• 10 Sep
    • ボブ・ディラン・モノ・ボックスいよいよ全貌が!

      以前にもお知らせしましたボブ・ディランのモノ・ボックス。もろもろ到着してきました!価格を25000円にしてたのですが、すべての仕様があきらかになり、もう少しお安くできることがわかりまして、18900円にすることになりました。もともと箱が特殊な素材を使うということで指示がきてまして、それを日本で作るとなると大変お高くなってしまう。なので最初は箱だけ輸入しようと思ってたのですが、日本のサイズと異なるということで日本の紙ジャケのサイズで入れようと思っても無理なことがわかり、一から型を作ることになって最初の見積もりでお高くなってしまいました。でもいざ到着したパーツを確認したところ、紙製のボックスということに。確認はしてたんですが、ビッグアーティストの場合情報が統制されてることもあり、こういうこともたまにあり。。。あと我々は海外からライセンスしてる立場なので、海外への上納金というかお支払いしなければならない一定のパーセンテージの金額があるんです。昔のカタログの再発、ある時期が過ぎてるものに関しては、それが少しお安くなるので、価格を下げられるんですが、今回のモノ・ボックスは通常の新譜と同じ金額を払わなければならないので新譜と一緒。こればっかりは原盤元の指示なのでどうにもならないことの一つ。お安くなったとはいえ元々ディランの紙ジャケ1890円で売ってたのに9CDなのに10枚分の値段じゃねーか!と思う方もいらっしゃるでしょうが、そういった意味では、いずれにしても日本で一から全て作るので&上納金もお高い中、ちょっと踏ん張ったお値段になっております。海外から来たデータを使うのではなく、オリジナルのモノLPをお借りして、そこから日本の紙ジャケの技術で新たに起こします。日本の紙ジャケサイズに合わせて、ちょっと箱は大きくなり、英語の64Pのブックレットとともに、それらを全て翻訳した日本版ブックレットも箱の中に入るようにしております。帯はもともとモノアルバムは日本でリリースされてなかったので、オリジナルの帯というものは存在しないのですが、ステレオ盤の帯を参考にして、付けたいと思います。(一つだけちょっとお安くするためにご了承いただきたいのは、それぞれのアルバムの解説歌詞対訳は紙ジャケのものを流用させていただきます。ただ今回の64Pブックレットは大変充実したテキストが入ってますので、その翻訳+解説は日本版ブックレットに入れますので)あとブートレッグシリーズとのW購入特典で応募プレゼントする未発表ライヴCD『Concert from 1963 at Brandeis University』が1枚入るくらいの余裕も箱にあけておりますので。できる限り日本で丁寧に作りたいと思ってますので、ご期待ください!詳しくは追って!●未発表CD『Concert from 1963 at Brandeis University』 応募者全員にプレゼント!『ザ・ブートレッグ・シリーズ第9集:ザ・ウィットマーク・デモ』と『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』の国内盤W購入特典として1963年にアメリカ、マサチューセッツのブランダイズ大学で行なわれた45分間の非常に貴重なコンサート音源をプレゼント! 封入されているそれぞれの応募券2枚を官製はがきに貼りご応募下さい。住所・氏名・年齢を明記の上、下記宛先までご応募いただくと、もれなく全員に未発表ライヴCD『Concert from 1963 at Brandeis University』をプレゼントいたします!●ボブ・ディラン『ザ・ブートレッグ・シリーズ第9集:ザ・ウィットマーク・デモ』【完全生産限定盤】 2010/10/27 ¥3,780(税込) SICP-2960http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=1321&cd=SICP000002960●『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』【完全生産限定盤】 2010/11/10 ¥18,900(税込) SICP-2951http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=1309&cd=SICP000002951以前の記事はこちら●ディランの最新ブートレッグ・シリーズ&超限定モノ・ボックス!

      テーマ:

テーマ

一覧を見る

AD

月別

一覧を見る

ブックマーク

お気に入りブログ

このブログの読者

フォロワー: 308

フォロー

1964年生まれ。洋楽ディレクターとして約20年フロントラインでいろんなアーティスト担当し、思い出したくもないような、アツイ場面数々経験して、たぶん10歳は寿命が縮まったと思われる…。その後、カタログセクションで紙ジャケや再発などを担当。現在もなおレジェンド系中心に担当。ビートルズをこよなく愛し、ストーンズ、キンクス、フーetc. British Rockにのめりこみ、ディラン、スプリングスティーン、ジャクソン・ブラウンなどの歌に共感し涙してきました・・・結構こうしてみると王道のロックファンだけど、できるだけジャンル問わず多くの音を聴き続けています(HIP HOP除く)。そんな感じです。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。