井岡薬物ドーピング疑惑、畑中会長不満顔… | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?



> プロボクシングの畑中ジムは8日、日本ボクシングコミッション(JBC)と長岡勤コミッショナーへ4月30日付けで送付した質問状に対し、JBCからの回答が届いたことを明かした。ただ、満足いく内容ではなかったようで、畑中清詞会長は「ゼロ回答だった」と話した。

 質問状は、昨年12月に畑中ジム所属の田中恒成(25)が出場したWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチのドーピング検査で、王者・井岡一翔(32=Ambition)から大麻成分などが検出されたとされる問題に関する内容だが、同会長は詳細を明かしていない。既に今後の対応について弁護士とも相談しており「いずれ会見する予定」と改めて意見を表明する考えだ。


この、井岡一翔選手の違法薬物・ドーピング成分検出疑惑問題ですが…

ハッキリ言わせていただきます

井岡一翔


JBC


どっちもクソっ‼︎

井岡は道義的にも疑惑内容もかなりクソ

JBCはこの疑惑問題の発端が内部リークとも言われているわけで、このリークさえなければ井岡の違法薬物・ドーピング違反疑惑を闇に葬っいた可能性大だったわけで、これまたクソ

どっちもクソっ

…な展開が続く

あの大晦日の名勝負にはミソがついた

正々堂々、公平公正…ではなかった、のだと思うと怒りさえ込み上げる

井岡への厳正なる処分を希望するが、その処分する立場のJBCの不健全と腐敗とが露わになったこの状況…

ないじゃん、みんな納得の着地点なんか

クソ過ぎてムカつく

命懸けで青春を賭しているボクサーたちを貶める行為に等しい…と感じる

井岡もJBCもクソ過ぎ

ザーケンナっ‼︎


…っとっと、あ、理性を失ってしまいました

しかし、いい加減にしていただきたい

この騒動がふわっと風化しちゃうなら、終わりの始まりかも知れんな、マジで…

御愛読感謝