結果‼︎クロフォード×ブルック WBO世界ウェルター級タイトルマッチ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

https://news.yahoo.co.jp/articles/97ae378a29f2891bd02339b990d4a4eef60e3af7


>11月15日(日本時間)、現WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(33=米国)が、米ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンターにて、元IBF世界同級王者のケル・ブルック(34=英国)と対戦し、4R 1分14秒TKO勝利で4度目の防衛に成功した。

【動画】クロフォードの強烈な右フックが直撃!怒涛のフィニッシュシーン! 

  1Rはお互い見合ったが、2R、ブルックが潜り込んで右ストレート。左ジャブが立て続けにヒットする。圧力をかけるブルック。クロフォードはその圧力を避けるかの様にサークリング。ブルックの右カウンターがヒット。さらに右のステッピングアッパーも当てる。このラウンドも取ったのはブルックか。 

  3R、クロフォードの右目が腫れ始める。ブルックのジャブを被弾した影響か。しかしクロフォードがジャブ、左ボディ、左右のフックとパンチを当て始める。サウスポーに戻し動きの良くなったクロフォードの巻き返しで、このラウンドはクロフォードか。

  4R、右目の腫れが目立ち始めるクロフォード。リング中央、ブルックのタイミングを読み、クロフォードが強烈な右フックをヒット。ロープ際まで足がもつれるブルックを追いかけ、連打したところをレフリーがスタンディングダウンを取る。カウント8で試合再開となったが、再びクロフォードが左右のフックからパンチの連打。レフリーが試合を止めた。 

 4R 1分14秒のTKO勝利。序盤苦戦したクロフォードだったが、終わってみれば、そのパーフェクトな強さを見せつけ、37戦全勝を達成した。 

  クロフォードは試合後の勝利インタビューで「パッキャオと戦いたい。コロナの影響で、(交渉が)上手くいかなかったが、パッキャオとの試合を組んでほしい」と、期待される2団体統一戦を要求した。


…ううむ

パッキャオはさすがに厳しそうかなぁ

もう全盛期はとうに過ぎてるし、クロフォードと戦うのは危険を感じちゃうだろうなぁ

クロフォード×パッキャオはもちろん観たいと言えば観たいけど、クロフォード×スペンスJr.もいい

しかし、37勝28KO無敗…とは凄いなぁ

33歳かぁ

恐るべし

携帯更新