[ふいに無性に] ジョージ・マイケル♫プレイング・フォー・タイムを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…




ジョージ・マイケル


♫プレイング・フォー・タイム





1990年発売の「LISTEN WITHOUT PREJUDICE vol.1」 に収録ね





ワム!の、バリバリのアイドル路線から、ポップスの魅力を最大限引き出し、ソロデビューアルバム「face」でいきなり全世界を席巻…


で、ソロ2作目がこれ


あのね、これ、前の作品が世界や潮流に迎合した上で、その期待を遥かに上回る領域で才能を開花させていた感じあるんだけど、このソロ2作目は違うんだなぁ


アーティストとしてのジョージ・マイケルの覚悟と矜持が漲っている


セールス的には前作には振るわなかったらしいけど、いやぁ、こっちが凄い


で、この ♫プレイング・フォー・タイム だけど、アルバムのトップを飾る一曲なんだけど、なんか、精神世界への扉が開かれるというか、自身の心と対話を持ち掛けられるというか、そういう誘われる感あると思うんだ


ま、♫祈りの時 って意味なんでしょ⁇


僕は無宗教だけど、自然の摂理とか、宇宙の摂理とか、そういうものに対する畏敬の念というか、畏怖の念はあるかなぁ


ま、矛盾してるけど


^^;


なーんか、そういう感覚ある


アイドル〜ポップスター〜アーティスト


…と、見事に変幻していった感じあるし、その変貌が本当に素晴らしかったなぁ、と思うし、ときめかせていただきました


2016年にわずか53歳で亡くなってしまったわけだけど、マイケル然り、プリンス然り、そして、ジョージ・マイケル然り…


才能の塊とは、実に、儚いのう


で、僕はふいに無性に、この ♫プレイング・フォー・タイム を聴きながら、世界の全体像や佇まいをイメージしながらぼんやりするのだ


いい世界


悪い世界


キレイな世界


醜い世界


肯定できる世界


認められない世界



…その時々で見え方が変わる



それこそが、世界と呼ばれるモノ か…⁇



などと、稚拙なる哲学の真似事をして、愉しむのであります




晩年のライブも貼る


御愛読感謝