日立 ハンマ 修理 | 岩手県 二戸市 の工具専門店 STIHL Shop スチールショップ ひぐひぐのブログ

岩手県 二戸市 の工具専門店 STIHL Shop スチールショップ ひぐひぐのブログ

東北最初のSTIHL SHOP スチール ショップ

チェンソー、刈払機を始め、エンジン工具、電動工具の専門店です。

故障修理情報、新製品情報などをヒマみて、当方調べにて更新中 (^^


テーマ:

3月24日25日展示会開催します。


詳しくは

http://higuchikanamono.juno.bindsite.jp/




たまには電動工具の修理の紹介ニコニコ


意外とこの手の修理はメーカー任せのお店が多いのでは?ひらめき電球と、思います。


ま、それだけ電動工具の業界はアフターサービスがしっかりしてるので、ホームセンターでも販売する電動工具、エンジン工具はメーカー品と、なるのではないでしょうかひらめき電球

(安い中国製は直す方が日本人の人件費がかかるので、修理できないあせると、言われがちです。同じのが2.3台買える金額になるかもしれませんが、やろうと思えばやれるハズです。)


エンジン工具のメーカー品はメーカー担当者がやるのか、外注(修理専門屋さん)のどちらかとは思いますが、外注が多いと思います。


電動工具メーカーがやる場合、時間はかかりますが、定期巡回があるので送料がかからないひらめき電球


遠方の外注の場合、刈払い機の修理等、大物も送るところは往復でいくらかかるのやらあせる


どちらにせよ、電動工具メーカーでもエンジン工具メーカーでも、外にお願いする分、修理金額は高くなりがちだとおもいます。(経費が掛かる為)



見積もりするだけでも工賃が発生する場合があるので、直せるお店で購入、修理依頼が安く済む方法だと思いますひらめき電球


そして、修理のできるお店=機械の知識が高い と思っていいでしょう。


とかいう私も、販売したものでも手に負えないのはメーカーにお願いしますが、当店購入品は見積もり料を頂かない場合がほとんどです。


2サイクルエンジンは奥が深いですが、覚える構造は限られてます。電動工具は機械の用途によって覚える構造がたくさんです。最近は基盤という修理屋さんには手に負えない高価な部品が付いたものが多いのです。発電機NGのやつひらめき電球震災後、とくに基盤の故障が多いです。充電器、コンプレッサー、電子制御されてる機械、丸鋸レーザー、等々

インバーターがついていても、安心しないでください。容量をオーバーするとどちらかが壊れます。オーバーしてなくても、スローから急激に上がるときにに基盤が壊れるときもあります。




そして、他店購入品は正規料金でいただきます。

逆に当店購入品の修理はサービス値引きばっかりですあせる特に工賃ガーン 





話を本題に戻しまして、今回の修理は日立 ハンマ H41SA コンクリートを砕く機械です

岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ

ハンマの名器ですアップ軽い、コンパクト、低振動、高耐久とハツリ屋さんではほとんどの方が使ったことがある機械ではないでしょうか 現在は後継機が出ています。


使用頻度の高い方は1日に何台かをローテーションで使います。(熱による故障を防ぐ為)



今回の故障状況はモーターは回るが打撃しない・・・・・とのこと


とりあえず分解してきます。


右がピストン 左がストライカ 上がテスト用のブルポイント(先端をカットして打撃の確認してますひらめき電球砕くものがないので、木材相手に)
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ

シリンダ 

ハンマの打撃はエアで打撃してますひらめき電球なので、Oリングが平らになったりすると、打撃力はおちます。
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ



シリンダの前部


2本あるOリングが砕けているのがわかります
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ 岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ


セカンドハンマ

コンクリート片と錆が固着してます。
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ



故障の原因はこの部分でした


フロントカバーからようやく外しました

大量のコンクリート片が固まりとなって固着してましたあせる
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ

セカンドハンマが動けない状態になってましたあせる
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ 岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ


シリンダ部のOリングが破損してましたが、2本目ののおかげでしょうかひらめき電球コンクリート片がシリンダ内部まで侵入しなかったのでシリンダは交換しなくて済みました。




こちら クランク室 

酷い時は熱でクランクシャフトが折れますあせる

折れても損害を最小限にする為でしょうか、シャフトやピストンは強化樹脂を採用してます(プラスチックっていうと弱そうですけど、最近のは弱くないように加工できるそうです)




岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ 岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ



と、この手の修理は清掃&交換がメインですひらめき電球清掃が8割かもしれませんあせる


そして、たまにしか開けないでしょうから、開けたついでに消耗品箇所はまとめて交換ひらめき電球




これで、またしばらく使えますニコニコ


岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ 岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ
岩手のチェンソー屋 STIHL SHOP ひぐひぐのブログ



ひぐひぐさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります