井岡一翔×田中恒成 それぞれのメンタルと相性を想う | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

WBOが田中恒成の指名挑戦権認める 井岡との注目マッチ今秋にも実現か デイリースポーツ

> WBO(世界ボクシング機構、本部・サンフアン)は5日(日本時間6日)、4階級制覇を目指し、保持していたWBO世界フライ級スーパー王座を返上した田中恒成(24)=畑中=に対し、1階級上のスーパーフライ級での指名挑戦権を認めると発表した。WBO世界スーパーフライ級王者は井岡一翔(30)=Reason大貴=であり、今秋にも「井岡VS田中」の注目マッチが実現する可能性が高まった。

 WBOは同日、公式サイトなどで田中に対する見解を発表。スーパー王座保持者は上下の1階級の指名挑戦権を得られるWBOでの規則を適用し、チャンピオンシップ委員会でスーパーフライ級の指名挑戦者とすることを確認した。

 WBOでは王者の指名試合の期限は通常9カ月。井岡は昨年大みそかに同級1位のジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)を判定で退け、指名試合をクリアしている。以後、9か月は原則的に指名試合を行う必要はなく、選択試合が可能となっている。

 WBOで3階級制覇を達成した田中は4日に名古屋市内で会見を行い、1月31日に王座返上の手続きをとったことを明かした。日本で井岡に続く、2人目の4階級制覇を目指す意向で「(スーパーフライ級4団体)王者の中ではエストラーダ(WBC=メキシコ)と井岡選手はやりたい選手だが、すべての王者と戦いたい」と語っていた。


…既報のさらなる続報ね

WBOはフライ級スーパーチャンピオンだった田中恒成選手のスーパーフライ級指名挑戦権を認めた、とな

で、井岡選手は指名試合クリアしたばかりだから選択試合できます、と

まぁ、でも、井岡×田中 は日本国内的にはビッグマッチなので、これはビジネスの話しになってくる

田中選手からしたら、あまりリスクはないかなぁ

仮に負けてもまだ若いし、負けても実績と経験になる

これを肥やしに更なる強さを上積みできる感じある

が、井岡選手はどうか⁇

緻密なる精密技巧を駆使してスーパーフライにおけるパワーレスをカヴァーしている感は免れないし、キャリアとしてもやや終盤

負けたら再浮上は気持ちも含めて厳しい

他団体世界チャンピオンに敗れるならいざ知らず、無敗の3階級制覇チャンピオンとはいえ、田中選手に敗れるとなると、その評価は微妙な扱いになるでしょう

あからさまな世代交代感が滲む

勝って上がるベテランとしての評価より、負けて急降下するであろう評価失墜の幅の方が大きい、ような気がする

が、もちろん、いい勝ち方をできれば海外進出のこれ以上ない弾みにもなるとは思いますが…

怖いもの無しの田中選手と、自分を守りたい感じのある井岡選手…という構図にはなりそうかなぁ

実力は拮抗だと思うし、田中派の僕からしても、隙の少ない井岡選手のボクシングは組し易しとは思えないし、若干不利かも、とも思うこともあります

田中選手が勝つとしたら距離を支配しての、メリハリの効いたボクサースタイル寄りのポイントアウトが本道だと思う

井岡選手がかつて敗れたアムナットのような頭脳戦で突き放す

井岡選手からしたら、骨肉の接近戦を辞さない消耗戦か

田中選手が好戦的だからちょっと乗せられ過ぎないか心配だけど

さて、井岡一翔選手と田中恒成選手、それぞれの思惑や相手評はいかなるものか⁇

僕はこんな感じでメンタルと相性をイメージしてますが、果たして…⁇

携帯更新