ひげこうじの気ままなブログ。

人生楽しむことに決めました・・・。

日常の出来事、美味しい食べ物のこと等、
気ままに紹介していきます。
 (評価は★×9個以上が個人的なオススメです)

姉妹ブログ「ひげこうじの映画鑑賞録」もよろしく。
 (http://ameblo.jp/higekouji-english/)


テーマ:
本日は、今月半ばに行ってきた
熊本・長崎旅行の際に購入した
お土産についてのご紹介です。

私、旅行に行くと、
ついつい気持ちが大きくなり、
沢山のお土産を購入しちゃいます。(笑)

「長崎銘菓 クルス」
{76A57C92-77FA-43BF-B048-A91728815E9D}

定番の”長崎銘菓クルス(プレーン)”の他
”珈琲”、”しあわせクルス(さちのか苺)”に
”抹茶”の味があったので、全部食べたくて
組み合わせで購入しました。
{2F26F20A-6945-49C3-AB03-4D19E06D63C5}

クルスは、”湯せんべい”(炭酸煎餅)で、
薄いチョコレートを挟んだお菓子です。
{7C45F249-E149-46A0-BAA0-520C94C416F7}

クルス(プレーン)は、そのチョコレートに
生姜を含んでいるのが特徴ですね。

ほんのりと爽やかな後味です。
{2962EF34-9048-4D6A-9F8A-8BFEBE3038C4}

”しあわせクルス”は、
イチゴ味のチョコレートでした。
{B4307ED2-E735-4EFA-9584-56703F7BCF8A}

そして、クルスの中で、私が一番
気に入ったのが、この”珈琲”でした。

地元長崎出身の福山雅治さん主演の
NHK大河ドラマ「龍馬伝」を記念して
開発・発売されたそうです。
{105BD1D8-D134-44B6-839F-C998BA0C37C7}

せんべい生地とチョコレートの両方に
コーヒー(龍馬が愛した珈琲)が
使われているようで、良い風味でした。
{6F00694D-26AD-480C-9CD8-6021FF4AAEE2}

”抹茶”はこのような感じです。
{AF190545-CEEE-4E0F-83F0-4B6C7AB6EA08}

こちらも、生地とチョコレートの両方に
”日本茶大賞”を受賞された
長崎県産の抹茶を使っているようでした。
{65938ECC-5098-4309-B530-6C9C2B182B60}


「ご当地限定めんべい 長崎・鯛」
    ¥650-(税込)
{73760CD9-C95E-45C2-82BE-A0E6CA0372BF}

福岡の人気土産品の”めんべい”の

ご当地限定商品の長崎バージョンで、

1袋で2枚入りのものが8袋入ってます。

{5F90F230-C3D6-488F-BE97-8059ECE36432}

私は知らなかったのですが、
長崎県って、鯛の漁獲量が
都道府県別で日本一なんだそうですね。
{7F84E92E-D66E-4F36-8E31-1B441F035886}

さすが、”めんべい”ですね、
鉄板の美味しさでした。


「長崎カステラプリン(2個)」¥540-(税込)
{D064BDDE-1442-451F-BDC2-771A8493A2DE}
{6A319523-AD53-439D-A3B1-50B37172B111}
 

卵をたっぷり使ったプリンに、
カステラで使われている”ザラメ”ならぬ
”ザラメル”を振りかけていただきます。
{5627005F-2E25-44D1-AED5-C112FD5966D2}
 
この”ザラメル”ですが、
シャリシャリとしたザラメの食感と、
カラメルの風味が加わって面白いです。
{9E64123D-18D0-44EA-9D3D-184D4A06DD9E}


「じゃがメル(10個入り)」
    ¥514-(税込)
{3CF1D511-0A8D-45B8-BEA9-20DB89A5E026}

長崎空港オリジナルの商品なんだそうで、

長崎県雲仙産のジャガイモを使った

手作りキャラメルです。

{7D9F5318-E149-4CA0-B2AD-0ABDD52D8E35}

キャラメルの中に、
小さく砕いたジャガイモを混ぜ込んでいて、
その食感と風味が愉しいです。
{8AB0C3B5-D06B-4077-85F0-9B9129D352DE}


「ながさきカステララングドシャ(10枚入)」
 ¥756-(税込)
{38062CF3-5508-42CA-AD5B-3F9625B6A434}

長崎と言えば”カステラ”なので、

こういうお土産も良いですね。

{F58C0444-8D20-484A-835C-AA56ACF5D523}

薄焼きにしたクッキーで、
カステラ風味のチョコをサンドしています。
{0BA2FC64-3C9E-442B-8C4E-D95EEAF71799}


「長崎しょこらんだ(10枚入り)」
{48DF7BD8-FA83-4945-BB93-F5AD83466730}
{3CE90F5B-6C93-4050-9DC0-657E8737703B}

こちらは、
チョコレートのラングドシャでした。
{EAB6BD04-CA37-4D17-AC8F-07DCBA143548}


「一口香(5個入り)」¥540-(税込)
{9848CE1A-13FF-4D91-8937-8C8F17BEEF2D}

 

私自身は、これまでいただいたことが

なかったのですが、これも長崎銘菓ですね。

{17C2043A-1D31-45EB-A0F2-6C19E58CCF46}

封を開けて取り出してみると、
”大きな堅饅頭”かと思いきや、
{B3DDA41A-94F0-4B30-BC56-E05D80740D15}

中は大きな空洞になっているお菓子で
少し温めると美味しかったです。

面白いお菓子ですね。
{B0BC06B7-8663-445E-816B-9237464909C3}


「甘古呂餅(かんころ餅) 各種」
{05BFF879-9C5A-46B0-BBF2-CEADFD9B18CB}


色々なメーカーのものがある

長崎県の郷土お菓子ですね。


「甘古呂餅 プレーン」¥650-(税込)
 (伊達本舗製)
{580D6ED8-6E9C-44D5-9F15-80A100D8DA37}

さつまいもと餅米と砂糖だけで作ってあり、
薄く輪切りにして、トースター等で
すこし焼いてからいただきます。

これ素朴ですが、すごく気に入りました。
{FD1D6974-29D8-4814-A5A4-03FF6EF2A8EA}


「かんころ餅(紫芋)」¥648-(税込)
 (草加家製)
{110BC21B-354F-4B21-8A81-63D8AC6A4498}

こちらは、紫芋を使った”かんころ餅”。
{38769C43-2486-4009-8971-1AB17CC8E730}

こちらも美味しかったです。


「黒糖ドーナツ棒」
{6C7C94FF-D621-472A-8A61-65F730FF1C4F}
 
これ、神戸のお菓子かと思っていましたが、
熊本のお菓子だったようです。
{4212300B-F824-4C4A-8070-25053440CEFD}
 
お手軽なお土産品としては、
美味しいし、こちらもおススメですね。
{6AF5072D-8F4A-4A9D-9FFF-CE658A7C2AD8}


以上ですが、中でも、
”甘古呂餅(かんころ餅)”が
一番ハマりましたね。



さて、このブログが、今年最後となります。

いつも、見にきてくださっている皆さま
今年も有難うございます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日ご紹介するのは、

今月半ばの長崎旅行の際に行ってきた

長崎市浜町にある「吉宗 本店 」です。


{15E2FE4B-BB6D-4040-8D97-6C565A845F52}


昭和2年に建てられたお店の建物は、
とても風情がありました。
{BE110ECE-81D9-47B0-A777-FAB3B32DD248}

建物の中も趣きがありました。
{4B84BEAC-547D-4200-B5C8-9C2BBF95EF40}


そして、私がいただいたのは、

お店の名物料理がいただけるこちら。


「吉宗定食」¥2,376-(税込)

{7E2E8BA2-2589-4E9C-A9EC-9AFBCAA04B0D}


一番の名物料理が、この”茶碗むし”で、
まず、そのサイズに驚かされます。
{D36567A5-0717-42A0-AF0C-984AB640FEA5}


もう一つが、この”蒸寿し”です。
{02379619-7A23-4062-8D35-04FCFFC58930}


”茶碗むし”と”蒸寿し”を合わせて、
”夫婦蒸し”と呼んでいるそうです。

この”角煮”も、長崎名物ですよね。

{692594BE-9612-4818-81EA-86A49CEF08FB}


それ以外に、小鉢料理2つと、
{3CC9B9A7-C52F-458B-B3D3-BA53D9FA7CE9}


漬物、果物が付いていました。

{BCB70A6E-5F47-4F5A-A486-493927EC635F}


さて、ここの名物料理で、いただく前から
楽しみにしていたこの”茶碗むし”ですが、
期待以上に、とても美味しかったです
{0DA2B6C4-0B8D-4494-B6F1-F959F485D164}


そのボリュームも凄かったのですが、
ダシの美味しさもしっかりと感じられ、
とてもエエ感じでした。
{64D3B591-EAA8-453C-85C9-BECF6BAF7F74}


上にのっている蒲鉾以外の中の具も、
充実していました。

鶏肉、椎茸、海老、銀杏に、
{0578AF21-38DE-46F9-A543-0F616F6BD0A7}

穴子、麩、きくらげ、タケノコでしょうか。
{37C7795A-E4DC-4D35-81B9-4292F1A9C0A0}



”蒸寿し”は、このような感じです。
{68416EF5-9DCB-4154-81DE-F9ADABD6A74C}


酢飯を蒸して、
その上に”桜でんぶ”、”錦糸玉子”に、
魚を細かくしたふりかけのようなものを
敷き詰めています。
{DE289C18-B3CD-4121-83FF-A786DE5386D1}

”角煮”は、トロッとしたものではなく、
少し固めでした。
{F0F7478F-59C9-41C2-8E2B-585D765F3DE8}


一方、嫁ハンは、こちらを注文しました。
{F53249E6-318F-45EC-AF17-EB8DF9333280}


「角煮定食」¥1,674-(税込)

{FBEB04BF-E27A-4D15-BD05-F1C3F3B6DD87}


角煮が2切れと、
{6C8A020E-812C-49C1-9131-F15BB3AA0E8D}


”茶碗蒸し”は、
すこし小さいサイズのものでした。
{80DAC829-83A2-497A-ACE2-877B89AA48C7}


それ以外は、このような内容でした。
{2F7213F0-A057-4CB6-83C0-2134F220121E}



そして、2人で1つ、こちらも注文しました。
「吉宗特製ばってら」¥1,242-(税込)

{D16E6EF3-F2AB-4BD0-AA80-7ED950365C69}


この”ばってら”も美味しかったです。


脂がのった長崎県産の鯖を使い、

その上を白板昆布で覆い、

酢飯の間には、大葉を挟んでいます。

{86679DD8-37DE-4618-8399-CAC564F95D49}


 味:★★★★★★★★★☆
  (茶碗蒸しとばってらが美味い)
 値:★★★★★★★★★☆
  (ばってらがお得でした)



{52639B8C-0E98-4A77-934A-1AFFFCC24AD6}
{727F805B-B53B-467C-B5E8-278665E24D77}
{70CA1924-365F-44F2-BCBB-9B62350A7437}
{26FF7025-0189-45D3-BEA3-BF3E681EE461}
{93BAE29B-2D57-4E98-8B9B-76F54A0A30B8}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日ご紹介するのは、

今月半ばに行った旅行先でのお店、

熊本市西区二本木の「馬料理 天國 本店 」。


{694CDB82-3BDC-416B-A5D6-42C7F1FA94C7}


旅行の初日、熊本空港に到着してから、
昼食をいただくため、立ち寄りました。
{5B632B67-80A7-4373-AE54-C6A654DDEA12}


”熊本”と言えば、”馬肉”ですよね。
これが、お昼のメニューでした。
{A0904205-CACD-480F-8B24-D77D8BE6B52C}


嫁ハンと2人で同じものを注文しました。
「スペシャル定食」¥3,100-(税込)
{5E51A423-9797-433E-AD82-356613D2FFC2}


内容は、

まず、この”ミニ馬刺六種盛”です。

{02872DDC-E568-4CB0-9700-E16A20B4E7C6}


レバー、特上、アバラ、タテガミに、
タン、心臓の部位でした。
{C0070448-F421-4CED-BBA8-40CBC4D426E3}


一番上等の部位である”特上”は、
とても薄くスライスしてました。(笑)


”馬刺六種盛”は、まぁまぁでしたが、
この”ヒレステーキ”は大満足でした。

{86F37DA0-2D54-4B00-ACD8-B03D2ED8BCE1}


ステーキソースとにんにくが、

お肉の美味しさを後押ししていました。

{F079A1EA-17A3-48D4-9D13-4023B4B25814}


お肉自体も柔らかくて、
とても美味しくいただけました。
”ヒレステーキ定食”の場合、お値段が
1,500円なので、こちらがオススメかも。

{35331923-32E6-4D7F-9530-15FA1328C73E}


定食には、この”馬汁”に、
{1FA7644D-2901-4A2F-901C-7AB81089AF06}
{B985539F-74F7-4AEA-9715-60747C5AC085}


”サラダ”に、ご飯と香の物が付いてきます。
{76D41A03-690A-4576-A854-B19371A55149}


最近、大阪でも、美味しい馬肉(馬刺)
がいただけるお店があるので、
期待が大き過ぎちゃいましたね。

ヒレステーキがとても美味しかったので
私的には、こちらの方がオススメです。


 味:★★★★★★★★☆☆
  (ヒレステーキがオススメ)
 値:★★★★★★★★☆☆
  (ヒレステーキ定食がオススメ)


その他のメニューは、こんな感じでした。

旅先で、その地方の名物を

いただくのって良いですよね。


{630E97DE-EF83-4CD0-BF97-500EA2595FBB}

{5AA5568D-8FB4-45EA-A765-70B8271117CC}







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日ご紹介するのは、

大阪市福島区福島にあるラーメン店



{A27C3E70-5FD2-4DFC-84EB-9BD2D1DF3D7A}



同じく、大阪市福島区福島にある
烈志笑魚油 麺香房 三く 」の”別邸”として
今年の7月末にオープンしたお店です。

おしながきは、こちらでした。


{3616DDED-8C61-4358-8921-BE46AEFCE756}


店内はカウンター8席のみで、
割烹のようなテーブルセットに驚きました。

{5207A969-D5E0-4E42-AFE0-E55B61081086}



「とりだし中華 しょうゆ」¥950-(税込)


{F39183E7-9B82-42FA-922C-1749EB14FBF3}


”しお(数量限定)”と”貝だし”とで、

迷いましたが、”しょうゆ”を選択しました。

{B2686592-29BB-4919-B217-875E24373012}


トッピングは、海苔、蓼(紅と青)に、
芽ネギのようなものがセットされてました。
{03A44C62-DE93-4592-B860-4C82FF90245E}



スープは、しっかりと旨味があって、
鶏油も使われているようで、
すごく美味しかったです。

最後まで飲み干してしまいました。

{BD3871F3-7593-4555-A6E6-4BA4F57DD49D}


今回、一番驚いたのは、この麺です。

メニューには、”自家製手切り絹素麺”と
書かれていましたが、すごく極細で、
しっかりコシもある美味しい麺でした。
{3E38AC28-9FD4-45D2-BD35-66C17F1E9A1C}



チャーシューは3枚セットされていました。

{C7D6F50E-0A30-4B4B-9CC0-705EB449CE02}


あと、この穂先メンマもエエ感じでした。

{044FFBF6-DA44-4B76-A9F5-9D0ABCD9DE6B}


すごく丁寧に作られたラーメンは、
本当に美味しかったです。

次は、数量限定の”しお”か、
”貝だし”も食べてみたくなりました。

サイドメニュー(ご飯類)も魅力的でしたが、
少し高価だったので躊躇しちゃいました。


 味:★★★★★★★★★☆

 値:★★★★★★★★☆☆





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月31日まで実施されている
(昨日までに終了したプログラムも有り)

「大阪・光の饗宴2017」ですが、

私も、一部のプログラムを
先週末に観に行ってきました。


「御堂筋イルミネーション2017」は、

難波から梅田まで約4kmの区間のうち
淀屋橋までの区間を歩いて観ました。

”難波エリア”(御堂筋パープル)
{2E1CC9DC-AF53-4E54-AEEE-9C6596F93F02}

”心斎橋エリア”(シャイニーピンク)

{175E9BC5-CEBB-4F57-87AB-2F6E324757F8}

”本町エリア”(ホワイト)
{77191B7C-DCC7-4282-BF93-7D7DE81028AE}

”本町エリア”(シャンパンゴールドミックス)
{FF1FDB36-5185-45A0-B7DF-548A8D2861A2}

”淀屋橋エリア”(水都ブルー)
{CE0230D5-17FB-43B6-9A42-A3EA153AA080}


そして、大阪市役所まで行き、
次は、中之島公園で行われている

「OSAKA光のルネサンス2017」

まで足を延ばしました。

{6568F810-6871-4220-9A8E-CFB2C61F1B96}

”中之島イルミネーションストリート”
{40FB639A-6F83-488B-86D3-7D0122DEF73F}

”光の交流プログラム=台南・光の廟埕=”
{3DD413C1-2B63-476E-8D63-D221D7C52E9E}

台湾・台南のイベントである元宵節を祝う
約1,000個のランタンが飾られていました。
{4374522C-E8B9-461F-B812-3ECE4E9BAE39}

色々な光が並んで非常に綺麗でした。
{744C182D-F6F8-4A04-9864-E50B6DF3FA83}

手作りの絵柄も個性的で良かったです。
{7C2A31F7-F247-459B-BD25-68549B91635B}

そして最後に、
”大阪市中央公会堂”をスクリーンにした
プロジェクションマッピングである
”ウォールタペストリー”を観ました。
{09720ED4-31F7-443B-9571-D3486D0B4B27}

ここには凄い数の人が居ましたが、

何とか好位置で観ることができました。

{335B6DF2-52E5-4C4A-8300-AFFB4168520E}

約8分間のプログラムを堪能しました。
{0D7ED6D8-95C6-4023-AC9A-F266046C1C02}


この特別プログラムは、残念ながら
昨日25日で終了したようですが、
こんな感じでした。


動画や写真を撮って、後から見ましたが、
その場で見るよりも、キレイに感じます。
{602D02EC-6B8F-4726-9079-B47EEDC88E04}

今回で15周年を迎え、
特別プログラムだったようですが、
これからも毎年続けてほしいですね。
{9872A0B9-C0F9-4046-A7E1-1436F2CB70BF}

ということで、

「大阪・光の饗宴2017」のコアプログラム

を愉しませていただきました。


{C1D6E816-3894-4903-A803-017DE66628FA}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日のクリスマスイヴは、
私のオトンとオカンが家に来てくれ、
クリスマスパーティーを行いました。
{E394FCD6-032C-451C-A1C1-713F2D3899A8}

おチビ達がまだ小さい頃は、毎年、
サンタクロースの衣装を着た
オトン(おじいちゃん)サンタと、
オカン(おばあちゃん)トナカイが来てくれ、
{C03CDEE1-2E1F-4DFC-B672-7F54B0FEC5A5}


子供(孫)達にクリスマスプレゼントを
渡してくれていました。
{FF282903-D2E4-4A2D-8041-233B3902089E}


おチビ達が大きくなってからは、さすがに
サンタクロースの衣装を着ることは
無くなりましたが、クリスマスプレゼントは、
今年も持ってきてくれました。
{2FC43949-55B1-43EA-96C6-181AA81BE47E}


このように、

今年も皆が元気に集まれることに感謝です。

{94BAC1DC-C76F-4AE0-A1F9-13E8AE27B489}

いつもは夕食を一緒にいただくのですが、
おチビが2人共、アルバイトを始めたため、
今年は昼食を皆で一緒にいただきました。

メニューは、ここ数年の定番となった
”てっちり”にしました。
{B6E668A2-B7DA-4345-9B37-D6377AB8FE40}

ひげこうじ特製の雑炊で〆た後の
食後のデザートには、
手土産として持ってきてくれた苺と、

{62788D63-53D0-4BE9-B4BC-2BEF3123599D}

ハーゲンダッツのアイスクリームを
みんなでいただきました。

{750BD794-D2DD-4AFA-8716-6D75B62AB847}

まだまだ食欲旺盛なオトンとオカンを見て
ドラ息子の私ひげこうじも安心しました。

次は、お正月に。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
嫁ハンと2人で行ってきた
熊本・長崎への旅行ですが、

最終日は、まず旅館から歩いて、
「雲仙地獄めぐり」を観光しました。
{2F06DAF9-D5ED-4D25-8438-9DB8918AC996}


”湯けむり橋”からスタートして、
湯けむりが立ち込める遊歩道を歩きました。
{F4F3DD3A-66A6-4CB9-B933-91575647A44B}


この”清七地獄”は、
江戸時代初期に”清七”というキリシタンが
この場所で処刑されたそうです・・・。
{E16FC4B1-0191-47B1-A44D-7843844A776B}

 


この”お糸地獄”も、

島原城下に住んでいた”お糸”が、

罪を犯して処刑されたころに噴出した

とされる地獄、とのこと・・・。

 
こんな由来を知ると気味が悪いですよね・・・。
{CF0F45F3-20F2-4E15-9990-87EF1A67E391}

でも、めげずに、
自撮りで記念撮影をしました。

{87731B02-2A46-4B25-8F46-C51004BAF6F0}

30分ちょっとかけてゆっくり散策していき、
{2FC2591E-738B-47CE-AFF4-FB023F0AE1F0}

 

奥まで歩きすすみ、

その高みにあったこの”大叫喚”は、

この雲仙地獄の中で最も噴気の激しい

場所なんだそうです。

{5CB6D75F-FD6D-4482-A6E9-3612146792C3}

 

”雲仙地獄めぐり”を観光した後は、

雲仙温泉街を後にして、

次の観光先に車で移動しました。

車で30分ちょっとかけて向かったのは、

長崎県南島原市加津佐町にある


かづさイルカウォッチング」です。


{5D4DC44A-34FE-4DEA-88D1-D3AAAB1A9540}


私もこれまで知らなかったのですが、
長崎県は”イルカウォッチング”が

人気の高い観光なんですね。

{8FC82617-B5EA-46E2-B39C-C3A00D2D66EC}


料金は、¥2,500-(税込)/大人で、

約1時間の所要時間です。

{4690E824-22AC-4BE3-B9BA-C8180258893F}
 

このような船に乗り、出航しました。
{B357095F-D271-469D-B28C-34BCCC2BEC13}
 

20分程でイルカの群れに出会いました。
{D38B6649-3C98-440D-B23C-490AE786567D}
 

好奇心旺盛な野生のイルカが
船の横を泳いでくれます。

動画撮影をしましたが、その様子は
こんな感じでした。



案内してくれた船長さんによると、
この日のイルカの数は多かったようで、
ちょっとラッキーでした。
{D9E3EFB9-637E-466A-8A90-A2F9DE901413}

この時点で、お昼1時頃で、
夕方発の飛行機に乗るため、長崎空港がある
大村市に向かうことにしましたが、

その途中、諫早市を通ることになるため、
諫早市の”鰻”をいただくことにしました。

長崎県諫早市黒崎町にある
うなぎの緒里」に行きました。

{6DAD5E48-6668-4567-B783-DF20E661C64A}
 
閉店時刻30分前に入店したのに、
温かく歓迎してくれたこちらのお店ですが、

大阪では考えられない良心価格で、
美味しい鰻をいただくことができました。

「特うな重定食」¥2,400-(税込)
{F74D44B8-CCA6-4070-919E-6D70D8F1BA0C}
 
うなぎ1尾で、肝吸まで付いて、
このお値段と味には感動しました。

そして、調子に乗って、
こちらを2人で1つ注文しちゃいました。

「蒸し牡蠣(1kg)」¥1,200-(税込)
{7904A644-2AE0-4180-B7E1-524B08A78CE4}
 
このお店、是非オススメなので、
後日のブログでご紹介します。

その後、大村市に着き、
旅行中お世話になったレンタカーを返却し
長崎空港に送ってもらいました。
{9D4E9798-BC07-463A-9F02-285AE5846A5D}
 
そして、空港内の売店で、
お土産物を色々と買い込んで、
{97EA74FC-ED53-4140-B6BE-6C1B805DF530}
 
17時30分発の飛行機に乗り、
大阪に戻りました。
{2E2D7449-2177-4CE8-9211-A7F720FE4C7B}
 

今回の旅行では、初めて
おチビ2人だけで留守番をしてくれ、
久しぶりに嫁ハンと2人で、
ゆっくりと旅行することができました。

今回、メインの観光先に選んだ長崎県は
美味しい食べ物も多く、観光スポットも
沢山ある魅力的なところでした。

複雑な地形ということがあり、
車での移動距離が意外と長くなるため、
まだまだ行けていない所が沢山ありますが、
是非、また行ってみたいですね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日のブログも、
先週末から2泊3日で行ってきた
嫁ハンと2人での熊本・長崎旅行の
ことについてですが、
今回は2泊目にお世話になった旅館

長崎県雲仙市小浜町雲仙にある


について、ご紹介させていただきます。

{E7412442-2083-4A95-AE2D-08824071564F}

本館と新館(別邸)がありますが、
今回は、比較的リーズナブルな
本館の方を利用させていただきました。
{DDEA38AE-7E5E-40E1-82E9-D222797C886B}

館内は、木のぬくもりを感じる
落ち着いた内装でした。
{4333023A-0E16-4B39-A2D7-8E8B78473C4D}

旅館に到着すると、まずここに案内され、
{E195C7C6-C5C9-47DE-920B-9F0E0452F910}

お茶と自家製の珈琲プリンで
おもてなしをしてくれました。
{46006C5C-D0D8-4B21-8E87-CEDABC942E11}
{651E9C6F-EDA6-425B-8C9B-423995A93FBA}

そして、こちらが、私達が泊まった部屋です。
{F19E26CE-5418-4971-9E05-F493E848837D}

”民芸モダン洋室ハイカラシアター”
という部屋でしたが、シアター設備は
一切利用しませんでした。(笑)
{3D3F1269-7AB5-4FD3-9D61-27C2797ECF58}

源泉しの温泉(硫黄泉)に浸かり
疲れを癒した後は、
こちら(鍋団欒)で夕食をいただきました。
{CA6A0071-8161-4339-A56D-F95B3BE49CDE}

個室だったので、
ゆったりと食事ができました。
{C20F7D66-E7AB-49A4-969C-0C3CE5B52AB0}

夕食は色々なプランがありましたが、
私達は「シェアわせ(幸せ)御膳」
というプランをいただきました。
{728EFC29-543B-41F4-8880-0E039312CDD4}

この”シェアわせ(幸せ)御膳”は、
前菜から始まる各料理が一人ずつ
別々の異なる内容になっております。

こちらが私の「前菜」で、
”季節の四種盛り”でした。
{49450C47-EAA3-4F78-8EF6-AA30D6862DEB}

嫁ハンの方の前菜は、”旬彩盛り”でした。
{7AD16E0F-58B4-4BE3-BB45-DCF2BD798A69}

「御造り」の内容は、ほぼ同じでしたが、
”厳選素材三種盛り”と、
{AB4F8460-C504-44FF-BED5-1DF76C75B157}

こちらの方が、”竜宮盛り”ということで
{5D812C72-9E55-4257-96BC-C7DE64D5F564}

ドライアイスを使った演出が施されてました。
{CF0B17C0-7DEA-4827-92AF-5BC7C2D0026C}

「焼き物」は、
”牛ロース山海焼き”が私の方で、
{433DBAB0-8549-4BA8-9574-CEEE00AC45EE}
{525229D6-746F-4267-BB2F-BCCF955C98AA}

嫁ハンの方が、

”橘湾産 鮑の溶岩踊り焼き”でした。

{26CA21A6-C16A-43AE-97D0-8C45F1EF549C}
{85E23DA6-59AC-4185-B0F7-8318877E4FD0}

そして、「温物」は、
”雲仙クリーンポーク地獄蒸し”と、
{14825722-0117-4CEC-92AB-D13B5B85A514}
{FC6AC4D7-48DB-47D9-97B1-8A8370E67F72}

”地野菜のチーズフォンデュ”です。
{41361672-DA7C-43AB-B821-B376434B7D9E}
{17EC4344-541E-467E-82D6-1D83CE3F00F9}

この「お口直」は、ここまでで初めて
2人共に同じもので、
黒蜜がかかった”雲仙湧水ゼリー”でした。
{1E276815-CE3B-4039-B617-4F0432347239}

そして、「蒸物」も2人同じ内容で、
こちらの”養老餡掛け茶碗蒸し”でした。
{85B55729-2489-4BFC-902A-B55B28BA8DC2}

「鍋物」もそれぞれ異なる内容でした。

まずは、この”福田屋名物 好いちょる鍋”で
{87FC6FAA-292E-46FA-BD09-22065A2C02BC}

肉団子が入った鍋で、胡麻、柚子胡椒、
鷹の爪の薬味と共にいただきました。
{0C7B6775-8509-4E4D-888B-894B44C36214}

もう一つが、
この”A5ランク長崎和牛のすきしゃぶ”
{D83443A6-952A-4443-BAF2-377FEC5B8A19}

鍋も2種類をシェアしながら、

両方の料理を愉しませてもらいました。

{84BB5D2A-BB84-4B21-8CE3-925DDA76BC82}

「酢の物」は、2人同じ内容で、
”ひょっつる(若芽麺)の酢の物”でした。
{AD5509BA-F6E5-4FF9-AD16-1F992D8A308D}


「御飯」、「留椀(赤出汁)」に、

「香の物」は、

“じげもん(地元の)漬物三種盛り”でした。

{A98D4AE1-7EB4-4D62-B5F6-2A8D6B750D7E}

最後のデザートも、異なる2種類でした。

”かぼちゃのプリン”と
”焼き芋プリンレモンゼリー掛け”です。
{415ED59A-8ABC-49C2-BFB6-4D8E45335BE3}


ということで、
この”シェアわせ(幸せ)御膳”は、
2人でシェアすると、本当に沢山の料理を
いただくことができ、とてもユニークな
初体験ができました。

もちろん、味もすごく良かったです。


お月様 お月様 お月様 お月様 お月様 お月様 お月様 お月様 お月様 お月様


翌朝も残念ながら
どんよりとした空でした。
{75CA1AFF-4366-493D-946F-4F491E7282B7}

朝も温泉に浸かり、スッキリした後、

夕食と同じ部屋で朝食をいただきました。

{F34F55BE-9706-4FF7-9412-AD93076A5527}

こちらが、朝食の内容で、
”体が喜ぶ健康朝ごはん”というものでした。
{CA235F76-F6FD-4AFD-8003-342AD7E62019}

この朝食も、私好みで美味しかったです。
{688D951E-D40D-4272-B155-FDCD00EA29DC}

「前菜三種」と「漬物」
{1EC1E1C0-1318-4AEE-BFDF-E4C503304D36}


この「島原半島産野菜サラダ」は、
2種類のドレッシングを
好みで選んでいただきました。
{367E8E43-35AF-42C4-BCF9-354711D5F135}

「雲仙豆乳湯豆腐」
{20950D71-33D7-4301-812D-6A1674D6D939}

雲仙の名店”山本豆腐屋さん”の
美味しい豆腐でした。
{CFA5715C-A159-4D5F-B84C-2E2675615500}

「焼き物」は、
”長崎県産鯵味醂干し”で、
{DD46A81F-3A74-46C8-B080-3B08F9317AFA}

すごく脂がのった美味しい鰺でした。
{DECB4BEE-BB2D-4206-9F71-9375C4224708}

「雲仙ハムエッグ」
{5BC721BB-C12E-4810-B3B0-81E2E37DE91D}

御飯は、「炊き立て釜炊きご飯」で、
{A6AC8EF8-5B46-43C5-99A6-8CE99FC86865}

”長崎県壱岐産特別栽培米 つや姫”でした。
{EAE67048-0B56-420C-BC5A-AAED3DAFDE45}

こな味噌汁で使っている味噌は、

”雲仙市瑞穂の郷の家伝仕込み麦味噌”

なんだそうです。
{8E47A2FE-BB34-47E6-8C1B-3E0575B566E0}

こちらは、
「日本一の有明産一枚海苔」で
一人1枚分が付いており、
{64AF75F1-F101-4BA0-A4B3-E5FF28A0CADE}

香りが良く、とても美味しいかったです。
{FB1AE54A-2A55-4496-AB81-92FD811BB8F5}

そして、
ご飯は、「塚ちゃん卵」を使って、
卵かけご飯にしていただきましたが、
{AC08B49A-6A49-4606-8F55-F6CFD640B3CF}

こちらの旅館のオリジナル商品である
「卵かけご飯の醤油」を
掛けていただきました。
{871496E3-C081-436C-A885-A3C76FEB08B0}

先述の有明産海苔と一緒にいただくと
めっちゃ美味しかったです。
{ADD3F4A8-B929-4132-98B5-6A0E78BCC987}


ということで、夕食も朝食も、
提携している農家さん等から提供を
受けている地元の美味しい食材を使った
とても美味しい料理でした。


 夕食:★★★★★★★★★☆
 朝食:★★★★★★★★★☆
 温泉:★★★★★★★★★☆
 施設:★★★★★★★★★☆
 接客:★★★★★★★★★☆
 CP:★★★★★★★★★☆


温泉も料理も大満足の旅館でした。


最後のチェックアウトの際に、
記念撮影をしていただきました。

{6F555491-58D7-4B4C-BB01-1EE590B6F1CC}

さて、ここから、旅行3日目・最終日の
長崎観光に出掛けました。

明日ブログが、
この旅行記の最後になりますので、
よろしければ遊びにきてください。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
できれば、この”軍艦島(端島)”に
上陸してみたかったっす・・・。

{B9E55371-74B3-46B6-820B-8A57EBF16CFF}


今回の”熊本&長崎旅行”の中で
一番の目玉観光として楽しみにしていた
「軍艦島上陸ツアー」なんですが、

旅行2日目は風が強く、波が荒れていたため
残念ながら当日に中止となりました。

でも、折角なので、陸上から一番近くで
その”軍艦島(端島)”を見ることができる


に行ってみることにしました。
{DF15423A-42EE-4D4C-BD52-2B057603F9D9}


時季的に少し早かったようですが、

それでも可愛い水仙の花がちらほらと
咲いておりました。
{DA59AF28-DE89-434C-B363-737D758312C8}

その丘の上には展望所があり、
そこから”軍艦島”を見ることができました。
{AE296B41-386E-477E-9220-DB175D276CC3}

風だけでなく、空も曇っていたため、
写真では少し分かり難いのですが、
肉眼でもしっかりと軍艦島が見えました。
{3FEA1A35-1C64-4D4E-B51D-71089230395B}

でも、天気が良ければ、
更にきれいに見えたんでしょうね。
{133808A7-7BB7-4206-AB57-D13E14B68F2B}

こちらが、私のiPhoneでズーム撮影した
“軍艦島(端島)”です。(これが限界・・・)
{3FC93180-7F21-4988-A3A2-325E0ACD0F5B}

そして、折角なので、
同じく“野母崎総合運動公園内”にある
「軍艦島資料館」にも入ってみました。
 (入館料は200円/大人でした)
{493D0144-E034-4D24-8109-961A4B92A58B}
{989200A4-1EB6-41B6-8484-10404167932D}

館内は写真撮影が禁止でしたが、

興味深い展示内容で、

軍艦島に関する知識が深まりました。

今回の旅行では、残念ながら

軍艦島に上陸はできませんでしたが、

少しだけ行った気になることができ、

予想以上に愉しめました。

{5019E203-6FAA-441C-8BB0-7E1030D08706}

そして再度、長崎市内に戻ったのですが、
その途中の道で、軍艦島が綺麗に
見えるスポットがあったので、
車を停めて写真撮影をしました。
{2ED73C03-8FD9-4E8F-B3B0-2A196B09A52F}

同じくこの“夫婦岩”も、
写真撮影の好スポットなんだそうで、
このように、岩と岩の間に軍艦島を
入れて写真を撮ることができました。
{ADD274AE-3371-48BD-85D6-ECE01330C408}


一応、夫婦で記念撮影もしておきました。
{59C1858B-CA2F-493C-8C34-DFAC2BDAE2F3}


そして、長崎市内に戻り、
長崎港に少しだけ立ち寄ったのですが、
豪華客船が停泊していました。
{615A5E6F-51AF-4DC6-BD57-FD83A51C663E}

また、軍艦島上陸ツアーで乗るはずだった
船もここに停まってました。
{639019A0-4C17-4FA7-AB35-3888DEC8DB92}

その後は、嫁ハンのリクエストに応えて
長崎ペンギン水族館に行きました。

ここは、長崎県下の観光スポットの中でも
結構人気があるんだそうです。
{253E06EC-AA9D-4AA1-9EF3-B2EDBDDB8F90}

ペンギンだけかと思いきや、
このような魚の水槽も幾つかあり、
期待以上に良かったです。
{9B6B1A93-9451-402D-82FD-5C6D858466C2}

入館料も県営のためか、510円/大人
と良心価格設定でした。
{4BC2EAF9-6C46-4E4C-9B03-A5781F59C4EA}

クリスマスシーズンだったので、
このような飾りを施した水槽も見つけました。
{ADA4E199-F8BB-4E27-A29A-38AE63DF5D96}

もちろん、沢山のペンギンもいました。
{19D7234F-61DE-45D0-92F7-52553B0AA805}

ちなみに、この水族館には、
全部で9種類のペンギンがいるそうで、
その数は、世界一なんだそうです。
{E733F10A-FBC6-431E-A715-7AD3F4159071}

仲良く毛繕いをし合っているペンギンや
{66C728D5-659E-41B5-8ACE-855F7B72EFDA}

じっとしてほとんど動かないペンギン等、
見ているだけでホッコリします。
{A8461B21-233B-4FF9-B8C5-118D208AC57D}

屋外にもペンギンがいて、
このように上から見ると、
空を飛んでいるようにも見えますね。
{07FE30E9-3545-4AAA-87FE-4F44474A9B00}

このペンギンは、“コガタペンギン”という
世界一小さいペンギンなんだそうです。
{F25F5CB0-1E25-4E19-A8C6-F20193E8CD23}

さて、こちらの水族館には、
もう一つ“世界唯一”のものがあるのですが
それが、この“ふれあいペンギンビーチ”
なんだそうです。
{719F7087-9FC3-43AE-AF7A-8C622932A945}

タイミングよく、その”ビーチ”で行われる
ペンギンへの餌やりが見れました。
{F130E4C5-FD82-4213-A2C3-39398AF647F6}

水中に潜って餌を取る様子や、
{E20FA56E-75EC-49DA-B984-33A8A75CC840}

飼育員さんにヨチヨチ歩いて付いていく
可愛い姿が見れました。
{B663435F-4334-45F7-AB63-F25028C318A1}
{C18F4529-5386-4CEC-BCC6-B9E771C06F7F}

約1時間の滞在でしたが、
期待以上の楽しい時間を過ごせました。


2日目の観光プランは、これで終わりで
この後は、この日の宿泊先である
雲仙温泉に向かいました。

その途中、
“日本の棚田百選”に選ばれている
「千々石町の清水棚田」があり、
{72D28AFA-983F-4BF2-AB10-69C5DE96A413}

そこから、雲仙普賢岳が望めました。
{110386E6-F3DC-4354-B7AE-EB56840B0C25}


そして、この日の宿泊先である

“民芸モダンの宿”雲仙 福田屋

に到着しました。


{AFA391F1-5B5C-4233-8C27-93BDA71F4413}
{443B25F7-CDED-43AE-9D06-99D876B171D1}

2泊目の宿は、少しだけ豪華にしました。

長くなりましたので、この後のことは、
明日に続けることにします。

よれしければ、
またお付き合いくださいませ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日も、
先週末に2泊3日で嫁ハンと行ってきた
熊本&長崎旅行についてです。


で迎えた旅行2日目の朝は、
宿泊プランに付いていた
”和洋食バイキング”をいただきました。

{0D236042-5F45-4E94-99B5-BD6977F7B325}


通常1,200円(税込)のバイキングですが

とても充実した内容でした。


この”卓袱料理風”のおかずに、


{B2288A62-C887-4A3D-A202-DA7DC2D9FE81}


長崎らしく、
”長崎ちゃんぽん”や水餃子があったり、

{317FC682-1249-4BBD-A982-D022525B6C97}


その他、和洋様々のおかずや、

{317063FC-3C0C-4AA0-B462-E73701CF5485}


スープ、味噌汁、パンにご飯類等々。

{EF691249-496A-410A-B61F-18B0D48B4C30}


貧乏性なので、バイキングだと、
どうしても食べすぎちゃいます。(笑)

{3CF67390-968D-46E3-95F0-6122FFF7D1AC}

朝から、これだけの量をいただきました。

{E2A36947-2CDC-4235-A91C-ACE87554365B}


ちなみに、嫁ハンは、
適量を選んで食べていました。

{7119C004-EABE-4F4A-AAE2-4CBD4331640F}


朝食後は、食後の運動を兼ねて、

ホテル周辺を散歩することにしました。


{465C344A-9CDF-49AC-B7A9-DC2D808F0764}


でも折角なので、地元で人気のパン屋さん
に行ってみることにしました。

そのお店は、長崎県庁の前を通り、
さらに5分程歩いたところにありました。

{9C1BAA5E-C042-4DE4-B2D3-215BE7E8E915}


長崎市五島町の”パン&カフェ”

ブレッドアーエスプレッソ

 (bread A espresso)


{E6DA18DE-DE6E-4A1B-9D18-149C5623CD8F}


月・金・土・日曜日の4日間だけ営業
しているようですが、さすがの人気店で
次々にお客さんが来られていました。

{65347258-2034-461B-AE8F-997D9573410D}


美味しそうなハード系のパンが
ズラリと並んでいたため、
旅行中であることもさておいて、
沢山のパンを購入しちゃいました。
(いくつかは当日にいただきました)


{A86A6AC0-77EC-48F7-B782-0883267C5B67}

パン屋さんの後は、
まったくの予定外でしたが、
こちらのお店にも立ち寄りました。


{B18FAA34-36AD-471F-AAE3-19965E9CC383}


長崎と言えば”からすみ”も有名なので
できればお土産として押さえおきたくて、
店内を見させていただきました。

{C18BA507-02AC-4458-9481-B6D15D4DF186}


その中で、この数量限定の
「からすみ切り落とし」(税込500円)
がお得とのことで、幾つか購入しました。

{73328C3A-A479-44D4-9C66-6500332401AF}


朝から精力的に活動した後、
ホテルをチェックアウトし、
この日の観光地に向かいました。

{E6892627-A4F8-4C73-9CD7-3157E26BF06F}


実は、今回の旅行の目的地に
長崎県を選んだ一番の理由は、

2015年に、世界遺産に選ばれた
「軍艦島(端島)」に、自ら上陸して
観光してみたかったからでしたが、

この日に予定していた
”軍艦島上陸ツアー”は、強風で海上が
少し荒れていたため、残念ながら
当日に中止となってしまいました。


気を取り直して、急遽予定変更した
2日目の観光の内容については、
明日のブログにて続けることに致します。

よろしければ、
明日も是非遊びにきてくださいませ。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。