[ふいに無性に]U2♫終わりなき旅に魂を震わせる | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…




U2


♫アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・アイム・ルッキング・フォー




1987年発売の名盤「ヨシュア・トゥリー」にオリジナルは収録なんですが…



あのね、僕がふいに無性に聴きたくなるのはこの名曲のライブヴァージョンなのよ



1988年発売の「魂の叫び」に収録の、あまりに荘厳なるゴスペル色強い素晴らしいヴァージョンね





いやぁ、いい


U2はちょうどオンタイムなんです


ただ、僕はビートルズやストーンズに執心し過ぎてて、せっかくのリアルタイム世代なのに追求してない


^^;


でも、「魂の叫び」だけははよく聴いてました


なんか、映画のサントラとしての要素とスタジオアルバムの要素を兼ね備えているんですね




アルバムの一発目はビートルズのカヴァーで ♫ヘルタースケルター だったし、ブルースの巨匠BB・キングと共演してたり、ボ・ディドリー調ジャングルビートの ♫デザイヤー みたいなシングルヒットもあったし、ボブ・ディランのカヴァー ♫見張塔からずっとも収録されてたし、かなりR&B色の強い ♫エンジェル・オブ・ハーレム も好みだったし…


ん〜


いいアルバムだわ


U2による原点回帰…というか、伝統と継承の哲学してる…みたいな感じ強い


あ、んで、今日の一曲、邦題は ♫終わりなき旅で、この大合唱にはもの凄いエネルギー貰えるなぁ〜と


楽曲の素晴らしさもさることながら、歌を通じて人々が喜びを分かち合う、価値観を分かち合う、世界を分かち合う…的な究極的な感動を感じます


魂の昇華、極まっているなぁ、と


そういう意味で、僕はこの名曲のライブヴァージョンには究極名曲の称号を与えたいなぁ〜


これ聴いて魂が揺れない人はいないでしょ⁈



いや、ダメね、そういうのは


いろいろな価値観あって当然だし…




…でも、心の中で、密かに、これ聴いて魂が揺れない奴は人間じゃねぇっ‼︎ と、断言したくなる自分がいるんだけど、まぁ、その〜



黙っておきます



はい



(^^)



御愛読感謝