[ふいに無性に] フリートウッド・マック♫リアノンを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…





フリートウッド・マック


♫リアノン




1975年発売のアルバム「ファンタスティック・マック」に収録



この曲は僕の大好きなスティーヴィー・ニックスの作詞作曲なんだ


で、上に貼ったのは当時の貴重なるライブ演奏の模様なんだけど…


オリジナルも貼るけど…




ん〜


僕はライブがいいなぁ


だって、問答無用でカッコイイ…


女性ロッカーの先駆…だよなぁ



んんん


アンニュイ…っていうの⁇


コケティッシュ…っていうの⁇


なんというか、倦怠感と妖艶の混在、しかし、エネルギッシュでもある


僕はふいに無性に、この ♫リアノン を聴きながら、女性の神秘を想うのだ


いや、女性ロッカーにおける、ある種の理想と境地を妄想するのだ


惑わされちゃうなぁ〜


カッコイイなぁ〜


ぶっちゃけ、ときめいちゃうなぁ〜


御愛読感謝