大阪市北区曽根崎新地のフレンチ「ア ターブル(A TABLE)」でCPの高いランチ。 | ひげこうじの気ままなブログ。

ひげこうじの気ままなブログ。

人生楽しむことに決めました・・・。

日常の出来事、美味しい食べ物のこと等、
気ままに紹介していきます。
 (評価は★×9個以上が個人的なオススメです)

姉妹ブログ「ひげこうじの映画鑑賞録」もよろしく。
 (http://ameblo.jp/higekouji-english/)


テーマ:

本日ご紹介するのは、


大阪市北区曽根崎新地にある


ア ターブル(A TABLE)








お店は、

こちらのビルの4階にあります。


ここ北新地では珍しく、

定休日の月曜日以外は、

土日もランチ営業をやっており、

しかも予約ができるので

とても利用し易いですね。






そのランチメニューですが、

1,500円と2,500円の2種類が

あります。(いずれも税込)






今回は、1,500円のランチを

いただきました。


まずは、”前菜”から。






色々な生野菜が入ったサラダに

万願寺とうがらしのキッシュ、

砂肝のコンフィに、






テリーヌ、蝦夷鹿のリエットと、

非常に豪華な前菜で、

どれも美味しかったです。






続いては、”スープ”ですが、

色合いがとても斬新な

”ビーツのスープ”でした。






ロシア料理のボルシチで

使われる野菜のようですが、

日本ではあまり馴染みのない

”ビーツ”を使ったスープは、

スッキリした後味で良かったです。






続いてのフランスパンは、

お替りができました。






そして、”主菜”は、

肉料理と魚料理の2種類から

選べましたが、私は肉料理を。


”若鶏のロティ タイム風味”







2種類のソースを付けて

いただきました。






柔らかい肉で、エエ感じ。






添え野菜の、じゃがいも、トマト

ヤングコーン、ズッキーニも

それぞれエエ感じでしたね。






そして、一緒に食べに行った

嫁ハンは、魚料理の方を。







”鱈のソテー ヴァンブランソース”








ふわっとソテーした鱈の身で

クリームソースを絡めて

美味しくいただきました。






”デザート”は、

こちらの”パンナコッタ”でした。






回りに添えているのは、

角切りにした柿でした。






最後に、飲み物まで付いている

のですが、


私は、ホットコーヒーにしました。







嫁ハンは、紅茶を選びましたが

”マンゴーティー”でした。





ということで、1,500円とは思えない

コストパフォーマンスの高い

お得なランチでした。



 味:★★★★★★★★★☆

  (大満足のランチでした)

 値:★★★★★★★★★☆

  (2,500円の方もお得そう)




ちなみに、このお店は、

入口でスリッパに履き替える

ようになっていますので、


靴下に穴が開いていないよう

予めチェックを。(笑)



ひげこうじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス