今夜は伊藤×三代 サバイバルライト級10回戦‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ad7107cc786699134c1cc9e44b4383a7437dd99


>  「ボクシング・10回戦」(26日、墨田区総合体育館)

 前日計量が25日、都内で行われ、前WBO世界スーパーフェザー級王者でOPBF東洋太平洋ライト級1位の伊藤雅雪(29)は=横浜光=61・1キロ、OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者でWBOアジアパシフィック・ライト級5位の三代大訓(26)=ワタナベ=は61・2キロでともに1回目でパスした。

 スーパーフェザー級の国内トップ選手2人が1階級上げて拳を交える注目のノンタイトル戦。伊藤は「結構フィジカル(練習)もやってい筋肉も大きくなってきた感じだったので、あえて楽な減量にはしないようにして、いい体作りができた。納得のいく練習ができた」と好調をアピールした。 新型コロナウイルス感染拡大の影響に加え、9月中旬に急性虫垂炎の手術を受けて11月5日に予定されていたこの試合が延期となったこともあって、昨年9月以来約1年3カ月ぶりの試合を迎える心境を「不安とワクワクが入り交じっているというか、悲観はしていないですね」と表現。 だが、帝拳ジムの元世界3階級制覇王者ホルゲ・リナレス(ベネズエラ)、WBOインターコンチネンタル・ライト級王者の中谷正義らと約100回のスパーリングを重ねることができ、「盲腸(虫垂炎)で(試合が)延びた分、底上げができて、コロナ(の自粛期間)でなまった体が戻った。盲腸を言い訳にすることがないぐらいいい調整ができた」と前向きにとらえた。 

 自身はWBOスーパーフェザー級9位に入っているのに対し三代はWBC同級18位と、メリットは大きくない試合とも言える。自身も「これが世界へという試合ではないと思う」と認めながらも、「ただ、重要な試合。ライト級でアピールするためにも1度強い選手とやる必要がある」と意義を強調した。

 「(日本・OPF東洋太平洋・WBOアジアパシフィック・ライト級王者)吉野(修一郎=三迫)選手とできるならやりたいし、海外からいい試合が来ればそっちとやるかも知れないですけど、次にステップアップできる試合ができればいい」と位置づけた。

 三代が大学生のころからスパーリングを行っており、互いに手の内を知る関係。伊藤は「プレッシャーをかけていきたい。三代選手はディフェンスもいいしジャブもいいので、難しいラウンドもあると思うんですけど、明確に1ラウンド1ラウンド差をつけたい」と戦いをイメージした。

 また、スパーリングを行った中谷が12日に米ラスベガスで王座を奪取したことに、「強いなと思っていましたし、勝てる可能性は十分になると思って見ていた。うれしい気持ちが35%で悔しい気持ちが65%ぐらい。すごい刺激をもらった試合でもあり、悔しさというかボクも世界でアピールしたいなという気持ちになった」と語った。


…今日だ‼︎

これは燃える

ヤバい

YouTubeで観られる‼︎


あ〜

どうなる⁈

…っていうか、その時間、どこにいてどうなってるんかいなぁ⁈

携帯更新