井岡一翔にJBCが謝罪、一旦、和解…について | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

井岡一翔「人生が変わったぐらい苦しかった」4月週刊誌報道からの騒動に 日刊スポーツ


> ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(32=Ambition)が、日本ボクシングコミッション(JBC)から謝罪を受けた。昨年のV2戦でドーピング検査違反騒動となり、直接謝罪や役員退任などを要求していた。12日、都内でJBC永田有平理事長(66)との同席会見で謝罪文を手渡され、永田理事長と浦谷信彰執行理事(62)の進退伺提出が明かされた。検査改善、情報漏えい追及は未決も「1つのけじめ。次へ進むために」と受け入れた。9月に東京でV3戦が濃厚となっている。

【写真】会見で記者の質問に答える永田理事長の横で浮かない表情を見せる井岡

   ◇   ◇   ◇

井岡は会見の冒頭、永田理事長から井岡と家族に心労と迷惑をかけたとの謝罪を受け、謝罪文を受け取った。そして「直接謝罪を求めてきた。すっきりした気分になるわけはないが、1つのけじめとして謝罪を受け入れたい。スポーツマンらしく、今後は前だけを向いて、防衛戦に勝つことに集中したい」と表明した。

JBCは5月、ずさんな検査体制で井岡の違反は認められず、処分はなしとする倫理委員会の答申を発表した。井岡陣営は納得できず、国内プロボクシングジムの会長らで構成する日本プロボクシング協会(JPBA)に、JBCの役員退任などを求める上申書を提出した。

これを受け、JBCはドーピング検査委員会と、一部週刊誌に情報が漏れた原因を追及するガバナンス委員会を設置。検査については年内をメドに体制などを改め、ガバナンス委員会は8月末に調査が終了する。永田理事長は、浦谷執行理事と2人の進退伺を長岡勤コミッショナーへ6月に提出したことも明かし、調査終了後の理事会で処遇が審議される。JBCの一連の取り組みに井岡陣営は一定の評価を与え、直接謝罪を受け入れることになった。

騒動は4月の週刊誌報道で始まった。井岡は「人生が変わったぐらい苦しかった」と、この3カ月を振り返った。一方で「ボクシング人生で求めているものがある。ここで止まれない。簡単ではないが切り替えていく」と話した。

7月15日付でジムも「志成ボクシングジム」と改称し、間借りから目黒区内にジムを設けた。WBOからは同級2位フランシスコ・ロドリゲスJr.(27=メキシコ)と指名試合を指令され、相手陣営が「9月に東京」と明かしている。検査改定は間に合いそうもないが「決まればやるだけ。日本のボクシングを盛り上げ、貢献していきたい」との決意を口にした。【河合香】

◆井岡騒動の経緯 昨年大みそかの田中恒成(畑中)との2度目の防衛戦時のドーピング検査で、採取された尿検体が大麻成分の陽性反応を示したと4月下旬、一部週刊誌が報道。井岡側が全面否定する中、JBCが倫理委員会で調査、審議したところ、JBCの不備や検査の管理体制に不手際が判明し、5月19日に「違反はなかった」との結論に至った。その後、井岡はJBC側から一定の謝罪を受けたが、所属ジムとして(1)JBCの役員退任(2)ドーピング検査の刷新(3)一部週刊誌に情報が漏れた原因の究明(4)内容の伴った謝罪、の4点を求めていた。



さて、公正、公平 を担保できないならばJBCの存在意義が根幹から揺らぐ

僕はぶっちゃけ、井岡一翔というボクサーのあり方には否定的な立場だが、今回のドーピング検査騒動の経緯を振り返るとやはり不手際はJBCに残ることは否定できないか…

また、JBCが警察とのやり取りを隠蔽⁇ また、その後、ことの経緯をマスコミへリークした内通者が存在していたらしい…との疑念が残り、公正と公平をつかさどる組織としての佇まいとガバナンスが揺らいだのは確かだ

JBCは絶対…というイメージは崩れた

信頼と健全を担保せねばならない組織の闇…には透明性という光を浴びせなければならない

違法行為・疑惑への対処ルールの確立と確実なる運用、危機管理の再検証と不備の補完を確実に推し進めていただきたい

でなければ、その青春を賭したボクサーたちが生命を預けられないし、観客も安心して観戦を楽しめない

改善を希求する

また、井岡一翔選手はJBCの謝罪に一定の評価を示したものの、ちょっと不満気でもあるのかな…⁇

とはいえ、次の防衛戦を日本で開催ならば、JBCは道義的問題を孕んだ刺青問題指導の徹底は果たさねばならない

プロボクシングの信頼と信用をこれ以上失墜させないためにも、護るべきものは、護らねばならない…と痛切に思う


御愛読感謝