[ふいに無性に]ティアーズ・フォー・フィアーズ♫ルール・ザ ・ワールドを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…



ティアーズ・フォー・フィアーズ

♫ルール・ザ ・ワールド



1984年発売のアルバム「シャウト」に収録…



以前より申し上げておりますが、僕がもっとも愛する80年代のロックバンド、まぁ、グループは、紛れもなくティアーズ・フォー・フィアーズなのであります

で、ビートルズやストーンズばかり聴いていた一方で、密かに憧れていたのだ

ただ、当時の音楽仲間たちには理解されなかったので、その想いは心のちょっと奥に閉じ込めざるを得なかった

いわゆる、ギター、ベース、ドラム…だけでは表現出来なかったし、流行の先端は逆にダサいというか、奇妙な言い方ですが、いわゆるロック、ハードロックに比べて気骨が足らん…ってな意識も働いたりしていたかなぁ〜⁇

実に理不尽な話だけど、まだ中学生になるかならないか、の頃の世界的大ヒットだったし

さて、しかし、僕はあの頃より約40年間の間、どれだけコンスタントに♫ルール・ザ ・ワールドを聴いてきたことか…

飽きることを知らない奇蹟の名曲の一つであります

一度聴いたら忘れられないあのギター・アルペジオのイントロから始まり、透明感のある美しいハイトーン・ヴォイス、心地よい疾走感と清涼感…

完璧だぁ…

真っ青な空と♫ルール・ザ ・ワールド

でね、先にも触れましたが、この世界的大ヒットは僕にとって少年から青年への過渡期の名曲なんです

僕にとって、夢や希望や初恋や、まだ見ぬ未来への期待感に溢れていた時代の、まさに、1番 ときめき に満ちていた時代の曲なんです

まさに、マイ人生にとっての、スペシャル過ぎる不朽の一曲なんです

♫マッド・ワールド

♫チェンジ

♫シャウト

♫ペイル・シェルター

♫アイ・ビリーヴ

♫シーズ・オブ・ラブ

♫ウーマン・イン・チェンジズ


…等々

忘れられない名曲がズラリ…

で、今日は特別なヴァージョンを貼ります


このケント・ニシムラさんのアコースティック・カヴァー・ヴァージョン…

う、うますぎっ‼︎

若そうだけど、もう、アコースティック・ギター、完全に極めてます

彼の動画はたくさん観てるけど、この、♫ルール・ザ ・ワールド は特にお気に入りなんだなぁ〜

さて、僕はふいに無性に、この ♫ルール・ザ ・ワールド を聴きながら、若かりし頃の、あの、眩くて恐れ知らずだった少年時代の空気感と匂いを想い起こすのだ

んで、あぁ、1番、ウブで無垢で、1番、楽しい時代だったなぁ〜って

(^^)


まぁ、今も楽しいよ、幸せだよ

ただ、種類が違う

(^^)


30年後⁇のLIVE映像も貼るぜよ

最高っ

御愛読感謝