田中恒成「井岡には二つの弱点がある」…を読む | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

https://news.yahoo.co.jp/articles/b2ead66963063c7696be0347fd92219712e743b2



> 王者・井岡一翔と同級1位・田中恒成が対戦するWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが12月31日に大田区総合体育館で行われる。

 プロボクシングで日本男子2人目の世界4階級制覇を狙う挑戦者・田中恒成(25=畑中)は18日、オンラインで公開練習に臨んだ。シャドーボクシング、ミット打ち、サンドバッグを各2ラウンドの計6ラウンドで軽快な動きを見せ、順調な仕上がりを印象づけた。

 練習に先立つ会見では「過去最高の仕上がり」と手応え十分の口ぶり。既に4階級を制覇している王者・井岡に対し、11月10日の会見で「スピード、パワー、スタミナ。ここでは負けないと思います」と指摘していた。この日はさらに「メンタルも負けていない」と付け加えた。王者へのメッセージを求められ「(井岡も)相当の覚悟を持って臨んでくると思う。最後の1秒まで倒しにいく」とKOにこだわり、あくまで完勝を狙う。

 ファンへのメッセージという形で改めて意気込みを問われ「階級を上げて減量苦から解放されたし、この1年でレベルアップできた。いいトレーニング、準備ができて過去最高の自分になれた。当日はどんなパフォーマンスをできるか楽しみにしてほしいし、目を離さず、目に焼き付けてほしい」と自信たっぷりにアピールした。

 畑中会長を通じ、2018年末に井岡に判定勝ちした世界4階級制覇王者ドニー・ニエテスからもたらされた“情報”に関し「(井岡には)弱点が2つぐらいある。具体的には?2コですね」と詳細を明かさなかったものの「自分の考えてとリンクしていたり、参考にしたり」と手応えある作戦を練れている様子をうかがわせた。

 また、同じ階級で井岡が標的の一人としているWBC王者フアンフランシスコ・エストラーダ(メキシコ)について「オールラウンダーで自分と似ていて、かみ合うんじゃないかと思う。戦って勝つ自信もある。ぜひやりたい」と言及し、井岡戦勝利後の複数団体統一への展望も明かした。大みそか決戦に揺るぎない自信を持っているのは間違いない。


…た、た、頼もしい

(^^)

これは、かなり、期待できるなぁ〜

井岡選手に勝ったら、これは、次はライバルだらけの世界のスーパーフライの台風の目になる

エストラーダに、ロマゴンに、シーサケットに、クアドラス…etc

…んで、その先には、バンタム級、井上尚弥選手との戦いだって夢じゃない

マジ⁈

どうせなら、そこを目指すくらいの気概がなくちゃ

携帯更新