[ふいに無性に] 名曲♫イエスタデイ・ワンス・モアが聴きたくなる | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


今日のふいに無性には…



カーペンターズ

♫イエスタデイ・ワンス・モア




1973年発売アルバム「ナウ・アンド・ゼン」に収録…



…カーペンターズって、めちゃくちゃいい曲あるから、あれもこれもってなっちゃうんだけど、でも、やっぱり、1番、ふいに無性に聴きたくなる一曲は、この ♫イエスタデイ・ワンス・モア かなぁ〜

♫スーパースター や ♫クローズ・トゥ・ユー も捨てがたいけど、やっぱり、この曲の…

♫シャララララ… 

…には、なんか、魔力かかってるよなぁ

哀愁と悲哀と、青春の残光…というか、そういうものにまつわる、魔力、あるいは、魔法…がかかっている名曲だと

で、たぶん、ほとんどの方が、いつかの恋愛や失恋を思い出しちゃうんじゃないかなぁ〜って

なに⁇

走馬灯のように蘇る…ってやつで

それって、ものすごいなぁ…と

ビートルズの大傑作 ♫イエスタデイ を聴いても、そこまでの走馬灯は駆け巡ってはこないぞ〜

(^^)

んで、僕はふいに無性に、この ♫イエスタデイ・ワンス・モア を聴きながら、ふわ〜っと漠然と過去の幻影に身を委ねるのだ

で、いつかの甘酸っぱい青春の残影を拾い集めて、苦笑いするのだ

あぁ

あの時…とか考えちゃう

未練がましくね

で、哀しき歌姫、カレン・カーペンターの悲劇的な人生を想い、噛み締める

儚さと美しさ…

その、哀しき脆さと永遠性を噛み締める


本当に、素晴らしい名曲…だと思う

いつ聴いても、何かが甦り、何かが浮かんでくる



魔力を秘めた名曲、魔法のかかった名曲…


どんな扉でも開けてしまう鍵のような、こんなイマジネーションを解き放ってくれる名曲は、本当に稀有…

奇蹟的に稀有…だと思うなぁ

御愛読感謝