[ふいに無性に]ドクター・ジョン♫サッチ・ア・ナイトを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


今日の「ふいに無性に」は…



ドクター・ジョン


♫サッチ・ア・ナイト



1972年発売のアルバム「イン・ザ ・ライト・プレイス」に収録

アメリカはニューオリンズを拠点とする、ブルースピアニストの巨人

陽気にして哀愁漂うこの感じ…

たまりませんのう

僕の大好きなザ ・バンドの解散コンサート「ラスト・ワルツ」にも登場します




ファンクとブルースとロックがブレンドされた感じがなんとも独特なるドクター・ジョンの世界を形作っているんだよなぁ

んで、僕はふいに無性に、この ♫サッチ・ア・ナイト を聴きながら、ふわ〜っとした甘くてとろけるようなブルース・フィーリングにどっぷりと浸かって、とろん…とするのだ

あ〜

きもてぃいい〜

確か、鬼才デニス・ホッパー監督の「カラーズ」というハードアクション映画のワンシーンでこの曲使われてるんだ


ショーン・ペンとロバート・デュバルが主演の警官モノなんだけど、いい場面で出てくるのよ

高校生の時に観たあの場面、今でも鮮明だなぁ

お勧めだな

しかし、心が躍る超名曲だと思うな

御愛読感謝