2011-06-28 11:04:30

オーディションや宣材写真の衣装

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。

オーディションのときだったり、
自分のプロフィールを作る際の
衣装選びについて、
ポイントをお教えします。

まず、
体のラインが分かりやすい服を選ぶ。

ラインが分かりにくいダボダボな衣装だと、
その人がどんな体型をしているか分かりにくいからです。


自分のキャラクターを意識した衣装を選ぶ。

男性だったら落ち着いたイメージを与えたい場合は
ジャケットを着るなど。

アクティブな女性だったらショートパンツにするなど。

そのイメージにあった衣装を用意すると良いでしょう。

イメージとは自分で思っているイメージではなくて、
人が自分に対して持っているイメージを大事にしたほうが良いでしょう。

自分はアクティブだと思っても、
人から見たら落ち着いて見える場合、
落ち着いたイメージを大事にして衣装選びをすることをおすすめします。


たくさん衣装を用意する。

撮影のときに衣装を全然持ってこない場合があります。
それでは、実際に衣装合わせをした際に、
持ってきた衣装ではイメージに合わない場合いい写真が撮れません。

使えそうな衣装をできるだけたくさん用意してください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/


-----
メールマガジン プロダクションに関するお役立ち情報
発行人 若年寄
公式サイト http://high-touch.net/
お問い合わせ mag-magazine@high-touch.net
登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000275490.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-06-10 18:52:23

言葉をたくさん知る

テーマ:プロダクションマガジン
こんにちは。

今回は演技について、
言葉をたくさん知ろうということについてお送りします。



自分の今やっている演技が
言葉で表すと何で表されるか
知っておかないと
演じるのが難しいですよね。

怒りなのか嫉妬なのか。
焦りなのかイライラしているのか。

自分の心の状態だったり、
行動がどんな言葉がピッタリ合うか
を掴んでおくといいでしょう。


それが出来ないとどうでしょう。

たとえば稽古中に注意を受ける場面を
想像していただければ分かるかと思います。


もうちょっとこんな感じで、
とか、
何々的にとか言われても、
指摘を受けるほうは分かりにくいですよね。

なんとなく抽象的
でどこを直せば良いのか分かりません。


泣く演技だったら、
悲しい感情を出すのか。
悔しいのか、憎いのか。
また、嬉しいのか、幸せなのか。
懐かしいのか。

言葉に表すと分かりやすいです。

感情も変われば相手との関係性や
シチュエーションも変わりますよね。


稽古中に注意するときも
はっきり動詞で言ってあげると
分かりやすいですよね。


普段から自分の演技を振り返るときに、
しっかりと言葉に表して改善をすると、
向上が早く見られると思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーディション応募はこちら-プロダクションハイタッチ(公式サイト)
http://high-touch.net/


-----
メールマガジン プロダクションに関するお役立ち情報
発行人 若年寄
公式サイト http://high-touch.net/
お問い合わせ mag-magazine@high-touch.net
登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000275490.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。