[ふいに無性に] フェアグラウンド・アトラクション ♫愛の微笑みを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

今日の「ふいに無性に」は…






フェアグラウンド・アトラクション

♫愛の微笑み




1988年のデビューアルバムに収録 イギリス出身の非常にトラディショナルなる音楽性を持つバンド





デビューシングル ♫パーフェクト が世界的大ヒットするも、2枚目のアルバムを発表することなく1990年に解散…



なんか、幻のグループって感じであります


んで、僕は大ヒットの♫パーフェクト も好きなんだけど、やっぱり、♫愛の微笑み に魅入られてしまうんだな


非常にエレクトロニックなる音楽が世界を席巻していた、なんというか、とにかく浮足だった時代にあって、この、生楽器の音しか聴こえてこないサウンドはビックビジネスと化していた当時の音楽シーンの中ではかなり異端だったように思える


まるで、休日の歩行者天国の片隅で歌われているような、素朴にしてやけに耳に残る音楽性…


ある種の懐かしさと憐憫を呼び覚ます柔らかさ…


…んんん

引き込まれてしまう


んで、僕はふいに無性に、この ♫愛の微笑み を聴きながら、あぁ、やっぱり、僕はちょっと保守的というか、土着的なる伝統的なニュアンスに弱いんだなぁ、と実感してしまう

まぁ、戦前ブルースがわりと好き…って時点で頑固・偏屈…って感じだと思うけど

(^^)

また、女性ヴォーカルのエディ・リーダーの暖かい歌声がたまらない


ふわっと、抱かれる…感覚あります


大道芸的ポップス…に心惹かれ、癒される


僕にとっては堪らなすぎる名曲なのであります


御愛読感謝