スチール チェンソー と他メーカーとの比較 ヘビーユーザー プロ機 編 | 岩手県 二戸市 の工具専門店 STIHL Shop スチールショップ ひぐひぐのブログ

岩手県 二戸市 の工具専門店 STIHL Shop スチールショップ ひぐひぐのブログ

東北最初のSTIHL SHOP スチール ショップ

チェンソー、刈払機を始め、エンジン工具、電動工具の専門店です。

故障修理情報、新製品情報などをヒマみて、当方調べにて更新中 (^^

スチールショップの当店が独断と偏見での比較ですニコニコ

 

日本国内で購入できる チェンソーメーカーにおける ラインナップの種類の多さは 一番多いのが STIHL ではないでしょうか? 

さすがは チェンソー販売 世界 1位 のシェア率といったところだと思いますラブラブ!

ラインナップが多い ことで 用途・予算に合わせた機種を選択することができます。ひらめき電球ニコニコ 

 

そして、お待たせ スチールの プロ機 編ですニコニコ

 

カジュアル機編

トップハンドル・横型軽量機・セミプロ機 編

 

プロ機は なんといっても軽量・高耐久!!!!!!!!

 アルミダイキャスト マグネシウムボディ!!!!!!!!

 

プロ=仕事で使う人じゃないと使いこなせないダウンダウンダウンダウン イメージひらめき電球汗汗汗汗

全然 そんなことありません!!!!!!!! 

予算が取れるなら、絶対プロ機がお勧めアップアップアップアップアップアップラブラブ!

 

実際、薪づくりの方が広葉樹が硬いので 手が疲れにくいアップアップアップアップ 低振動・ハイパワーアップアップアップアップアップ

 

 MS201・MS241・MS261 シリーズのプロ機を買うことが多くなっております。アップアップアップアップラブラブ!

この3機種の当店のお客様 8割が薪づくりユーザーさまですひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球ニコニコ

 

MS201C-M 35.2cc 1.8kw 3.9kg 74.800円

実はここは 昔はライバル機 があったのですが、現在は 見当たらない 独断市場ですひらめき電球アップアップアップアップ

以前は MS200 時代 ハスクの339がライバル機でしたが、ハスクの現行はトップハンドル T540のみ

同じくらい パワーが欲しい となると 

共立ではCS4200ES 海外サイトですが

https://www.echotools.com/en_us/products/chain-saws/chain-saw/cs-4200es_30

39.6cc 1.89kw   4.4kg

新ダイワ ですと E2038

http://www.shindaiwa.com/products/category_detail/id=7453

38.4cc 1.9kw 4.5kg

ハスクですと 440e

https://www.husqvarna.com/jp/products/chainsaw/440-eii/967155855/

40.9cc 1.8kw 4.4kg 

と全て 縦型エンジンになります。

 

と、横型エンジン・リアハンドルでは 知る限りでは 一番の ハイパワーで 1.8kw出力の ある中では一番 軽量モデルになりますラブラブ!

そしてキャブレターは電子制御のエムトロニックですひらめき電球

 

 

そして MS241C-M  42.6cc 2.3kw 4.5kg 104.800円

発売 当時からは耐久性はそのままで、ネジ1本まで軽量化に こだわり マイナーチェンジ後 4.8kg→ 4.5kgを実現したモデル です。

 

ライバル機は

ハスク 543XP 43.1cc 2.3kw 4.5kg  103.600円~139.000円

ゼノア  GZ4350EZ 43.1cc 2.3kw 4.5kg  82.261円~135.500円

共立 CS42RS 42.1cc 4.5kg 84.433円~110.000円 

CSVE4503 44.6cc 4.7kg 111.942円~142.000円

新ダイワ E1042S 42.1cc 4.5kg 73.831円~115.000円

ヤマビコの2社は出力表記を見つけれなかったのですが

http://www.shindaiwa.com/products/category_detail/id=7455

海外サイト で45.1cc 2.26kwでした 

 

やはりお勧めは MS241 

キャブレターは電子制御のエムトロニック、 押し付けた時の粘る トルクは従来キャブの粘りと全然違い、排気量以上の パワー感を得ることができますアップアップアップアップラブラブ!

 

 

そして 当方エリアのプロ機 1番人気 アップアップアップラブラブ!

MS261C-M 50.2cc 3.0kw 4.9kg 126.800円

こちらも 発売当初の5.2kg から耐久性はそのままに軽量化を図り 現行 4.9kgを実現したモデル

そして2.8kw→3.0kwにパワーアップしておりますアップアップアップ

ライバル機は 

ハスク 550MarkⅡ 50.1cc 3.0kw 5.3kg 価格は550ですが 143.465円~158.000円 

共立 CS500DE 50.2cc 4.8kg 2.57kw(同等だろうと思われる海外サイトより) 

124.800円~160.000円

https://www.echotools.com/en_us/products/chain-saws/chain-saw/cs-501sx_37

新ダイワ E2050DS 50.2cc 4.8kg 2.57kw(同等だろうと思われる海外サイトより)

http://www.shindaiwa.com/products/category_detail/id=8318

112.962円~162.000円

マキタ MEA5000GR 50cc 2.8kw 5.6kg  94.860円~150.000円

 

やはり おすすめは MS261C-Mですねひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球 アップグレードを重ねることに名機になっていきアップアップアップアップアップアップ

始動、耐久性、どれをとっても クラス1番ではないでしょうか?

ハスクの前 550の不調から乗り換えた方も多かったのではないでしょうか、当店にお客さんが増えましたニコニコ  ハスクハ耐久性を上げるために 4.9kg→5.3kgに増やしたことで ホントに向上したのか評価をされるのは先の話になると思いますが、大きくなって、重くなったので 軽さも求める方には MS261C-Mがお勧めです。

残念ながら ヤマビコ 2社は排気量の割りにパワーがない粘りも落ちる ダウンダウンダウンことで、広葉樹 硬い木を切る方には やはり MS261C-Mがお勧めですアップアップアップアップニコニコ

 

 

 

50年60年以上の太い木の伐倒する際の 1番人気アップアップアップ

MS362C-M 59.0cc 3.5kw 5.6kg  175.000円 (4月から値下げしましたニコニコ

発売当初の5.9kg から耐久性はそのままに軽量化を図り 現行 5.6kgを実現したモデル

そして3.4kw→3.5kwにパワーアップしておりますアップアップアップ

 

ライバル機は

​ハスク 560XP 59.8cc 3.5kw 5.9kg 174.769円~ 224.600円

共立 CS610 59.8cc 3.32kw(同等だろうと思われる海外サイトより) 6.2kg  151.500円~190.000円

https://www.echotools.com/en_us/products/chain-saws/chain-saw/cs-620sx_37

​​​​​新ダイワ E1060D 59.8cc 3.32kw(同等だろうと思われる海外サイトより) 6.2kg  129.000円~190.000円

 http://www.shindaiwa.com/products/category_detail/id=7459

マキタ MEA6100UR 60.7cc 3.4kw 5.8kg 123.400円~

 

お勧めは 

MS362C-M  4月から値下げされましたアップアップアップアップニコニコ

重量、出力、レスポンス 価格 どれをとっても 一番バランスがいいです。HD2エアフィルターのように 清掃タイミングが遅くても大丈夫なのは MS362C-Mだけひらめき電球 

50cmライトバーも標準装備 バーをつけてもクラスで一番 軽量なのではないでしょうか?最近のアップグレードでレスポンスも向上しましたアップアップアップアップ

 

 

 

 

60ccクラスの重量と 軽量になって発売されたことで 60cc 市場を 乗っ取ってます

MS462C-M 72.2cc 4.4kw 6.0kg 215.000円

ライバル機は

ハスク 572XP 70.6cc 4.3kw 6.6kg 222.2220円~ 265.900円

共立 CSV672 66.7cc 3.26kw (同等だろうと思われる海外サイトより)6.5kg  203.297円~255.000円

https://www.echotools.com/en_us/products/chain-saws/chain-saw/cs-680_37

新ダイワ E757E 73.5cc 6.5kg 178.670円~268.700円  出力は探せませんでした・・・・

 

 

このくらすのオススメは なんといっても  ダントツMS462C-M

クラス最軽量 加速レスポンス チェンスピード 100km/h まで 0.3秒はクラス最速

現場の標高が変わった際に かんたんひらめき電球 72秒で 現場に最適に合わせる 校正機能がついてますアップアップアップアップラブラブ!

 

 

そして、90ccの大型機

MS661C-M 91.1cc 5.4kw 7.4kg 286.800円 

ライバル機

ハスク 395XP 94cc 4.9kw 7.9kg  217.860円~295.400円

 

これも 数字をとってみても はっきりわかる MS661C-Mが断然お勧めですアップアップアップアップひらめき電球

前モデルの MS660 と使い比べても 同排気量ながら 粘りの強さは全くの別物 製材用 ロゴソールに採用されてるのも 納得のモデルです!!ラブラブ!

 

 

 

そして チェンソーの一番の大型モデル

MS880 121.6cc 6.4kw 9.8kg  309.800円

 

ライバル機 は

ハスク 3120XP 118.8cc 6.2kw 10.4kg 236.955円~321.400円

 

このクラスでも やはりお勧めは スチール MS880

1Mを超える ケヤキなど 大木を切る方の評価がとにかく高いアップアップアップアップアップラブラブ!

ハスクは刃が止まることが多いけど スチールは粘って 回ってくれる 動いてくれないことには切っていけない!! と、 トルクのスチール 実力発揮どころなのです。

150cmバーをつけて当店在庫ありますニコニコ

120cm 105cm90cm75cm63cmからお選びできますひらめき電球

 

 

と、ながなが 書きましたが 国内メーカー 出力表記がないので 数字だけで見比べるのも難しいですが、実際に使ってみても 排ガス規制クリアさせると 出力が落ちて、触媒が熱を持つため、使用時間に問題が出てくる ことがあるのでプロの方ほど 使いにくい傾向にあります。

 

もしかしたら、海外サイトの参考出力は 国内モデルと違う可能性もありますので 参考程度にしてください。

ライバル機種は 2019年 4月現在 各メーカーサイトに掲載されてる モデルを参考にいたしました。

 

 

 

 

スチール以外の販売価格は ネット販売大手さんの楽〇 〇フー ショッピングの最安値を参考にいたしました。参考程度にしてください。

 

 

定価販売だ と、言われる スチールですが、それはスチールに限ったことでなく、利幅の少ない ゼノアのジャストシリーズや 共立のgogoシリーズ

など、ネット販売では安くなってますが、対面販売の展示会などでは

そのまま価格 という商品もあります。ひらめき電球

 

ライバル機の実売価格帯に スチールの希望小売価格を 捉えた 見ていただければわかりやすいかともいますひらめき電球ニコニコ

 

メーカーのバックアップを受けられる 正規取扱店は ネット販売禁止なので 価格の差が少ないので

購入判断には 修理技術、アフターサービス の チカラも判断材料として考えてもらいやすくなりますひらめき電球ニコニコ 

 

そんなメーカーの姿勢を尊重して、惚れ込んで 販売しておりますニコニコ

 

 
 
ネットショップ商品の問い合わせでは なく
 

当店に お越しになれない方で スチール製品のお問い合わせはこちら

 

スチールへ お問い合わせのリンク

http://www.stihl.co.jp/contact.aspx