諏訪原城」(静岡県島田市)の「後編」をお届けします。

 

前編はこちらからご覧ください↓

 

「後編」は、「本曲輪」跡からお届けします。

 

曲輪図(「諏訪原城ビジターセンター」内に掲出)

曲輪図(パンフレットに掲載)

 

本曲輪」跡の周囲はかなり幅広い「土塁」で囲われていて、「本曲輪虎口」跡から「土塁」を経て内部に入る所には、現在は埋め戻されていますが、石積みをした「本曲輪通路」が施されていました。

 

「本曲輪」跡

「本曲輪」跡西側の「土塁」(「本曲輪」周囲は土塁で囲われている)

「本曲輪通路」跡 

「本曲輪」跡西方向の「土塁」

 

「本曲輪」跡は台形の形をしていて、こちらからも「富士山」や「大井川」を望む断崖絶壁の上に築かれた「後ろ堅固の城」になっています。

 

「大井川」が見下ろせます

 

「本曲輪」跡の中に「櫓」が建てられていたと考えられているそうですが、少し盛り上がった所がそうなんでしょうか?

 

「櫓」が建てられていた盛り土か?

 

「本曲輪」跡から断崖絶壁を見下ろした所には「横堀」が何本か見えます。「城友」によると以前は木々が植わっていたので良く見えなかったのが整備されて見えるようになったとかでラッキーでした。

 

「横堀」(「本曲輪」跡の北東下)

 

幅が広い「本曲輪」周囲の「土塁」上を歩き、「二の曲輪」跡との間に横たわる「内堀」の底へ下りていきますと「カンカン井戸」が掘られています。そこから「内堀」の底を南東方向に下って行くと水溜りがありましたが「水の手曲輪」跡です。「井戸」と共に、この場所が当城の水を確保する重要な場所です。

 

「本曲輪」跡東の「土塁」上

「内堀」の底(左上が「二の曲輪」跡、右上が「本曲輪」跡、穴は「カンカン井戸」)

「カンカン井戸」

「水の手曲輪」跡方向へ

「水の手曲輪」跡

 

周囲を見上げると、「本曲輪」跡と「二の曲輪」跡はかなり上に見えるほどの深い場所で、その脇には「竪堀」も施され水の守りに完璧を徹しているのが良く解りました。

 

「水の手曲輪」跡から「二の曲輪」跡を見上げる

「竪堀」(「水の手曲輪」跡から「二の曲輪」跡を見上げる)

 

「内堀」底から坂道を上がり「二の曲輪」跡に達すると、今度は「土塁」上を歩いて南東に進みます。先に見えてくるのが3箇所の「二の曲輪東内馬出」「二の曲輪南馬出」「二の曲輪東馬出」に渡る「土橋」です。

 

「二の曲輪跡」の「土塁」の上 

 

まずは「二の曲輪東内馬出」で、「二の曲輪」跡の南東端の堀越しに少し細長い形をした馬出です。

 

「二の曲輪東内馬出」

 

次に南への「土橋」を渡ると「二の曲輪南馬出」で、最も小さな馬出であるので「土塁」は築かれておらず、周囲の「三日月堀」は「箱堀」になっています。

 

「二の曲輪南馬出」と手前は「土橋」

「二の曲輪南馬出」

「二の曲輪南馬出」と「三日月堀」

 

そこから東側に伸びる「二の曲輪東馬出」がこれも小さいので「土塁」は築かれず周囲の「三日月堀」は「薬研堀」だったそうです。

 

「二の曲輪東馬出」と「土橋」

「二の曲輪東馬出」

「二の曲輪東馬出」から「土橋」方向

 

これら3つの馬出は、「重馬出(かさねうまだし)」と言われます。

 

「外堀」沿いを北西方向に歩いた所にあるのが「二の曲輪大手馬出」で、その中には「諏訪神社」が祀られています。信濃一宮として有名な「諏訪大社」の分霊を勧進してお城の鎮守社にしました。冒頭記載しましたが、「諏訪原城」の名前はここから命名されたものです。

 

「二の曲輪大手馬出」内に祀られている「諏訪神社」の鳥居

「二の曲輪大手馬出」内に祀られている「諏訪神社」

 

「二の曲輪」跡とは「外堀」の深い所から盛り上げた「土橋」によって繋がり、先程の3箇所の「丸馬出」に比べると綺麗な曲線を描き、大きな「丸馬出」となっていますが、「三日月堀」はかなり深く木々も生い茂っています。

 

「二の曲輪」跡(右)と「二の曲輪大手馬出」(左)を繋ぐ南「土橋」

「二の曲輪」跡から「二の曲輪大手馬出」(奥)への南「土橋」

「二の曲輪大手馬出」と周囲の「三日月堀」 (北方向)

「二の曲輪大手馬出」と周囲の「三日月堀」 (南方向)

「二の曲輪大手馬出」と周囲の「三日月堀」 (北方向)

 

「二の曲輪大手馬出」まで一巡してきた私達は、14時過ぎに元の「ビジターセンター」まで戻りました。

 

お城が築かれているのが、「牧之原台地」の北端標高218m丘上の「山城」とはいえ、非常に広々して雄大かつ様々な仕掛けを施した面白さがあり、更には「武田方」対「徳川方」との攻防も想像できる素晴らしいお城だったと感激しました。

 

「城友」は「金谷駅」まで車で送ると言ってくれたのですが、帰りの電車までまだ時間があるし、このお城の近くから東海道の「金谷坂の石畳」を歩いてみたかったので、そこでお別れをすることにしました。

 

「城友」は、横浜よりまだ東側の神奈川県内から「高天神城」迄ワザワザ車で駆けつけてきてくれて、しかも前日に訪城した「諏訪原城」まで一緒に同伴して解説付きのアシスタントもしてもらい、本当に有難い1日を過ごすことができました。

 

感謝! 感謝!です。

 

「金谷坂の石畳」は、江戸時代に幕府が「金谷宿」と「日坂宿」の間を通る旅人が歩きやすいように近隣集落の助役によって石畳にしたそうです。しかし30mしか現存していなかったので平成になってコンクリート敷部分を剥がし全て石畳に復元したもので平成4年に完成しました。

 

非常に歩きにくく足が疲れる「石畳」でしたが、江戸時代の旅人はこの方が歩きやすかったんですね~

 

「金谷坂の石畳」(どんどん下りますが、上りはかなりキツそうでした)

 

JR「金谷駅」に15時前に到着しました。ここは「大井川鉄道」の発着駅ですが、駅構内を覗くとまたまた大興奮! 

 

というのも何と「近鉄ビスターカー」がそのまま停車しているではありませんか!

 

思わず駅員さんに写真撮影するのをお願いして構内へ入らせてもらいました。「大井川鉄道」は汽車を始め色々な車両を集めて運行しているので有名ですが、「近鉄車両」が見られるとは思ってもいませんでした。

 

「大井川鉄道金谷駅」に停車中の旧近鉄「ビスターカー」

 

スマホで時刻表を見ると予定時間の1本早い電車15時14分発に乗れたので乗車することにしました。これに乗ると、「豊橋駅」「米原駅」の2回乗換えで済み、「大阪駅」には20時42分着と当初予定よりも30分超も早く着きます。

 

「豊橋駅」までは普通の3両のロングシートで席は満席でした。「豊橋駅」で乗り継ぎ時間が25分もあったので、列車内で少し口にできる「カツサンド」と「ホットコーヒー」缶を買い乗車しました。

 

JR東海の普通車両

 

米原行「新快速」はクロスシートの車両、丁度「名古屋駅」辺りは18時頃で最も人の多い時間帯でしたが、「岐阜駅」を過ぎるころからは座席は疎らとなったので、買い込んだ「カツサンド」を食べ食後のお菓子も食べて満腹状態になりました。「米原駅」でJR西日本の「新快速」に乗り換えましたが車中でも帰りは殆ど眠ることなく、ブログ「お城紀行」の速報や、お城愛好会・同好会への投稿、友人知人へのラインなどに時間を費やし、あっという間の5時間半の普通・新快速の旅となりました。

 

今期の「冬の青春18きっぷ」5回分は、今回非常に有効活用して、「鎌刃城」「彦根城」「観音寺城」「三日月陣屋」「龍野城」「鶏龍山城」そして一泊二日の「横須賀城」「掛川城」「高天神城」「諏訪原城」以上10城も訪城した濃い師走・年末・年始を楽しむことができました。

 

「お城紀行」もやっとのことで、今回の「諏訪原城」で一先ず終了しますが、昨年継続して投稿していた「天守台シリーズ」を再開していきたいと思いますので、引続きご愛読よろしくお願いいたします。

 

 

 

「ポチ」をどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

 

「フォロー」の方もどうかよろしくお願いいたします。

シロスキーのお城紀行 - にほんブログ村

 

もしよろしければこちらにも「ポチ」をお願いいたします。


お城巡りランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村