42歳パッキャオ、2年ぶり世界戦計量クリア‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

 42歳パッキャオ、2年ぶり世界戦へ前日計量クリア スポーツ報知


> ◆プロボクシング ▽WBA世界ウエルター級(66・6キロ以下)タイトルマッチ 休養王者マニー・パッキャオ―スーパー王者ヨルデニス・ウガス(21日、米ラスベガス T―モバイルアリーナ) 世界6階級制覇でWBA世界ウエルター級休養王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が21日(日本時間22日)、米ネバダ州ラスベガスのT―モバイルアリーナで、WBA同級スーパー王者ヨルデニス・ウガス(キューバ)との世界戦に臨む。20日(同21日)に当地で行われた前日計量で、パッキャオは66・2キロ、ウガスはリミットの66・6キロでクリアした。

 42歳のパッキャオは、2019年7月のキース・サーマン(米国)との同級王座統一戦以来、約2年1か月ぶりにリング復帰する。ブランクがあった間、今年1月にWBAから休養王者に認定され、スーパー王者の座は正規王者だったウガスの手に渡った。因縁の対戦となる公開計量では、先にパスしたウガスが表情を崩さなかったのに対し、緩やかな笑みを浮かべ、観客の声援に何度も応えるなど、充実感を漂わせた。

 当初は、27戦全勝を誇るWBC・IBF世界同級王者エロール・スペンス(米国)と対戦予定だったが、試合直前の10日(日本時間11日)にスペンスが左目の網膜裂孔と診断されて欠場。アンダーカードで防衛戦を行う予定だったウガスが急きょ代役に。久しぶりの一戦は、スーパー王者の立場を奪い返す機会だ。

 一方で、母国で国会議員を務めるパッキャオは来年の大統領選出馬が取りざたされており、ウガス戦が現役ラストマッチになる可能性もある。パッキャオは18日(同19日)の会見で「すべてのファンをこの試合に招待したい。これが私の最後の戦いかもしれないし、もしくはまだ続けるかもしれないから」と話していた。



ん〜

明日、生中継観戦だなぁ

パッキャオ、いい勝ち方してスペンス戦に繋げたもれ

(°▽°)