[ふいに無性に]ローリング・ストーンズ♫マザー・イン・シャドウを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…



ザ ・ローリング・ストーンズ


♫マザー・イン・シャドウ




1966年発売のシングルヒット





アメリカコンピレーション盤の…



なんかに収録


オリジナルアルバムには未収録


んで、ライブ盤も貼る




初期ストーンズの全盛期の一曲かと


♫ ラスト・タイム


♫サティスファクション


♫ひとりぼっちの世界


♫19回目の神経衰弱


♫黒くぬれ!


…で


♫マザー・イン・シャドウ


を挟んで



♫夜をぶっとばせ


♫ウィ・ラヴ・ユー


♫ジャンピン・ジャック・フラッシュ


♫ホンキー・トンク・ウーマン


すごい並びだなぁ〜


まぁ、ビートルズと張り合えるのはストーンズたけだよ、やっぱりさぁ


で、中でもこの ♫マザー・イン・シャドウ は知名度的にはわりと地味だけど、でも、曲としてはかなりキャッチーで派手だと思う


混沌と暗闇…


勢いと猛進…


壁を打ち抜けていくような弾丸性…


まさに、若者のエネルギーの収束と炸裂…



なんか、オッサンならではの、嫌な言い方かな


^^;


僕はふいに無性に、この ♫マザー・イン・シャドウ を聴きながら、暗闇の中から這い出ようともがく若かりし自分を思い出す


(^^)


現状と現実への不満と、理想と夢が散らす火花…


なんか、そういうものが浮かぶかなぁ〜


wikiにミックがこの曲を評して「究極の幻覚症状」と語った、とある


なるへそ〜


ドラック&サイケデリックの匂いプンプンするもんなぁ


実に面白い一曲だと思う


やはり、ローリング・ストーンズってのが辿った道ってのはまともではない


ロック革命時代の激動を辿るならば、ストーンズの辿った道を味わうことも必須だなぁ、と、改めて思いまする


御愛読感謝