今日はメイウェザー×YouTuberローガンエキシビジョンマッチ‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?



> 6月6日(日・現地時間=日本時間7日)に米マイアミのハードロック・スタジアムにて行われるボクシングエキシビションマッチ、元ボクシング世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(44=米国)と世界的人気のYouTuberローガン・ポール(26=米国)の前日計量が5日(現地時間)に行われ、両者が計量をパスし緊迫のフェイスオフ、両雄が現在の心境を語った。

【フォト】ローガンが驚異の背筋ほか計量写真3枚(緊迫の睨み合い動画あり)

 鍛え上げた筋肉隆々の身体でパスしたローガンに対し、司会者が「あと一晩寝ると、あなたの人生で最大の戦いが待っている。お騒がせで有名なあなたは、これまでずっと自信満々な態度を続けているが、今のフロイド(メイウェザー)の眼光を見て、どんな心境?」と皮肉混じりな質問。

 するとローガンは「ヤツはまだ戦う準備が出来てない。これから起きることをまだ理解していないのさ。そして、これは自分にとって最大の戦いではない。だって、全てを失うのはヤツの方だからさ。オレはただ戦いを楽しむだけ。今ここで予行演習してやってもいいんだぜ。明日、オレは歴代最強のボクサーを倒す」と、自信満々の態度。

 司会者が続けて「“ローガンの勝てる見込みはない”と言っている人達についての意見は?」と尋ねると「これは戦いだ。何が起きても不思議ではない。何より、フロイドの戦う準備はできていない様にみえるぜ」と、挑発混じりに勝利への自信を語った。

 対するメイウェザーは「この様な戦いは過去に何度もやってきた。だから、自分が何をすべきか既に知っている。これまで、多種多様な戦いを経験してきた。勝負は身長や体重の差だけではない、どう戦うかが全てだ」と余裕のコメント。


 続けて「心配することは一切ない。私は25年間世界のトップレベルで戦ってきた。だから何をすべきか理解している」と、意気がる18歳年下のローガンをいなす様に答えた。

 今回の計量では、メイウェザーは155ポンド(70.3kg)、ローガン・ポールは189.5ポンド(85.95kg)でパス。メイウェザーにリミット体重はなく、ローガンは190ポンド(86.18kg)がリミットとされていた。この体重差は15kgだが、当日にどれだけ体重を増やすかは制限されてないため、明日、ローガンは通常の90kgまで戻し、メイウェザーと20kg差での対戦となる可能性が高い。

 なお、開催地フロリダ州のボクシングコミッションが発表したこのエキシビションマッチのルールは、ヘッドギアなし、12オンスグローブ着用の3分8ラウンド試合形式。勝敗については、「公式な勝者認定はなし」「判定なし」「KO・主審によるレフェリーストップあり」となっている。


…さぁ、流石のメイも20キロも重い相手のパンチを喰ったらやばいっしょ⁈

…とは、思えない

まず、当たらない

現役バリバリの世界チャンピオンクラスが当てられなかったのに、YouTuberごときに当てられるはずがない

ただ、メイのパンチも効かない気もする

ヘッドギアなしとはいえ、12オンスのグローブ

しかし、急所を打ち抜けば別か

まさか…があるとしたら、メイの44歳という年齢からくるあらゆる意味での鈍化、劣化…か

今日はお昼前は生中継観られるから、ま、楽しみ

御愛読感謝