[ふいに無性に] オジー・オズボーン♫月に吠えるを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…




オジー・オズボーン


♫月に吠える





1983年発売のアルバム「月に吠える」に収録


オジー・オズボーンと言えば、ヘヴィ・メタルの開祖とも呼ばれる伝説のブリティッシュバンド、ブラック・ザバスを経て、アメリカで自身のバンドのメタル道を貫いたレジェンド

プリンス・オブ・ダークネス…

まぁ、バラエティショーで活躍の「変なおじさん」でもあります

まぁ、オジーは名ギタリストハンターとしても有名

初代がたぶん1番人気のランディ・ローズ

二代目が日本人の母親を持つジェイク・E・リー

三代目はザック・ワイルド

…んで、今日の一曲はジェイク参加のヒット曲ね

ランディが飛行機事故で不慮の最後を遂げ、その失意のどん底から這いあがってきたオジーを盛り立てたのが、凄腕ギタリストのジェイク

マジで痺れるギターリフ…

カッコイイなぁ

ぶっちゃけ、PV観ちゃうとコミカルに思えるけど、なんのなんの、このスピード感とエネルギーと創造性…は破格

僕はふいに無性に、この ♫月に吠える を聴きながら、ロックギター〜メタルギターに憧れた青春時代に想いを馳せる

んで、紆余曲折して、僕は当時全盛期だったヘヴィ・メタルよりも往年のブリティッシュ・ハードロック・スタイル寄りの、ブルージィなるロックギターに自分の趣向を見出すわけだけど、でも、この ♫月に吠える はやけに心に刻まれてる

当時、高校生だった僕はストーンズをコピーしまくってバンド活動してたんだけど、友だちにメチャクチャギターの巧いロン毛のサウスポーがいて、そいつがこの難易度の高い ♫月に吠える を完コピしていて度肝を抜かれたんだ

そいつはメタリカの♫マスター・オブ・パペッツなんかも軽く完コピしてた

もう、CDと同じ、そっくりに

僕には触りしか弾けなかったけど、そいつはマジ凄かったなぁ

ただ、そいつはバンド仲間がなかなか揃わなかったんだ

んで、ヘヴィ・メタルはやっぱり技巧的だし、田舎にはなかなかやり手はいなかった

ん〜

なんとも寂しかったなぁ

あんなにギター巧いのに、バンドでできないなんてなぁ

僕にはそういう懐かしさと儚さを湛えた一曲でもある

あいつの寸分違わぬ、あの運指と正確なるピッキング

あの、青いストラトキャスター

忘れじの一曲だのう

あいつ、元気かなぁ〜⁇

御愛読感謝