中谷正義のロマチェンコ戦敗戦の弁 | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


>  「ボクシング・ライト級12回戦」(26日、ラスベガス)

 ボクシングのライト級12回戦が26日(日本時間27日)、米ネバダ州ラスベガスで行われ、WBO同級5位の中谷正義(32)=帝拳=は、元同級世界3団体王者のワシル・ロマチェンコ(33)=ウクライナ=に9回TKOで完敗した。

 歴史的勝利はならなかった。五輪2連覇、プロでも3階級を制した強豪撃破を狙った中谷だったが、世界最高峰の技巧にほんろうされた。体格面での優位を生かせず、5回にクリンチ際に連打でダウン。9回に左を浴びて膝をつくと、主審が試合を止めた。

 試合後、所属ジムを通じ「ロマチェンコは左右のスピードが速く、左が良かった。そこに対応ができませんでした」とコメント。「今後のことは帰ってからゆっくり考えたい」とした。


…確かに、中谷選手はロマチェンコのダイレクトレフトを散々まともに喰い続けながら、しかし、ずーっと対応出来なかったんだなぁ

あれさえ予見なり、弾くなり、ガードするなりできたら展開もまた…

いや、それをさせない「ハイテク」こそがロマチェンコの真骨頂なんでしょうなぁ

あ〜

なんとか消耗戦にもちこんでベルデホ戦よろしく、大逆転TKOを期待してたんだけど、さすがはボクシング技術の最高峰を極めたるといわしめるロマチェンコであった

くぅ

さて、中谷選手、32歳かぁ

もちろんまだまだ観たいけど、どうかなぁ〜⁇