結果‼︎ 中川×福永 スーパーフライ級三冠戦‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

https://news.yahoo.co.jp/articles/8aa3368741f8644f3f2a782992460c64a4462599


> プロボクシングのWBOアジアパシフィック・日本スーパーフライ級王座統一戦&東洋太平洋同級王座決定戦12回戦は14日、東京・後楽園ホールで行われ、WBOアジアパシフィック王者・福永亮次(34=角海老宝石)が、日本王者・中川健太(35=三迫)を10回2分24秒、TKOで下し、WBOアジアパシフィック王座の初防衛とともに、アジア3冠獲得を果たした。日本人選手の3冠王者はヘビー級の藤本京太郎、スーパーウェルター級の井上岳志、ライト級の吉野修一郎に続き4人目。

 ここまで12勝すべてKO勝ちの福永が序盤から前に出た。4回に左フックでダウンを奪ったが、それが壮絶な打撃戦のゴングになった。お互いに足を止めて打ち合うが終盤まで続いた。福永は何度もロープ際まで追い詰めたが、倒し切れず。最後は左フックに中川が大きくふらついたところでレフェリーが試合を止めた。

 「中川選手はふらつくのに倒れないから、効いてはいなかったけど、スタミナが切れるかと思った。打ち合いは望むところ。めちゃパンチは強いだろうと予想していたけど、相打ちでも大丈夫だった。ベルトが3本になったことも嬉しいけど、強い選手に勝ってきた中川選手に勝てたというのがうれしいです」

 ともに年齢は30代半ば。「好きなだけではボクシングを続けていけないと思っている。負けた弱い選手は去らなければいけない」。覚悟を決めて臨んだサバイバルマッチで拳だけでなく気持ちもぶつけ合い、そして勝って生き残った。この勝利で世界ランキング入りも確実。「世界とは言えないけど、チャンスがあればとは思っている。残りのボクシング人生を悔いなく過ごしたい」と話した。


…KO決着しましたかぁ

全身全霊の打ち合い

34×35歳の戦いで、34歳が勝ちました

痺れます

で、大晦日には、日本を代表するスーパーフライ級の2人、井岡一翔×田中恒成が激突します

どちらが勝つにせよ、コロナ禍のこの時代、国内最強の挑戦者としての白羽の矢が立つ可能性は高くなるはず

まずは休養

そして、その時に備えていただきたく思います

おつかれさまです

おめでとうございました

携帯更新