[ふいに無性に]エアロスミス♫バック・イン・ザ ・サドルを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…




エアロスミス


♫バック・イン・ザ ・サドル







1976年発売のアルバム「ロックス」に収録



ん〜


エアロスミス節…ってのがあるとしたら、これかなぁ、と


♫お説教 や ♫スイート・エモーション なんかももちろん悪くはないんだけど、個人的にはこの乾いていてザラついた鋭利なるハード・ロック・サウンドが好みなんだなぁ


動く映像も貼ろう



これ、2004年の横浜公演とあるけど、スティーヴン・タイラーの肩に貼られたタトゥーシール⁇ には「猛暑」とある


(^。^)


なんだこれ⁇



さて、僕はあんまりエアロスミスにはどっぷりは浸かってはいないんだけど、ふいに無性に聴きたくなることは否定できないんだなぁ〜


やっぱり70年代のね


AC/DCもいいけど、なかなか比べられないかぁ


甲乙つけ難いのう


ただ、70年代のこういう「乾いていてザラついたロック」ってのは僕の中ではかなり「神域」扱いしちゃう


青春の焦燥感と相まって、なんか、こう、血が煮え滾る…っての⁈


ぐぐぐっ…と燃えてくる


いいよね


本当、単純にカッコいい


あ、同時期に大活躍のバンド、KISSでは血は煮え滾らない…んだなぁ


ごめんなさい


(o^^o)


御愛読感謝