[ふいに無性に]オーティス・レディング♫この強き愛を聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…





オーティス・レディング


♫ザッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラヴ・イズ




1965年発売のオーティス2枚目のアルバム「ソウルバラードを歌う」に収録


邦題を ♫この強き愛 という

わずか26歳にして、飛行機事故でこの世を去ってしまった悲運のソウルシンガー…

オーティス・レディングとは永遠に色褪せることのない宝石のような存在…

いついかなる時においても、我々に勇気とエネルギーを与えてくれる

その全身全霊を捧げて歌い上げたる名曲の数々、その煌めき輝きは、文字通りの永遠不滅…

このバラード、わずか 2:24 でありますが、圧縮、凝縮されてます

人間という生き物がR&Bにおいて表現しうる、その無限の可能性と到達点を、僕はオーティス・レディングの歌声の中に見出す

ありがとうございます…

と、聴くたび念じずにはおられない

僕はふいに無性にこの ♫ザッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラヴ・イズ を聴きながら、ある一つの言葉を想う…

…究極

これ、この究極とは、まさに、オーティス・レディングの歌声かと

問答無用の至高…

ありがとうございます

みんな大好きオーティス・レディング

みんなの憧れオーティス・レディング

みんなの伝説オーティス・レディング

我らがストーンズに…

シンプリーレッドのミック・ハックネル…
タジ・マハール…


なんと、ブライアン・フェリー…


ありがたや〜

御愛読感謝