[ふいに無性に] プリンス♫ラスト・ディッセンバーを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…





プリンス


♫ラスト・ディッセンバー






2001年発売のアルバム「レインボー・チルドレン」に収録…




これ、約9分間にも及ぶ大作…


なんていうの、昔で言うアートロック、プログレッシブロック的なる要素を含む、非常に構造的なるドラマチックを湛えた名曲…だと思う


また、プリンスのギタリストとしての才能を味わえるのも魅力だ


んで、天才の頭の中ってのは、こんな展開、こんな起承転結の果て…を生み出すのか、と、マジマジと沁み入るありがたみを実感できます


かの大傑作 ♫パープル・レイン もまた凄まじきドラマチックを孕んでいますが、この ♫ラスト・ディッセンバー はそのさらに上を征く…


プリンスは名前がなにがなにやらわからなくなってしまい (^^)   、が、この「レインボー・チルドレン」で確かプリンス名義に戻ったんじゃなかったかなぁ〜⁇


もう、天才の考えることはわからん…が、その才能の火花と迸りにありがたく溺れさせていただきます


僕はふいに無性に、この ♫ラスト・ディッセンバー を聴きながら、プリンスという世紀の天才の脳髄の中を垣間見た気になるのだ




この起伏と美しさ…


まるで映画を一本通して観るような奥行きと味わい…




この、類を見ない劇的…




いやぁ、♫パープル・レイン もいいけど、♫ラスト・ディッセンバー だろう…⁇



っと、考えちゃう夜もまた多い…



御愛読感謝