高山勝成、プロライセンス再取得正式発表…について | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?
新型コロナウイルスに関する情報について

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

ボクシング高山勝成、プロライセンス再取得正式発表 4団体王者がアマ経て5月12日までに復帰戦へ スポーツ報知

>アマ転向、東京五輪予選挑戦を経てプロ再転向を表明していたボクシング元世界4団体ミニマム級王者・高山勝成(36)=寝屋川石田=が24日、代理人の岡筋泰之弁護士を通じ、日本ボクシングコミッション(JBC)よりプロライセンスを再交付されたことを発表した。再交付は17日付で、同時にアマチュアライセンスは失効。2度目のプロ人生をスタートさせた高山は会見こそ実施しなかったが「新型コロナウイルスの対策をしながら、試合に向けた準備を進めていきます。復帰戦を楽しみにしていてください」とコメントを寄せた。

 高山陣営は5月上旬までの復帰戦出場へと動く。JBCの規定によると、プロ最終試合から3年以上が経過している高山は、5月12日の誕生日で国内ボクサーの定年37歳となる前に1試合を消化しないと、元王者でも定年延長の特例を受けられない。新型コロナの影響も考慮しながら、国内外で出場機会を探る。日本人ボクサーで前例のないプロ→アマ→プロという道を突き進み、ライトフライ級で世界2階級制覇を目指す。


…ううむ

生粋のチャレンジャー…だと言うことに疑いはありませんし、その精神と勇気は称賛したい

…が、これはボクシング競技なのだ

心と身体、さらに言えば、生命を賭すほどの危険な競技であるのだ

また、これまで一緒に戦ってきた支援者やスタッフとはどんな関係であるのか? 

自我を押し通さんがために、無茶をし過ぎているのではないか?

…なんて心配も、ついついしてしまう

最終的にはプロである以上、全ては自己責任であり、極端に言えば、プロとして戦う権利を与えられたならば、また、誰に気兼ねする必要も一切なし

…さて、僕は潔く引退して欲しかったけど、どうなのかなぁ?

難しいよね

携帯更新