[ふいに無性に]♫ザ ・ダーク・エンド・オブ・ザ ・ストリートを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


今日のふいに無性には…




ライ・クーダー

♫ ザ ・ダーク・エンド・オブ・ザ ・ストリート



アメリカの伝統を継承し、さらに劇的に進化させた奇蹟のギタリスト

スライドギターの最高峰を極めたる天才

さて、これは1977年のライブ映像

ライブアルバム「ショータイム」に収録の演奏とほぼ一緒かな



これぞ、ルーツミュージックの正統なる継承の形…という感じの、腹の据わった覚悟と決意を感じちゃうなぁ

オリジナルは1967年発売のジェームス・カー


きてます〜

この、喉の奥が痺れるような、まさに、魂が震える魂の歌唱であります

このR&Bの名曲をライ・クーダーがまるで涙の軌跡のような繊細さを以てスライドギターを奏でるわけですが、もう、堪らんよ

あぁ

やっぱり、ジェームス・カーのオリジナルの悲哀と力強さこそ、これこそ、まさに、ソウル…の原点かと

過酷な労働を強いられながらも、生きるため、希望を持ち続けるために生まれたのがブルースであり、ブラックミュージックの源流の核心なのだ、と想像すると、ますます、背筋に感動の震えが走る…

で、僕は、ふいに無性にこの ♫ダークエンド・オブ・ザ ・ストリート を聴きたくなるのだ

で、伝統と継承…について想いを馳せるのだ

それはなにも音楽に限ったことではない

あらゆる場面で、我々は伝統と継承と向き合っているのだ

昨日の夜、ほとんど連絡などよこさない田舎で一人暮らしの年老いた父親から電話があった

珍しい

もしかして、寂しいのかな、不安なのかな…と想像する

だけど、あれこれ妄想するばかりで、満たしてあげられない

生命の継承…

絆の継承…

僕はそんなことを考えながら、この素晴らしい名曲を聴くのだ

施設の母親にしてあげらること…

田舎で一人暮らしの父親にしてあげらること…

について、考える

時は有限なのだ

寂しくて、怖い


さて…
スタジオ収録ヴァージョンも貼っておきます


あと、おまけで僕の大好きな映画に登場する ♫ダーク・エンド・オブ・ザ ・ストリートも貼ります

監督はイギリスの名匠アラン・パーカー

「ザ ・コミットメンツ」のワンシーン


バンドもの、の、映画の金字塔だと断言します


何度かこの大傑作映画を紹介してますが、未見の方はぜひぜひ…

絶対に損はさせませんぜっ

あ〜

せっかくだから、アレサ・フランクリンのヴァージョンもお裾分け

やばい

打ち震えるな〜


御愛読感謝