私の車椅子、すごいんです。 | The Various things with barrier

The Various things with barrier

二分脊椎の車椅子ユーザー。
フリーランスのバリアフリーアドバイザーとして活動しています。

☆色彩検定 2級
☆福祉住環境コーディネーター 2級

ヨシズカシステムプロダクトの車椅子に乗り始めて1ヶ月。
乗れば乗るほどいいところが見えてきました。

この車椅子、キャスターがすごいんです。

車椅子に乗り慣れている、自走し慣れている人でも上り坂、下り坂は苦手って人も多いかもしれません。

私も苦手でした。
登り坂は力がいるし、下り坂はある程度のスピードが出ると車椅子のキャスターがガタガタぶれてブレーキがかかって怖いのです。
体のバランスが崩れるし。
もっと早く進みたいのにキャスターがブレーキになって真顔ってなるし。


だがっ。だがしかし!

今の車椅子、スピード出してもガタガタいいません。
下り坂でハンドリムから両手を離したら、どんどんスピードがでます。
ブレーキをかけるためにはハンドリムを握ってとめるしかないのです。

いやーん♪きもちいー!!

…って、そんな危険運転してはいけません。
そもそも、そんなスピード出さなくてもいいように時間には余裕を持っていましょう。

が、スピード出してもぶれないキャスターは本当に便利だなって思ってる
タイヤのサイズが大きいのもあるのかも。
安定しているのです。

車椅子の剛性が高いためにブレがないそうです。
剛性が高いってどういうことだろ?ニヤリはてなマーク
確かに乗ってるとブレないから進みやすいなーとは思います。
軽い力でグイーンって進みますよ。

もう一つ。
私のカスタマイズのこだわり、ハンドグリップの高さです。
私の車椅子のハンドグリップは、通常のものよりもグリップ一本分くらい低いです。
身長が小さめの女性が押しやすい高さになってます。
背の小さめの母が押しやすい高さ、車のトランクに乗せてもハンドグリップを曲げなくていい高さにしています。
(車のトランクに乗せる時、曲げなくていいようにしてもらったのは単に曲げるのがめんどくさ(ry))

今日、押してくださった方から押しやすい!なんか前よりも押すの軽くなったよねー!と言われました。

介助してもらいやすいっていうのも、重要なポイントですよねゲラゲララブラブ