[ふいに無性に]フリー♫オール・ライト・ナウを愉しむ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…




フリー


♫オール・ライト・ナウ




1970年発売のアルバム「ファイアー・アンド・ウォーター」に収録の、ブルース・ロック・クラシック


イギリス発のブルースをベースにしたハードロック・バンドね



ブルースとソウルの要素が絶妙なるハードロックサウンド


なんと言っても天才ヴォーカリストのポール・ロジャースの存在感がでかいよなぁ


フリーの後にポール・ロジャースが作るバンド、バット・カンパニーもわりと似た感じのブルース・ソウル・ハードロックではあるんだけど、フリーの方が若干だけど硬質・硬派な感じあるかなぁ


んで、なんと言ってもカッコいいのが、ザラついたコゾフのギター・リフよ


この、軽く首を縦に、あるいは目を閉じて軽く横に振りながらノレる感じ


ゴリ押さない


余裕のある、ハードロック


ツェッペリンやパープルは、まぁ、ぶっちゃけ、ちょっと強要されちゃうところある


(^^)


この苦し過ぎない感じ、心地いいなぁ…と


圧迫感なし


んで、僕はふいに無性に、この ♫オール・ライト・ナウ を聴きながら…


♫ だ〜い じょ〜ぶ だ〜


と、サビの オ〜ル ライ〜 ナ〜ウ を頭の中で言い換えて愉しんでます


(^^)


にゃはは


気分や心地が軽くなる、力まないハードロック・クラシックね


ギター・ソロも個性的で楽しい


^_^


御愛読感謝