何度も言わせていただきますがオイルって大事です。 | 岩手県 二戸市 の工具専門店 STIHL Shop スチールショップ ひぐひぐのブログ

岩手県 二戸市 の工具専門店 STIHL Shop スチールショップ ひぐひぐのブログ

東北最初のSTIHL SHOP スチール ショップ

チェンソー、刈払機を始め、エンジン工具、電動工具の専門店です。

故障修理情報、新製品情報などをヒマみて、当方調べにて更新中 (^^


テーマ:





http://higuchikanamono.juno.bindsite.jp/


今回もちょっとハマった修理でしたあせる

機種は日立工機 CS40ED2 (共立OEM) キャブが硬くなってたので洗浄、、ダイヤフラム交換ひらめき電球でも、始動しないガーンマフラーから除いても傷はない(焼きつきは無)



吸気側かなー???と思いつつ、結局ピストンシリンダーも分解することに



一見目若干のカーボンの付着してなすが普通にみえます


岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ


むむむっ 目目目
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ


凄い ポリブデンのかたまりだな~って思って見てたら、ピストンリングにちょっと違和感ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ




わかるでしょうか?????目目目
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ 岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ



ピストンの内側にピストンリングが固着してしまってるんですあせる 

普通はシリンダーから外したらリングは広がりますひらめき電球
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ 岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ


これにより、傷はなくても圧縮が無い状態です。ピストンリングはシリンダーから外したらピストンより広がるのが普通です。今回はオイルカーボンやポリブデンの影響でガッチリと固着してましたあせるあせるこれを外す時、リングは折れるでしょうあせるピストンも交換でしょうし、クランクのベアリングについたポリブデンもヒドイ状態でしたあせる


これでは通常より温度が上がり、焼きつきやすくなるか、ペーパーロック、オーバーヒートを起こしやすくなるでしょう。






チェンソーは10年以上、薪造りでの使用でした。燃料はスタンドで25:1に作ってもらったのを使ってたそうです。
固着したカーボンから、オイルはポリブデン(白煙防止剤)の入った原付バイク用だったと推測されます。



10月に使って、燃料を入れっぱなしで、今まで置いてたそうで、キャブを疑ってましたが、たどりついた先はカーボン&ポリブデンで固着したピストンリングでした。長期保管したことで固着したのでしょう。一度の使用でこうなるわけではありません。10年蓄積したカーボン、ポリブデンが徐々にリングの隙間に溜まり、ある日、全部が固着してしまったと、いうことです。これが、違うオイルを使っていたならまだまだ使えたと思います。

このような修理代に比べたら、オイル代は安いものだと思います。



もろもろと高額修理になることから、新しいチェンソーを買っていただきましたm(__)m





そこで オイル情報です




ガソリン 5L に1本入れるだけで50:1 の混合燃料にアップ



岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ 岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ




STIHL スチール

HPオイル  100cc  315円→357円  

HPスーパー 100cc  440円→525円 



に16日 月曜からメーカーは値上げですが、当店、値上げ前に100本づつ在庫しました。在庫限りは旧価格で販売しますのでお早めにどうぞニコニコ



ひぐひぐさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります