル720 エンタメ~テレ 2012年2月よりスタートの新番組)

の タイアップ企画ということで 取材に同行しました。





「山の牧場」は  『新耳袋~現代100物語 第4夜』の最終章で
中山市朗氏が語る最恐の実話 
 
です。


詳しい内容については 『新耳袋4』を買って読んでください。



山の牧場の場所は・・・・
 

かつてここへ写真を取りに来た 中山先生の後輩の友人が

写真ごと行方不明になっており、現在も見つかっていません。

家族全員 行方不明ということです。




大変おそろしげな場所であったので 行き方は 封印します。





ここでの写真は 私(ひぐかんZ)が撮影した写真を 少しずつ 

小出しに紹介して行きます。 







山の牧場まであと少し・・・というところで スタッフ車が 前に進まなくなりました。


舗装されていない山道。砂利でタイヤがスリップし始めたからです。




男性スタッフの方々が 車を押している時です。


私は 進行方向が気になってカメラごしに覗きました。 進行方向上空に黒い点が見えました。





カメラから目を話すと 黒い点は 無し。


もう一度のぞくと、 ある。





とりあえず 連写してみました。以下はその写真です。


雑誌上では1~2枚でしたが、実際の連続写真の順序のままアップするとこうなります。



とんでも不思議Watsher 取材日記-光1



とんでも不思議Watsher 取材日記-光2



とんでも不思議Watsher 取材日記-光3



とんでも不思議Watsher 取材日記-光4



とんでも不思議Watsher 取材日記-光5





逆光でカメラを覗くと このようなハレーションは 良く起こります。



しかし

知り合いにこの写真を見せたところ、 神通力のある1人が

「この光・・あなた(たち)に危険を知らせようとしてますよ」

と言いました。 



 「ここは行ってはいけない、神隠しに遭うところ」 


といいました。そして


「どこへ行こうとしてたんですか」

と 尋ねられました。



もちろん 「今から行く先が山の牧場」だとは その方は 知りません。

そのあと その方は

「ここはたとえばUFOとか・・・」


といいかけて、しかし そのまま 黙ってしまいました。



(漫画には描けなかった実話です)





その方は何を、言おうとしたのでしょう?


何が 脳裏に見えたのでしょう?






第2夜に つづく。





★1月23日より発売中!  『ほんとうにあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房) 

とんでも不思議Watsher 取材日記-表紙






中山市朗先生ブログはこちら。

http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/





ペタしてね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。