[ふいに無性に]RCサクセション♫スイート・ソウル・ミュージックを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…





RCサクセション


♫スイート・ソウル・ミュージック





1980年発売のアルバム「プリーズ」に収録…




日本人がどれだけカッコよくロックできるか…⁇ を我々に見せてくれたのが、RCであり、清志郎さんだと思うわけです


愛しあってるか〜い⁈


この名文句は、かのオーティス・レディングからきているとか


あぁ、なんかぐっときちゃうなぁ


2009年にわずか58歳でお亡くなりになってしまったんだ



もう12年も経つのか


さて、実は1980年代〜90年代当時、まだ中学生だった僕は日本のロックにかなり否定的だった


だって、単純に欧米ロックの方がカッコよく感じたから


音も、日本語もダサい…って決めつけてた


で、頭ごなしに、斬って捨ててた


でも、ある時、いやまてよ、と立ち止まったのだ


RCの ♫雨上がりの夜空に を聴き、清志郎さんの歌とパフォーマンスを偶然テレビで観た時、戦慄が走ったのだ



なんだよ、イギリス人がミック・ジャガーを愉しむ気持ちって、こういう気持ちなんじゃないの…⁈


なんか、なんかくすぐられる…っていうか


カッコイイ…って、理屈抜きで魂が揺さぶられちゃうことならば、この清志郎の歌に疼くこの胸のジンジンはなんなんだよ…⁇ と気づいちゃったわけ


^_^


RC、そして、忌野清志郎さんの日本におけるロックへの功績は計り知れない


♫トランジスタラジオ


♫スローバラード


♫ヒッピーに捧ぐ


…忘れられない名曲がズラリ


んで、ふいに無性に、僕は ♫スイート・ソウル・ミュージック を聴きながら、この崇高なる陽気なR&Bへ愛を抱きしめるのだ


そして、今は亡き、忌野清志郎さんの決意と意思を想うのだ


清志郎さんはかなりの反体制派でしたが、わからんでもない


(^^)


僕は自称中道保守だが、まぁ、清志郎さんの闘いもまた、わからんでもない


まさに、生き様、を見事に体現なさった稀有なる存在だと思う


で、♫スイート・ソウル・ミュージック のエンディング、曲がフェードアウトする直前に密かに聴こえフレーズを愉しむ


♫シッティング・ザ ・モーニング・サン〜…


そう


オーティス・レディングの名曲、♫ドック・オブ・ベイの歌い出しだよね


R&B愛、ここに極まれり


(^^)



日本を代表する、偉大なる巨人…だと、お慕い申しております


御愛読感謝