今夜は中川×福永 スーパーフライ級3冠戦っ‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

https://news.yahoo.co.jp/articles/7eda7c4f624853fe1528c5eae30314805fdad320



> プロボクシング日本&東洋太平洋&WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王座統一戦(13日、後楽園ホール)の前日計量が12日、東京都文京区の日本ボクシングコミッション事務局で行われ、WBOアジアパシフィック王者・福永亮次(34=角海老宝石)はリミットの52.1キロ、日本王者・中川健太(35=三迫)は100グラム軽い52.0キロでともに1回目でクリアした。


 両者が自らの持つタイトルとアンドリュー・モロニー(オーストラリア)が返上した東洋太平洋王座を懸けて激突。勝てば、ヘビー級の藤本京太郎、スーパーウェルター級の井上岳志、ライト級の吉野修一郎に続き日本人4人目の3冠王者となる。 

計量後にリモート主材に応じた福永は初防衛戦が3冠戦になったことについて「フツーですね。あまり考えていなかった」と話しつつ、対戦相手の中川については「三迫ジムに移籍してボクシングが巧くなった」と警戒。「お互い30代半ばだし、多分ですけど、負けた方が引退することになる。熱い試合をしたい」と意気込みを語った。

 13年にプロデビュー。16年に30歳で全日本新人王になり、今年2月に33歳でWBOアジアパシフィック王座を獲得した遅咲きのボクサー。35歳の中川との3冠戦は生き残りをかけた試合。サウスポーは「めっちゃ苦手」という福永だが、同門の堤聖也や池側純らアマキャリア豊富な選手とスパーリングを重ね、対策を練ってきた。「これ以上盛り上がる舞台が用意されることはない。絶対に負けられない。しっかり倒して勝ちます」と力強く宣言した。


日本&東洋太平洋&WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級王座統一戦

な、ながい

(^^)

チャンピオン対決

これはダイアモンドグローブでオンエアかなぁ?

勢いに乗りまくる三迫勢の快進撃はまだまだ続くのか、あるいは…⁈

両者の健闘を祈る‼︎

携帯更新