[ふいに無性に] フォリナーの♫アイ・ウォナ・ノウを聴く | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

ふいに無性に…のシリーズ

今回は…


フォリナー

♫アイ・ウォナ・ノウ 


https://youtu.be/r3Pr1_v7hsw



1984年のNo.1獲得の大ヒットシングル 

フォリナーにとって、5枚目のアルバムに収録

フォリナーって、デビューアルバムから売れまくって400、500、300、1500万枚…で、このアルバムも300万枚…

当時、僕は12歳だったのかぁ

ってことは、そのヒットから数年後にちょっと懐かしヒット特集とかに登場したミュージックビデオをMTVかなんかで観たのが最初になるのかなぁ〜

フォリナーというバンドのピークは70年代後半から80年代初めの頃なのかな⁇

すいません、ぶっちゃけ、探求してません

この曲が欲しくて、このアルバムは買いましたが、他のアルバムは買ったことない

今日、初めて知りましたが、アルバム「4」って、1500万枚も売れてたんだ

凄いなぁ

聴いたことないけど

^^;

ただ、この曲は昔から好き

囁くような導入から、徐々に力が漲り、やがて、激しくドラマチックに盛り上がって、で、ついには聖歌隊が合流して大いに発散するわけです

80年代を代表する一曲かと

メロディが抜群だよなぁ

なんと言いますか、世界が広がってゆく…というか、壁を打ち破ってくれるというか、なんか、そんな気持ちになる

80年代って、こういう美しいヒットナンバーがたくさんあるんですよねぇ

日本流に言えば、いわゆる洋楽ヒット…なんだけど、老いも若きも同じ大ヒットナンバーを分かち合い、そして、心底味わい、楽しめたんです

なんか、そういう時代の懐かしさを思い出させてくれる一曲かなぁ

荘厳にしてドラマチックなる、素晴らしい名曲だと思います

携帯更新