[ふいに無性に]ポール無双♫トゥモローを味わう | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…







ウイングス


♫トゥモロー




1971年発売アルバム「ワイルド・ライフ」に収録



あのう、まぁ、ご存知だとは思いますが、ビートルズを解散、ソロ名義のアルバムをいくつか発表した後にポール・マッカートニーが奥さんのリンダと元ムーディー・ブルースのデニー・レインと作ったバンド、そのデビューアルバムにあたるわけです


その中の一曲に、いかにもポール・マッカートニーらしい煌めくようなメロディをもつ佳曲がある


それが個人的にふいに無性に聴きたくなっちゃう ♫トゥモロー なのだ


な〜んか、いいんだ


稀代のメロディメイカーであるポール・マッカートニーの名曲群の中にあってはかなり地味だけどやけに耳に残る


名曲 ♫ヘイ・ジュード や ♫メイビー・アイム・アメイズド に通じるピアノ・ロック・バラードだけに、やっぱり好みなんだと思う


んで、ポール、マッカートニーにはこんな感じの、やけに耳に残る佳曲がざくざく存在しとるわけです


ソロもウイングスもたくさんアルバムあるし


その中から、あっ…という曲を見つけた時の喜びがまた格別なんだなぁ


ううん、格別❤︎


御愛読感謝